ケンボウのガジェット部屋(旧Apple大好き.com)

Appleが大好きな学生が運営するブログ。自分にしか書くことのできないものを目指して日々記事を更新中

【予算5万円の最適解とは?】どっちを購入するべき?iPhone SE(2020)とPixel4aを徹底比較。比較するべき4つのポイント

f:id:kendouken76:20201221205012j:plain

ハイエンドスマホのマンネリ化が進みつつある現在、注目されているのが3〜5万円で購入できる「ミドルレンジスマホ」。各社が成熟してきた技術を上手くまとめて手の出しやすい価格で提供できるように工夫を凝らしている。
今回はその中でもGoogleの「Pixel」とAppleの「iPhone」を両方使って見て分かったそれぞれの特徴やメリット・デメリットを記事にまとめていこうと思う。スマホ選びの参考にしていただければ幸いだ。
それでは今回も行ってみよう。

 

 

 

まず初めに

 

この記事ではPixel3aとiPhone7を両方使って感じたことを記事にまとめていく。しかし基本的な違いについては現在のPixel4aもiPhone SE(2020)もあまり変わりはないので購入の参考にしていただければ嬉しい。

 

両機種の特徴

f:id:kendouken76:20201225230108j:plain

Pixel4aもiPhone SE(2020)も同じ5万円で購入できるスマホなのだが、実際に見比べてみると両者のスマホに対するアプローチの仕方や「5万円のベストな使い方」が全く異なってくる。まずはそれをPixel4aとiPhone SE(2020)でそれぞれ解説させていただきたい。

 

iPhone SE(2020)の特徴

 

1 現状最強のスペックを最安で手に入れられる

iPhone SE(2020)に採用されているのは8〜10万円のiPhone11シリーズに採用されているA13 Bionicというチップなので、現段階において処理不足に困ることはまずありえない。ウェブサーフィンから重めの3Dゲームまでなんでもサクサクこなす事ができる。

そして何より忘れてはならないのがiPhone SE(2020)の本体価格。SONYGoogleなどのライバルは「スペックを抑えて価格も抑える」手法をとっているにも関わらず、なんと現行最強クラスのスペックを5万円という価格の値段で手に入れられるのだから価格破壊も良いところ。

もちろん「スマホにそこまでの性能がいるのか?」と言われれば懐疑的ではあるのだがiPhone SE(2020)はスペックの限界値が高い分、長く使った時でもある程度サクサク動く可能性が高い。安くスマホを使い続けるという点でスペックの高さメリットにしかならない。

 

2 安心安全Appleの「iPhone」ブランド

5万円のエントリーモデルとはいえ、iPhone SE(2020)はれっきとした「iPhoneシリーズの一つ」。最低でも5年間は上位モデル(iPhone11シリーズやiPhone12シリーズ)同様にOSのアップデートが保証されるし、何より「みんなが使っている」という安心感が5万円で手に入る。しかもAirPodsiPadなどとの連携機能の数々も同じように使えてしまう。

kenboapplegadget.hatenablog.com

デザイン面でも一切チープさを感じさせないあたり「廉価モデルを使っている」気持ちにならないのも良いところだろう。

 

3 スペックに全振り

f:id:kendouken76:20201017095807p:plain

2020年の今このデザインは古さを感じる...(もちろん美しいのだが)

ハイスペックさを手に入れるがために犠牲にした部分ではあるのだが、iPhone SE(2020)は基本性能以外の面が犠牲になっている。

例えばディスプレイは前世代のiPhone8をベースに上下に太いベゼルのものでカメラも最新の超広角カメラや望遠カメラ、ナイトモードなどは一切搭載されていない。言ってしまえば外見が3〜5年前の旧世代機とほとんど同じなのだ。

Androidを筆頭に多くのスマホが5〜6インチのディスプレイを採用しつつのに、この小さい4.7インチのディスプレイや暗所に弱いカメラを積んでいるのが残念すぎる。(ハイスペックさを手に入れるにはこれしかなかったのは分かる)

 

Pixel4aの特徴

 

1 Googleサービスとの連携&特典

kenboapplegadget.hatenablog.com

 Pixel3aの開封記事で少し解説したようにPixelシリーズはGoogleが設計した純正スマートフォン。故に各種Googleサービスとの連携やPixelだけの特典は他社のAndroidスマホにはない魅力。

例えば本体側面を強く握ることでアシスタントを起動できる「Active Edge」やGooglePhotosへの無制限アップロードなど普段使うことが多いGoogleのサービスをより快適に使うことができる。(これはGoogle自身も公言している)

 

2 最新のスマホのトレンドをバランスよく搭載している

  • 縦長ディスプレイ
  • OLED
  • 簡単に綺麗な写真が残せるカメラ
  • ロングバッテリー
  • コンパクトボディー

などPixelはスペックが抑え目になっている代わりにスマホ全体にしっかり予算が振られていて、今のトレンドとも言える機能をバランス良く搭載している。(ただワイヤレス充電や防水は無し)

特にiPhone SE(2020)と比べた時にディスプレイとカメラはPixelの方がかなり優秀。正直スペックを必要としない使い方ならPixelの方が快適に使えるのではないかと思ってしまう。

 

3 3年間のセキュリティーアップデート&メジャーアップデート

基本的にAndroidSONYSamsungなどスマホを出しているスマホメーカーが各社でOSをカスタマイズしている関係で最新のバージョンが発表されたとしてもアップデートできるかどうかは分からないし、アップデートされたとしても数ヶ月先で遅い。

その点Pixelは3年間のセキュリティーアップデートが約束されている上に3年以内であればメジャーアップデートにも対応しているので「初めてのAndroidで心配...」という方でも安心して使うことができるだろう。ちなみに僕の使っているPixel3aもAndroid Pie(9.0)から11へのアップデートがしっかり提供された。

 

 

iPhoneとPixelで比較するべき4つのポイント

個人的に思う「絶対比較するべきポイント」は以下の4点

  • スペック
  • ディスプレイ
  • カメラ
  • 価格

もっと詳しく比較したい方はAppleGoogleの公式ページに詳細なスペック表が出ているのでそちらで確認していただきたい。

 

1 スペック

  • iPhone SE(2020)→A13 Bionic
  • Pixel4a→Snapdragon 730G

iPhone SE(2020)はiPhone11シリーズと同じチップが採用されていてウェブサーフィンから重たい3Dゲームまで爆速でこなすことができるのに対して、Pixel4aに採用されているチップはミドルレンジ向け(中堅グレード)のものでスマホで行う基本的なことは一通りできる程度のスペックしかない。(ゲームをガンガンやり込むのには向いていない)

故にチップ性能を優先するのであればiPhone SE(2020)一択になる。現状8万円クラスのスマホに採用されているチップを積んだ5万円のスマホがこれしかないからだ。

もちろんPixel4aでも全然動作は悪くないのだが、スマホのスペックを数値化するベンチマークというソフトのスコアを見てもCPU性能で1.6倍、ゲームで重要になってくるGPU性能は2倍以上の差があることを考えればiPhone SE(2020)を購入しておいた方が無難と言えるだろう。(2機種のベンチマークスコアの一例がこちら)

garumax.com

garumax.com

 

2 ディスプレイ

f:id:kendouken76:20201222083425j:plain

大きさもスペックも全然違う

外観・スペック共に最も異なるのがこのディスプレイ。正直ディスプレイに関してはPixelの方が圧倒的に優れていると感じた。

f:id:kendouken76:20201225230315j:plain
f:id:kendouken76:20201225230319j:plain
画像では分かりにくいかもしれないが、肉眼で見ると明らかにPixelの方が発色も解像感も高い

まずディスプレイの方式がPixelは次世代のOLED(有機EL)に対し、iPhone SE(2020)は一昔前の液晶ディスプレイ。詳しい説明は省くが液晶に比べてOLEDは

  • 発色が綺麗(特に黒色の表現力が高い)
  • 解像感が高い
  • 省エネ(黒色の部分はディスプレイが切れているのと同じ状態になるため)

この3点で優れている。少なくとも僕が見た限りではPixelのディスプレイの方が発色もよく、特にダークモードにしたときに黒色が「真っ黒」に見えた。

f:id:kendouken76:20201225231220j:plain

スマホにおいてはメリットしかない縦長ディスプレイ

またPixelは最近のAndroidスマホで主流の「縦長ディスプレイ」を搭載していることのメリットだということを伝えさせていただきたい。

このように僕のTwitterのプロフィール1つ見ても「1画面に表示される情報量」が全然違っていることがお分かりいただけるはずだ。

f:id:kendouken76:20201225231523j:plain

iPhone SE(2020)ではオススメ記事のサムネイルの途中までしか表示されていないのにPixelではオススメ記事が最後まで表示されている。ここでも一回で得られる情報量に差がある。

パソコンやタブレットに比べてどうしてもディスプレイサイズが劣るスマートフォンで情報取集を行う場合、いかに少ないスクロール回数で多くの情報量を得られるかというのは「効率的な情報収集」を行う上で非常に重要なポイントになってくる。スクロール回数が増えるほど自分の欲しい情報に目を通すまでにかかる時間と労力が増えてしまうからだ。

ぶっちゃけ「高いスペック」は人によっては「そこまでいらないなぁ...」と感じる方も多いと思うので、是非ともそういう方にはPixelのディスプレイがもたらす価値にお金を使ってみて欲しい。

 

3 カメラ

スペック同様、綺麗なことに越したことがないカメラもPixelの方が優れている。

f:id:kendouken76:20201227152518j:image
f:id:kendouken76:20201227152542j:image
f:id:kendouken76:20201227152510j:image
f:id:kendouken76:20201227152515j:image

f:id:kendouken76:20201227152729j:image
f:id:kendouken76:20201227152724j:image

 

ポートレートモードを使えば正確に背景をぼかした写真が撮影できるし、ナイトモードでは光の少ない夜景も綺麗に撮ることができる。もちろんiPhone SE(2020)も綺麗なカメラを搭載しているのだが「2020年に発売されたスマホ」という観点で見れば見劣りする部分があるのは事実。(ナイトモード非搭載、超広角カメラ非搭載、物撮りポートレート非対応など)その点PixelはiPhone SE(2020)が対応していない撮影モードに対応している分、カメラ性能には優れているスマホと言っても良いだろう。

 

4 価格

どちらも128GBモデルで比較

  • Pixel4a→42800円
  • iPhone SE(2020)→54780円

価格差はおよそ12000円。スマホで言えばそこそこのワイヤレスイヤホンやケース、保護フィルムを購入することができる金額だ。

うーん...どちらも似た立場のスマホなのと生活の中で役に立つアクセサリーを購入できる価格差でもあるので悩むところ。かといって12000円をかければ現状最高と言っても良いスペックが手に入る。

 

iPhone SE(2020)がオススメの人

f:id:kendouken76:20201227171315j:plain

  • iPhoneブランドへのこだわりが強い人
  • 価格と基本性能のコスパが最も優れているスマホが欲しい人
  • ゲームをバリバリこなしたい人

iPhone SE(2020)がオススメなのはiPhoneブランドのスマホが欲しいというのが前提で予算5万円の人。そういう人には現状iPhone SE(2020)以外の選択肢はない。

少なくとも日本ではiPhoneブランドは強いし、AirDropでデータを渡し合うこともある学生さんなんかは「iPhone」というだけでかなりのメリットを感じるだろう。(少なくとも僕の身の回りはそんな感じ)

一方、最新のスマホと比べるとディスプレイやカメラで見劣りする部分があるのでそこを高い性能とトレードオフできるのかをきちんと考えた方がいいと思う。

 

Pixel4aがオススメの人

f:id:kendouken76:20201219120220j:plain

  • スマホ全体のスペックがちょうどいいスマホが欲しい人
  • 無難で使いやすいAndroidスマホを探している人
  • スペックにそこまでのこだわりがない人

ぶっちゃけiPhoneへのこだわりがなければ僕はPixel4aの方をオススメしたい笑

ディスプレイやカメラなどのスマホ全体の作りが2020年における基準をクリアしていながら、Google純正スマホということでOS面のサポートもバッチリ。しかも価格も安い(約4万円)数あるAndroidスマホの中でも安心して長く使っていくことができる1台だ。

僕自身も型落ちの3aを使っていてGoogle純正スマホのメリット(特に最新のAndroid OSが使える点)はメリットに感じるところが多い。

 

今回の総括

全てはスペックが必要かどうか

この両者の決定的な違いはスペック。もしどうしても迷ったら自分の使用用途に重めの3Dゲームが入っているかどうかを考えてもらうのが最も簡単、かつ確実な方法。というのもスマホにおいてスペックの高さが重要になってくるのがゲームぐらいしかないから。

とはいえスペックが必要なくともiPhoneブランドの強さもあるわけで一概にスペックが必要ないならPixelがオススメとも言い切れないし...難しいところではあるがとりあえず先程の「〇〇をオススメしたい人」の基準で判断していただければ大丈夫だ。

今回は以上だ。ではまた次の記事で。