ケンボウのガジェット部屋(旧Apple大好き.com)

Appleが大好きな学生が運営するブログ。自分にしか書くことのできないものを目指して日々記事を更新中

【迷ったらこれ】どれを買う?iPhone12シリーズを購入・買え替えする上で重要視するべき3つのポイント

f:id:kendouken76:20201016071201j:image

kenboapplegadget.hatenablog.com

kenboapplegadget.hatenablog.com

ついにiPhone12シリーズが正式発表されこの機にiPhoneの買い替えを検討している方もおられるのではないだろうか?

今回はそんなiPhone12を購入・買い替えする上で重要視するべき3つのポイントと機種の選び方、そしてこの中で最もお勧めできる機種を記事にまとめていこうと思う。是非ともiPhone12シリーズ選びにお役立ていただきたい。

それでは今回も行ってみよう。

 

 

 

まずは結論 iPhone12シリーズで最もオススメの機種は?

現時点ではiPhone12がスペック・価格ともに最もオススメ

というかほぼ弱点と呼べるポイントが見つからないのでこれさえ買っておけばなんの不満もないはずだ。

と...どうして僕がその結論に至ったのかを今から解説していく。

 

iPhone12シリーズを購入・買い替えする上で重要視するべき3つのポイント

詳しいアップデート点については無印とProでそれぞれ記事にまとめているのでそちらをご覧いただきたいのだが...

(iPhone12、12 miniのまとめ記事) 

kenboapplegadget.hatenablog.com

(iPhone12 Pro、12 Pro Maxのまとめ記事)

kenboapplegadget.hatenablog.com

性能面では無印もProも全く同じだし、今までiPhone11のボトルネックだったディスプレイ性能や重量もiPhone12ではProとほとんど同じになってしまった。

故に今回重要視しなければいけないポイントはたったの3つだけ

  • 本体サイズ
  • カメラ性能
  • デザイン・カラバリ

基本的に今回のiPhoneはこれさえ比較しておけば自分に合った機種を購入することができる。

 

1 本体サイズ

今年のスタンダードサイズである6.1インチのサイズ感は昨年のiPhone11 Proとほぼ同じ。故にiPhoneXをはじめとする5.8インチのiPhoneを使ったことがあるユーザーであればなんの問題もなく乗り換えることができるだろう。

しかしiPhone12シリーズでは片手操作に最適化されたiPhone12 mini(5.4インチ)とより大きなディスプレイを持つiPhone12 Pro Max(6.7インチ)が存在する。もし今使っているiPhoneが4.7インチ系統でそれと同じような操作感を実現したいのであればコンパクトなiPhone12 miniを買うべき逆に大きいサイズのiPhoneが欲しいなら「カメラ性能の高いスマホが必要かどうか?」を考えるまでもなく問答無用でiPhone12 Pro Maxを買うことになる。

 

2 カメラ性能

iPhone12 miniとiPhone12は「超広角カメラ+広角カメラ」のデュアルレンズカメラなのに対してiPhone12 Pro、12 Pro Maxは「超広角カメラ+広角カメラ+望遠カメラ」のトリプルレンズカメラに加えて空間を3DデータでスキャンするLiDERがついている。

ぶっちゃけ無印とProのカメラを厳密に比較し始めると小難しいワードが並んでかえって混乱を招くと思うので

  • ものすごく遠い被写体を綺麗に撮影したい?
  • LiDER使ってみたい?
  • 暗いところでもできる限りいい写真を残したい?

の3つほどを自問自答して自分に必要かどうかを考えればいい。ただ実際11シリーズを使っている人の話を聞いたりスペックを見た感じでは

  • 望遠カメラ→デジタルズームで誤魔化せる。超広角カメラや広角カメラの方を使う機会が圧倒的に多い。
  • LiDER→対応アプリ・サービスが少なすぎて現状使い道がほとんどない
  • ナイトモード→iPhone12でもほぼ同じ機能が使える。そもそも暗闇でポートレートモードを使う機会もほぼない

とほとんどの人にとっては必要性の少ない機能ばかりでそんな使わない機能に2〜3万円のお金を出す価値があるとはあまり思えない。(あくまでもカメラ性能にこだわりがない人の場合)

 

3 デザイン・カラバリ

f:id:kendouken76:20201016195433j:image

 

iPhone12は背面がツルツルのガラス、側面はアルミでたくさんのカラバリがあるのが特徴。

f:id:kendouken76:20201016195513p:image

iPhone12 Proはどっちかというと「高級感」のあるデザインで背面がすりガラス、側面はステンレスできっちりと差別化されている。

とは言えこれは人の好みが大きく出る部分。こちらからは好きなデザインの方を購入してくださいとしか言いようがない...

 

iPhone12がオススメの理由

ここまでで無印とProモデルの絶対に比較するべき3つのポイントについては解説した。ではここからはこれらを踏まえた上でiPhone12が最もオススメの理由をまとめていく。

 

1 iPhone12 miniは表示できる情報量+バッテリーの持ちが未知数

僕はiPadを持っている関係上

  • ウェブサーフィンでの効率的な情報収集
  • エンタメ消費
  • ゲーム

などは全てiPadで行う。もっぱらiPhone

  • LINEの返信
  • 電話
  • 軽くSNSを見る

等の「連絡デバイス」としてしか使わないので「外出先でも片手で効率よく操作できる」を最も重視する。

しかし残念ながら僕のようにiPadを持っている人は一握り(iPadを手に取って欲しい((ボソッ…)。ほとんどの人は僕がiPadで行うようなことを全てiPhoneで行わなければならずそこで大事になって来るのが

いかにポケットからさっと取り出しやすいサイズ感で気軽に使えてなおかつできる限り多くの情報量を表示できるかどうか

iPhone12 miniはどうしても表示できる情報量に限界があり外出先での情報収集などが非効率的になってしまうだけでなく、バッテリーの持ちについても搭載できるバッテリーの関係上どれだけ持つかはまだまだ未知数。だからと言ってモバイルバッテリーを持って運ぶのは12 miniの「軽さ」というメリットを半減させることに繋がる。

その点6.1インチのディスプレイは5.4インチに比べて多くの情報量を表示できる上、11よりもベゼルが狭くなったことで本体サイズが小型化。iPhone11 Proと同等のサイズ感になり片手での操作もある程度は可能になった。

12 miniの方が1万円安いとは言え「多くの情報を表示できるディスプレイサイズ」と「iPhone11と同等のバッテリー性能」を1万円ケチってまで捨てる必要は全くない。帰ってストレスが増えるだけだ。

 

2 Proのカメラ性能は多くの人に必要ない

先ほども少し触れたがProについている望遠カメラは使う機会がほとんどないどころか普通にデジタルズームでごまかせるし、今回新しく追加されたLiDERセンサーも対応するアプリが少なく活路が見出しにくいというのが現状。

またRAWデータでの撮影が可能という点も普通にスマホを使うユーザーからすれば「RAWって何!?!?」となるだけ。そもそもカメラ性能を優先するユーザーは自分のやりたいことが明確になっていて迷うことなくProを選ぶので迷っているのであれば使うかどうかわからないカメラ性能ではなくAirPodsやアクセサリー類など日々の生活の中で使う可能性の高いものにお金を注ぎ込んだ方が幸せになれる。というか12のカメラ性能でも普通の人は満足するレベルだ。

 

3 11の弱点が完全に無くなった

今までiPhone11は「性能対コスト」が優れていたにもかかわらず

  • ディスプレイが「液晶」
  • 本体サイズがでかい
  • 重たい

これらのデメリットが大きく足を引っ張り購入を躊躇させる要因にもなっていた。

しかし今回のiPhone12では

  • ディスプレイがOLED(Proと同じ)に
  • 本体ベゼルを削ることでiPhone11 Pro並みに小型化・薄型化を実現(7.3mm)
  • 薄型化に伴い30gほど軽量化

11であったデメリットか完全に払拭されただけでなく価格は1万円アップの85800円。基本性能の向上やカメラの使い勝手の向上、5G対応にデザイン変更などなど大幅なアップデートがあったことを考えれば全然順当な価格アップ。

だからこそiPhone12は攻守共に最強(弱点がない)スマホと言い切ることができるのだ。

 

今回の総括

値段とハイスペックさが最も無難にまとめられたiPhone。とりあえず迷ったらこれを買え

ついに...ついに標準機である無印シリーズを自身を持ってオススメできる時代が到来した。

  • サイズ感
  • 大きなディスプレイ
  • 高い基本性能
  • Suica対応
  • 高いカメラ性能
  • 専用アクセサリーでの充電・アクセサリーにも対応

など付加価値がたくさんついて85800円はすごい。逆に同じような端末をAndroidで探すのが難しいぐらい。

日本の場合だと周りのみんなが使っているという安心感もあるためそんなiPhoneの最新機種、しかも完成度が高いのなればこれからはバンバンオススメしていきたいと思う。

今回は以上だ。ではまた次の記事で。