ケンボウのガジェット部屋(旧Apple大好き.com)

Appleが大好きな学生が運営するブログ。自分にしか書くことのできないものを目指して日々記事を更新中

【まとめ記事】Macに続いてiPhoneやiPadまでも「値上げ」。学生Apple信者による2022年7月以降のApple製品「新価格」まとめ

WWDC2022でMacBook Air(2022)の発表と共にしれっと行われた「Mac地獄の値上げ事件」から1ヶ月。なんとその波がiPhoneiPadを始めとする「全Apple製品」に押し寄せてきた。そう円安による値上げが残念なことに他の製品に対しても行われてしまったのである。
今回はそんな阿鼻叫喚の声が聞こえてくる「Apple製品の新価格」について記事にまとめつつ、一個人の思いを喋らせていただければと思う。

 

 

 

まず初めに

というわけで今回ね上がった製品はこちら

...

...

...

...

冒頭でもお伝えした通り、今回の値上げは「アクセサリーを含むすべてのApple製品」が対象。基本的にストアで販売されている商品(製品)に関してはほぼ全てにおいて値上げが行われてしまった(´;ω;`)ブワッ

例えば僕自身購入を検討していたiPad Pro11インチ(2021)とそのアクセサリーの合計金額は値上げ前と比べて3万円ほど上がっている...(しかも学生教職員価格で)

これだけでもかなり悲惨ではあるのだが、文句ばかり言っても仕方がないので一通り値上げされた製品についてまとめていこうと思う。

 

値上げされた製品

 

iPhone

  旧価格 新価格 値上げ額
iPhone SE(2022) 57800円 62800円 5000円
iPhone11 61800円 72800円 10000円
iPhone12 mini 69800円 87800円 18000円
iPhone12 86800円 102800円 16000円
iPhone13 mini 86800円 99800円 13000円
iPhone13 98800円 117800円 19000円
iPhone13 Pro 122800円 144800円 22000円
iPhone13 ProMax 134800円 159800円 25000円

まずは最も身近なApple製品であるiPhoneから。

現在の主力であるiPhone13を筆頭に全てのモデルが値上げ。特にProモデルに関しては他モデルと比較してかなり値上げ率は大きい印象を受ける。

それにしても13 Proが15万円弱するのって中々やばい気がする((ボソッ…

 

iPad

  旧価格 新価格 値上げ額
iPad(第9世代) 39980円 49800円 10000円
iPad mini(2021) 59800円 72800円 13000円
iPad Air(2022) 68800円 84800円 16000円
iPad Pro11インチ(2021) 84800円 117800円 33000円
iPad Pro12.9インチ(2021) 104800円 159800円 54000円
Apple Pencil(第1世代) 10800円 14800円 4000円
Apple Pencil(第2世代) 14500円 19800円 5000円
Smart Keyboard Folio 19800円 26800円 7000円
Magic Keyboard 31800円 43800円 12000円

続いてiPad

これは個人的な感想なのだが今回の値上げで一番割を食ったのはこのiPadだと思っている。

エントリーモデルであるiPad(第9世代)ですら10000円も値上げしているし、全部入りのProモデルは3〜5万円の値上げ。加えて多くの人が購入を検討するであろう

  • Apple Pencil
  • Smart Keyboard
  • Magic Keyboard

も総じて数千円〜1万円ほど値段が上がってしまっているので、iPad本体と合わせると実質の値上げ額は他製品と比べてもかなりデカい(´;ω;`)ブワッ

 

Apple Watch

  旧価格 新価格 値上げ額
Apple Watch Series3 22800円 28800円 6000円
Apple Watch SE 32800円 40800円 8000円
Apple Watch Series7 44800円 58800円 14000円

iPadと比べればApple Watchの値上げはまだ良心的。

OSのサポート終了が告知されているのに発売されているSeries3は置いておいて売れ筋モデルのSEが8000円、最上位モデルであるSeries7も14000円で済んでいるだけマシ。(だいたいSeries4が最新モデルの時と同じぐらいの価格で収まっている)

とはいえ純正バンドも今回の値上げに伴って価格改定が行われているため、純正バンドと一緒にApple Watchの購入を検討している人にとっては財布にそれなりのダメージが入ることだろう...

 

AirPods&Beats製品

  旧価格 新価格 値上げ額
AirPods(第2世代) 16800円 19800円 3000円
AirPods(第3世代) 23800円 27800円 4000円
AirPods Pro 30580円 38800円 8220円
AirPods Max 67800円 84800円 17000円
Beats Flex 8400円 9800円 1500円
Beats Studio Buds 17800円 21800円 4000円
Beats Fit Pro 24800円 28800円 4000円

AirPodsについては

  • Pro
  • Max

がかなり高くなってしまったという感じ。というか発売から3年が経過している製品が4万円弱するってかなり強気な値段設定だと思うのだが...

一方、第2世代や第3世代の値上げはまだ軽微なものに止まっているのでAmazonのセール等を利用すれば比較的購入しやすいのではないだろうか?

 

HomePod&Apple TV

  旧価格 新価格 値上げ額
HomePod mini 11880円 14800円 3000円
Apple TV HD 17800円 25800円 8000円
Apple TV 4K 21800円 28800円 7000円

こちらの値上げ額はかなり大人しめ。ただしHomePod miniを筆頭に「今まで比較的安価に買えたApple製品」としてのお買い得感は若干薄れている気もする((ボソッ…

 

アクセサリー

  • iPhone純正ケース
  • Smart Cover(Smart Folioも含む)
  • 充電ケーブル
  • MagSafeアクセサリー

がおよそ10〜20%ほど値上げ。

9000円のケースはヤバすぎる()

ちなみに僕も愛用しているApple純正のレザーケースは2000円アップの約9000円に価格変更。...いや流石に高すぎるて!!!(どうせ買うけど)

 

値上げ後に僕たちが出来ること

以上が今月からの新価格になるわけだが、僕も含め多くの方が「マジかよ」と感じられていると思う。(実際iPadを筆頭に財布へのダメージが大幅に強化された製品も多い)

だからこそ最後は値上げ後に少しでもApple製品を安く買うためのコツをお伝えさせていただきたい。

 

1 Amazonや家電量販店ECサイトの利用

ベターな方法ではあるものの、新品を安く手に入れるためにはこれが一番確実。

それこそAmazonでは来週12日から「プライムデー」という年に一度の大型セールでAirPods(第3世代)の値引きが予告されているし、家電量販店も数パーセントのポイントバック分で公式サイトよりも少し安く購入しやすい。

特にAmazonのセールでは

当たりが確実に値引き対象になって安く購入できるパターンが多いので、それらの製品が欲しいと考えているなら積極的に狙っていくべきだ。

(僕も昨年のプライムデーAirPods Proを2.4万円ほどで購入している)

kenboapplegadget.hatenablog.com

 

2 整備済製品の購入

完全な新品でなくてもいい!

最新モデルでなくてもいい!

ならAppleが公式で取り扱う「新古品」の「整備済製品」の購入がオススメ。

kenboapplegadget.hatenablog.com

www.apple.com

あくまでも

  • 旧モデルが中心のラインナップ
  • 完全な新品ではない(ただし壊れている箇所は全て新品のパーツと交換されている)
  • iPadMacApple Watchが対象

という条件はあるが、最新モデルとほとんど機能が同じものを「安く」「きれいな状態」で手に入れることが出来る上に、保証等もかなり充実しているので(AppleCare+への加入も可能)新品や最新製品へのこだわりがない人にはオススメしたい。

 

3 中古品の購入

あとは中古品の購入も

中古で売られている個体の目利きが聞く人間

ならば利用する価値はある。

ただ、ご存知の通り中古品は

  • 前ユーザーがどんな使い方をしているのかが不透明
  • 「数値上」動作に問題がない個体でも異常をきたす場合がある
  • 万が一の時に使える保証が限られる(中古ショップが独自に行なっている保証ぐらいしか使えない)

などのデメリットがある。もちろんそんな状況になった時でも対処できる知識があるなら話は別だが、基本的にトラブル時の対処が出来ない人は利用するべきではない。少し値は張るが無難に新品か整備済製品の購入をした方が遥かに低リスクだ。

 

今回の総括

積極的にセールの利用を。ただ「今すぐ必要」なのであれば多少高くても「すぐに買え」

今回の値上げを受けて一番に思ったのは

欲しい、もしくは必要だと思ったその時が「買い時」である

ということ。

kenboapplegadget.hatenablog.com

僕自身「少し早いかな...」と思いながら1月にMacBook Pro14インチ(2021)を24万円で購入できたが、半年も経たずに僕の購入したスペックのモデルは約3万円も値上げが行われている。あくまでも結果論でしかないとはいえ、もしあのタイミングで購入しなければ

  • 香港ロックダウンによる出荷の遅れ
  • 円安による価格改定

のWパンチを喰らっていた可能性が高いはずなので、本当にあそこで買っておいて良かったと今では心の底から思っている。

この流れが今後もしばらく続くと仮定した場合、今年発表されるであろう新製品も最悪「値上げ」する可能性は十分ある。そのため現段階で必要に駆られている製品があるのであれば、価格改定は仕方がないと受け入れて出来るだけ早く購入することをお勧めする。

今回は以上だ。ではまた次の記事で。