ケンボウのガジェット部屋(旧Apple大好き.com)

Appleが大好きな学生が運営するブログ。自分にしか書くことのできないものを目指して日々記事を更新中

【豊作の発表会】学生Apple信者によるApple Event 2020で発表された新製品まとめ

f:id:kendouken76:20201014051752p:plain

ついにきたぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!
昨夜のApple Eventにてついに今年の新型iPhoneなどの新製品が発表された。
今回はそんなApple Event 2020で発表された新製品についてをまとめていこうと思う。個人的に今年のiPhoneは昨年以上に興奮する要素が多い笑
それでは今回も行ってみよう。

 

 

 

Apple Event 2020で発表された新製品まとめ

今回のイベントで発表された新製品は以下の通り

  • iPhone12 mini
  • iPhone12
  • iPhone12 Pro
  • iPhone12 Pro Max
  • HomePod mini

残念がらAirPods StudioやAirTagなどここ最近噂され続けれいる製品発表されずあくまでも「iPhoneの発表と+α」にとどまったがあるサプライズや新しく投入されたモデルにかなり可能性を感じたので自分の中ではかなりワクワク感を感じた発表会だった

 

1 iPhone12 mini

f:id:kendouken76:20201014071527p:image

kenboapplegadget.hatenablog.com

(詳しいまとめ記事はこちら)

よっしゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!

と叫ばずにはいられない待望の小型ハイエンドiPhoneがついに登場。その名もiPhone12 mini。

肝心のボディーサイズはiPhoneSEよりも一回り小さいのにディスプレイサイズはiPhoneXに迫る5.4インチ。しかも重量は歴代iPhoneの中でもかなり軽量な部類に入るiPhone7よりも軽い133g。もう文句の付け所がない。

もちろん基本性能はProと同等だし、兄弟機の12と同じ「超広角+広角」のデュアルレンズをしっかり搭載して74800円(税別)。個人的にはあと1万円安くして欲しかった感じもするが11からのアップデート点を考えれば仕方がないのかなと思う。

 

2 iPhone12

f:id:kendouken76:20201014070651p:image

kenboapplegadget.hatenablog.com

(詳しいまとめ記事はこちら)

11と同じディスプレイサイズを備える正統後継機であるiPhone12も登場。最大の変更点はディスプレイがハイエンドモデルと同じOLEDになり5Gに対応、さらにはデザインが変更になったことだろう。

また11のボトルネックとなっていた本体重量が大幅に改善され11の194gから30g以上の軽量化を実現(162g)。より取り回しのしやすいiPhoneとなったと言える。

 

3 iPhone12 Pro

f:id:kendouken76:20201014071901p:image

kenboapplegadget.hatenablog.com

(詳しいまとめ記事はこちら)

こちらはその名の通りiPhone11 Proの後継機。

大きなアップデート点としてディスプレイサイズが11の5.8インチよりも若干大きい6.1インチになった。仕様書を見る限り縦にでかくなっただけなので今まで5.8インチを使っていたユーザーは大きな問題もなく乗り換えれると思う。

カメラ面ではiPad Pro(2020)で採用されていたLiDERセンサーが追加されたのと一眼レフカメラで広く使われているRAWデータでの撮影と編集に対応。よりiPhoneで高画質な写真を追求するプロのニーズに応えられるはずだ。

 

4 iPhone12 Pro Max

f:id:kendouken76:20201014072420p:image

kenboapplegadget.hatenablog.com

(詳しいまとめ記事はこちら)

これも大体のアップデート内容は12 Proと共通でディスプレイサイズが大きくなってLiDERセンサーとRAWデータでの撮影に対応した。しかし今回の 12 Pro Maxのみセンサーサイズの大きいカメラを採用。なので今で以上に暗所での撮影やボケ感のあるポートレートの撮影に期待ができる。

 

5 HomePod mini

f:id:kendouken76:20201014072633p:image

Apple純正ホームスピーカーのHomePodに小型廉価版のminiが登場。

本体に採用しているCPUを無印のA8(iPhone6相当)からApple Watch Series5などで使われているS5にすることで大幅なコストダウンを実現。なんと本体価格はApple Pencil(第1世代)と同じ10800円(税別)と超安い。

唯一「空間認識機能」がオミットされているとはいえ2つのHomePod miniを接続してのステレオ再生にも対応しているし、Siriでの操作も可能。基本的なことは全部できるため今までHomePodが気になっていた人にはちょうど良い入門機だろう。

 

今回の総括

久しぶりにワクワクしたiPhone発表会。早く発売して欲しい。

もう...お腹いっぱい。

僕がずっと待ち続けていた待望のminiモデルが出てきたのもあるが今回一緒に発表されたMugSafeというアクセサリーに1番可能性を感じた(詳しいことは別記事にてまとめる予定)

f:id:kendouken76:20201014073258p:image

あぁ...早くGizmodoさんをはじめとする実機レビューをみたい。というか7が限界なので12 miniを要検討したいと思う。

今回は以上だ。ではまた次の記事で。