ケンボウのガジェット部屋(旧Apple大好き.com)

Appleが大好きな学生が運営するブログ。自分にしか書くことのできないものを目指して日々記事を更新中

【理想のコンパクトスマホはどっち?】購入ガイド。iPhoneSE(2020)とiPhone12 miniの6つの違い

f:id:kendouken76:20201017091116p:plain

ついに念願だったコンパクトハイエンドスマホであるiPhone12 miniの発売が決定し、僕を含め小型iPhone勢の人は歓喜をあげているだろう。
しかし中には似たようなサイズ感である「iPhoneSE(2020)とどっちを購入するべきかわからない?」という方もいるはず。そこで今回はAppleの誇るコンパクトスマホである2機種の違いを比較検討してそれぞれどういった人にオススメなのかを記事にまとめていこうと思う。
それでは今回も行ってみよう。

 

 

 

まずは結論から

基本的にはiPhone12 miniがオススメ。しかしiPhoneSE(2020)の方が優れている面もある

僕がこの2つの機種で選ぶとするなら2万円というお金を払ってでもiPhone12 miniにすることをオススメする。しかし中にはiPhoneSE(2020)の方が優れている部分もあるのでそこはこれから行う比較の部分で確認していただければ幸いだ。

 

iPhoneSE(2020)とiPhone12 miniの6つの違い

 

1 基本性能

ますはスマホの心臓部とも言えるSoCから。iPhone12 miniは現状最新・最速のチップとなるA14 Bionicを積んでいるのに対してiPhoneSE(2020)は昨年出たiPhone11シリーズと同じA13 Bionic。単純に1世代分の違いがある。

とはいえここ最近のiPhoneは高性能すぎるが故に1世代だけであればその性能差を体感で感じることはほぼ不可能。感じられるとすれば重たいゲームをバリバリこなすぐらいなのでほとんどの人は性能差を気にする必要は全くない。

 

2 カメラ性能

iPhone12 miniは超広角と広角のデュアルレンズカメラを搭載しているがiPhoneSE(2020)は広角のみのシングルレンズカメラ。また夜でも綺麗な写真を撮れる「ナイトモード」や映画レベルの動画を撮影できる「Dolby Vision」はiPhone12 miniでしか対応していない。 

あとiPhoneSE(2020)についているポートレートモードも人物限定のSEに対して12 miniはものを含む全ての被写体で使うことができるし、インカメラを使ったMemojiもSEでは使えない。

iPhoneのカメラが綺麗というのは自分の思い出を「簡単に、鮮明に」残せるというメリットにつながる。故にこのカメラ性能だけに2万円をかける価値が僕はあると思う。

 

3 ディスプレイサイズ

f:id:kendouken76:20201017095807p:plain

iPhoneSE(2020)は販売価格の都合上「本体サイズに対してのディスプレイの割合」は小さい

こちらがiPhoneSE(2020)

f:id:kendouken76:20201017095938p:plain

ベゼルを極限まで削ったことで高い画面占有率を実現

そしてiPhone12 mini

この2機種の本体サイズはほとんど同じ。厳密にいえばiPhone12 miniの方が一回りほど小さいにも関わらずディスプレイ前面のベゼルをなくしたことでiPhoneSE(2020)より大きなディスプレイ(5.4インチ)を搭載することができている。

 

大きなディスプレイサイズは表示できる情報量の多さが増えることからメリットしかないし、それが片手で快適に操作できる大きな差に収まっているのは衝撃的。

 

4 生体認証

先ほど話したディスプレイの関係でこの2機種に採用されている生体認証は違っていてiPhone12 miniは「Face ID」、一方のiPhoneSE(2020)は「Touch ID」が搭載されている。

特に今の時期はマスクをつけている人が多く顔認証よりもいつでも確実なロック解除が行えるTouch IDの方がいいという人も多い。

 

5 MagSafe

今回Appleから新しくは発表されたMagSafe

f:id:kendouken76:20201017101012p:plain

Apple Watchの充電器のiPhone

こんな感じでマグネットを使ってiPhoneの後ろに「ピタッ」っとくっつけてワイヤレス充電を行ったり

f:id:kendouken76:20201014173004p:plain

ウォレットケースなど対応しているアクセサリーを背面にくっつけたりすることができる新しい規格にiPhone12 miniは対応している。一方iPhoneSE(2020)はMagSafeを使ったワイヤレス充電には対応しているものの「マグネットで背面にくっつけるアクセサリー」は使用不可能。

おそらく今後多くのメーカーからMagSafeでくっつけるアクセサリーが出てくるはずなので将来の拡張性という意味ではiPhone12 miniの方がいいと言えるだろう。

 

6 価格

それぞれ128GBモデルで比較

  • iPhoneSE(2020)→49800円(税別)
  • iPhone12 mini→79800円(税別)

同じ容量同士でその価格差は3万円ぴったり。

この金額差であれば3万円出して高いカメラ性能と現行iPhoneの中で最もコンパクトなボディーを手に入れると考えることもできるし、iPhoneSE(2020)を購入して余った差額でAirPods Proを購入することだってできる。

うーん...とても悩ましい。

 

iPhone12 miniがオススメの人

  • 予算8万円出せる人
  • 高いカメラ性能とコンパクトなボディーを両立させたい人
  • 片手操作ができるiPhoneが欲しい人
  • デザインに惚れた人

もう予算があるのであればほぼ全ての面において上のiPhone12 miniを購入した方がいい。先ほども書いたがカメラ性能が高いiPhoneは自分の思い出を簡単に、しかも鮮明に残せる点でメリットしかないしiPhoneSE(2020)よりも一回り小さいボディーは片手操作をより快適にしてくれるはずだ。

それにもう数年すればホームボタン付きiPhoneは完全にラインナップから消され今後はFace IDを搭載したiPhoneのみがラインナップに並ぶようになるだろう。数年先でも違和感無くiPhoneを使い続けるためにも今のうちから現在主流になりつつあるiPhoneを触っておくことをオススメしたい。

 

iPhoneSE(2020)がオススメの人

  • 予算が6万円出せる人
  • カメラ性能よりも「携帯電話」としての堅実な性能を求める人
  • Touch ID派の人

コンパクトボディーに全面ディスプレイという真の意味でのiPhoneSE(iPhone12 mini)が出てしまった以上iPhoneSE(2020)がオススメできるのはiPhoneに対して「携帯電話としての確かな確かな使いやすさを求める人」が主になってくる。

僕の父がそうなのだがそういう人はとにかく「購入しやすい」と「今まで通りの使いやすさ」を求める傾向にありカメラ性能はそこまで重視していないパターンがほとんど。経験上そういった人に

  • MagSafeすげー
  • ナイトモードすげー

と伝えても「だから何?」という顔をされるだけ。だからこそ従来のiPhoneと全く同じ感覚で使えるiPhoneSE(2020)が最適解となる。

 

今回の総括

実用性とできることはほとんど同じ。カメラ性能の必要性で選べ

ぶっちゃけiPhoneでできることはほとんど同じ。強いていうならカメラ性能の違いによるとれる写真の種類が増えるかどうかぐらいで最終的に悩んだらカメラ性能で選んでしまえばいい。

Apple製品の真の魅力は「連携機能の良さ」だ。できるなら「iPhoneAirPods」「iPhoneiPad」など他のApple製品との組み合わせでiPhoneを使って欲しい。

今回は以上だ。ではまた次の記事で。