ケンボウのガジェット部屋(旧Apple大好き.com)

Appleが大好きな学生が運営するブログ。自分にしか書くことのできないものを目指して日々記事を更新中

【こだわりの7つのガジェット】学生Apple信者がMacBook Proと一緒に持ち運ぶ7つのガジェット

f:id:kendouken76:20210127232636j:plain

kenboapplegadget.hatenablog.com

kenboapplegadget.hatenablog.com

これまでも当ブログではMacBookのオススメガジェットを紹介してきたのだが、今回は管理人である僕自身がMacと一緒に持ち運んでいるガジェットを紹介していこうと思う。Macで使うガジェット選びの参考になれば幸いだ。
それでは今回も行ってみよう。

 

 

 

学生Apple信者がMacBook Proと一緒に持ち運ぶ7つのガジェット

僕が愛機MacBook Proと一緒に持ち運ぶことが多いガジェットは以下の7つ

  • iPad Air(2019)
  • HHKB Professional BT
  • MX Master3
  • AirPods
  • WH-1000X M3
  • 7 ANKER 3 in 1 クラシックUSB-Cハブ

このガジェットに関してはMacを持ち運ぶ時にほぼ欠かさず持ち運んでいる。

 

1 iPad Air(2019)

f:id:kendouken76:20201207225702j:plain

僕はMacを持ち運ぶ際は必ずiPadも一緒に持ち運ぶ。何故ならインターネット共有(テザリング)やSidecar、Apple PencilでのマークアップなどiPadMacでしかできない連携機能がめちゃくちゃ便利だから。

kenboapplegadget.hatenablog.com

特にウェブベースの作業が多い僕にとってCellularモデルのインターネット共有はフリーWi-Fiの有無に関わらずネット環境を構築できるため場所を選ばず作業できるメリットがある。さらにいえばiPadテザリングをさせることでiPhoneやPixelのバッテリー消費を防ぐことも出来る。

f:id:kendouken76:20210131072453j:plain

iPadを使えば簡単に作業スペースを拡張できる

kenboapplegadget.hatenablog.com

あとはこのSidecarという機能も便利。もちろんMac単体よりも場所を取るので使える場所は限られるが、簡単にMacの表示領域を拡張して作業効率を上げられる上にOS標準機能で対象のMaciPadを持っていれば「無料」で使えるのも素晴らしい。しかもよほど遅いWi-Fiに繋がない限りはワイヤレスで繋いだ時の挙動もかなりスムーズ。

f:id:kendouken76:20200928193128j:plain

Smart Keyboardと合わせてMacのサブ機として使える点もメリット

kenboapplegadget.hatenablog.com

さらにMacと合わせるだけでなく、Smart Keyboardとの組み合わせでMacが使えない時間すらも効率よく使うことができてしまう。Macの使い方に幅を持たせるという意味でもMacと一緒にiPadを持ち運ぶのはとても良い。

 

2 HHKB Professional BT

f:id:kendouken76:20210131230505j:plain

kenboapplegadget.hatenablog.com

言わずもがな最高のキーボード。家でも外でも変わらない打鍵感で最高のタイピング環境を構築することができる。

(この音と手に伝わってくる独特の感覚がクセになる)

何より、静電容量無節点方式のキーボードをこれだけコンパクトなサイズ感と重量で持ち運べるのはやばい。実際、同じく静電容量無節点方式のスイッチを採用したRealforceは余裕で1kgを超えて持ち運びは不可能なサイズ感であることを考えると、HHKBのサイズ感はとても魅力的だ。

 

3 MX Master3

f:id:kendouken76:20210201101239j:plain

kenboapplegadget.hatenablog.com

  • 横スクロールが可能なサムホイール
  • トラックパッドのような動きができるジェスチャーボタン
  • 縦に長い文章を瞬時にスクロールできるMAGSPEEDホイール

といった独自の機能に加えて、専用のソフトでのカスタマイズが魅力的で離れられない。特にMacの場合、純正アクセサリー以外を使うとなるとジェスチャーに割り当てられている操作をボタンに登録する必要があるのでこのカスタマイズ性の高さは助かる。

f:id:kendouken76:20210122195923j:plain

簡単に複数のデバイス間を切り替えられるのは便利

さらにMX Master3には最大3台までのデバイスを1発で切り替えられる「マルチペアリング」に対応。手持ちのWindows機とMacBook Proの切り替えの手間が全然ないのもGOOD。

 

4 AirPods

f:id:kendouken76:20210201104652j:plain

出先で軽く作業をする時にマストなアイテム。もちろん人の声や騒音がうるさい場所では使いづらいが、短い時間でさっと作業する分には耐えられないことはないので気軽さを優先してAirPodsを使っている。

持ち運びもポケットに入れるだけで済むし、耳に入れてMacから音楽を流せば勝手にMacに接続されて使えるようになる点でもApple純正品のメリットを感じる。

 

5 WH-1000X M3

f:id:kendouken76:20210201183431j:image

kenboapplegadget.hatenablog.com

これはAirPodsの弱点である「騒音」をほぼ完全に消し去って自分の集中できる空間をどこでも作り出せる神ガジェット。僕の中では

  • HHKB
  • MX Master3
  • WH-1000X M3

さえあれば外出先でも最高の作業環境を作り出すことができると言っても過言ではない。

とにかくノイズキャンセリングが強力。どんな環境でも音楽をかけてしまえば周りの雑音をほぼ完全に消し切って目の前のタスクに集中できるので貴重な時間をより効率的に使うことができる。またSONYが発売している最上位ワイヤレスヘッドホンということで「音質」「デザイン」ともに最高クラス。美しいApple製品と一緒に使っても負けない存在感を放っていることも伝えさせていただく。

 

6 Apple純正61W充電アダプター&Type-Cケーブル(2m)

f:id:kendouken76:20210201192102j:image

最新のM1 Macならまだしも、僕の持っているTouch BarなしのMacBook Proは外でガッツリ作業するとなると電源アダプターは必須。

とりあえず今は付属のApple純正品を持ち運んでいるが、サイズの割に出力が少し弱いと感じているため近日中に窒化ガリウムを採用したコンパクトサイズの電源アダプターに乗り換える予定。できれば100Wの出力が可能なモデルが欲しい。

 

7 ANKER 3 in 1 クラシックUSB-Cハブ

f:id:kendouken76:20201228171410j:plain

kenboapplegadget.hatenablog.com

もしも、外出先でUSBメモリ等でデータを渡されても対応できるようにこのANKERのハブは忍ばせている。

このハブ自体はそこまで高機能なものではなく

  • USB-A×1
  • 給電用PD対応Type-C×1
  • HDMI×1

と拡張できるポート数は最低限。とはいえ外出先でそこまで外部機器をMacに繋いで作業するかと言われれば僕はそうではないので、これだけシンプルでコンパクトな方が取り回しはしやすい。

ちなみに現在僕の使っているものと同じモデルは在庫切れの状態が続いている。もし同じようなハブが欲しいなら同じくANKER製である上記の製品が価格と拡張性を考えるとオススメ。

 

今回の総括

あなたのこだわりのガジェットはなんですか?

今回紹介したのはあくまでもほんの一例。おそらく人によっては不満が出てくることはあると思うので、そこは自分の使用用途を考えながら変更していただけると嬉しい。

そして出来れば服を選ぶ時のように自分の中にこだわりを持ってガジェットを選ぶと楽しいのでチャレンジしていただければ幸いだ。

今回は以上だ。ではまた次の記事で。