ケンボウのガジェット部屋(旧Apple大好き.com)

Appleが大好きな学生が運営するブログ。自分にしか書くことのできないものを目指して日々記事を更新中

遂に発表!Apple信者によるMacBook Pro 16インチ 新機能まとめ

f:id:kendouken76:20191114105527j:image

16インチMacBook Pro - Apple(日本)

昨夜、突如Appleから噂されていたMacBook Pro 16インチが発表された。今までとは違ってイベントでの発表ではなかったため驚きが隠せない笑

今回はそんなMacBook Pro 16インチの新機能のまとめと僕の思ったことを記事にまとめていこうと思う。

それでは今回も行ってみよう。

 

 

 

今回のMacBook Pro 16インチは何者?

今回発表されたMacBookPro 16インチモデルは、今まで販売されていた15.4インチモデルの後継機。しかもただの後継機ではなく前作の不満点をうまく改善してきている。

もう少し言えば「究極にして最高のマイナーアップデートモデル」と言えるだろう。

 

Apple信者によるMacBook Pro 16インチ新機能まとめ

MacBook Pro 16インチのアップデート点は以下の通り

  • ディスプレイサイズの拡大
  • キーボードがバタフライキーボードからシザーキーボードに変更
  • 物理Eccキーの復活&Touch BarとTouch IDが分離(MacBook Airと同じタイプになった)
  • スピーカーの性能向上
  • 最大搭載SSDが8TBに(今までは4TB)
  • 最大搭載メモリが64GBに(今までは32GB)
  • GPU性能が最大2倍高速に

特に性能面のアップデートとキーボード面のアップデートが主なものとなった。

 

1 ディスプレイサイズの拡大

今回のMacBook Pro16インチモデルは今までの筐体サイズをほぼ維持した状態で、ディスプレイのベゼルを小さくすることでディスプレイサイズを大きくしている。ちなみに従来のモデルが15.4インチだったから0.4インチ大きくなった。

正直、今までのモデルでも十分没入感があったので0.4インチのサイズアップがどこまで響いてくるかは分からないが、15.4インチモデルに慣れている人はそこまでの変化を感じることはないと思う。

 

2 キーボードの仕様変更

ついに16インチモデルからバタフライキーボードではなく、2015年モデル以前のようなシザー式の「Magic Keyboard」が採用された。

ギズモードさんのツイートの画像を見てもらえば分かる通りその差は歴然。明らかに16インチモデルの方がキーストロークが深くなっている。イメージ的にはiMacに付属しているMagic Keyboardと近いのではないだろうか?

なんだかんだ言ってバタフライキーボードは薄さと引き換えに「タイピングのしやすさ」と「耐久性」を犠牲にしていたので、今回のキーボードの仕様変更は多くの人にとってたくさんのメリットをもたらしてくれる存在になるはずだ。

あとはこのキーボードが13インチのProとAirにも搭載されたら完璧。

 

3 物理Eccの復活&Touch BerとTouch IDが分離

f:id:kendouken76:20191114131700j:image

シザーキーボード復活と同時に物理Eccキーも復活した。今まではTouch Ber内にあったものがプロユーザーの声を聞いて復活した感じ。

今のところEccキーは一回押すだけで「キャンセル」することができるキーなので、物理キーじゃないと困る人が多いと思う。特にプロユーザーの方ならなおさらだろう。

そしてTouch IDもTouch Berと分離されたことにより、ブラインドタッチ時の操作性がアップしている。やはりプロユーザーのことを考えて作られただけある。

 

4 スピーカー性能の向上

今までのMacBook Proのスピーカーも十分素晴らしいものだったのだが、16インチモデルではさらにスピーカー性能が進化している。

f:id:kendouken76:20191114131838j:image

具体的に言えば新たにウーファーを追加して低音が出るようになったのと、マイクの性能が上がったとのこと。

MacBookでどこまでいい音が出せるのかが楽しみしすぎる。

 

5 最大搭載SSDが8TBに

なんと16インチモデルのMacBook Proには15インチモデルと比べて2倍となる8TBのSSDを搭載することが出来るようになった。

2018年モデルが出た時にもSSDが4TB積めるのは驚異的だと思っていたのが、そこから1年経てばさらに倍の8TBを搭載。もう本当にモンスタースペックと呼べるマシンになってきた気がする。

 

6 最大搭載メモリが64GBに

ノート型Macでは史上初となる64GBのメモリを搭載可能に。

正直64GBもメモリを使う人はそういないと思うのだが、ここまで来るとノートブックに多くのメモリが詰めるというロマンの世界になってくるのではないだろうか?笑

 

7 GPU性能の向上

2018年モデルの時点で十分だったGPU性能は16インチモデルになってさらに向上することになる。

MacBook Pro 16インチモデルに搭載されるGPURadeon  Pro 5000M」は15インチの吊るしモデルに搭載されていた「Radeon Pro 560X」に比べ最大2倍早くなるとのこと。 

GPU性能のアップデートから言えることは、このMacBook Pro 16インチモデルはより重たい作業をどこでも行える安心感を手に入れたということだ。

 

価格

MacBook Pro 16インチモデルの吊るしモデルは以下の通り

f:id:kendouken76:20191114192305j:image

注目すべきなのはストレージが倍になってスペックが上がったにも関わらず、15インチモデルの吊るしモデルよりも1万円〜1万4千円も下がったということ。

大体、新モデルは高くなってしまうことが多いのでスペックの良いものが安く手に入るというのは素晴らしい。

 

MacBook Pro 16インチは買いのか?

キーボードに不満を感じていたのであれば間違いなく買いな製品だ。

最初に述べた通り16インチモデルには2015年モデル以前のようなシザーキーボードが採用されたおかげで、ブラインドタッチがしやすくなったのとタイピング時のストレスが大幅に減った。しかも壊れにくい構造になったのでハードに信頼性や安定性を求めるプロユーザーの方でもストレスなく使うことが出来るだろう。

しかし、16インチMacBook Proの限らずAppleの新型機は何かしらの不具合が報告されることが多い。より慎重な買い物を求めるのであればもう少し様子を見てからの方が良さそう。

 

今回の総括

プロユーザーのための「安心」と「信頼性」の高いMacBookの最高峰

今回のMacBook Pro 16インチは少し重さを増やして冷却性能を上げたり、バタフライキーボードをシザーキーボードに戻しているあたり、AppleMacBook Proをプロユーザーが安心して使える「安心」と「信頼性」の高いマシーンにしようとしているのがうかがえる。

僕自身もMacBook Proはプロの方が安心して使えるように新しい技術よりも熟成された技術を搭載するべきだと思っている人間なので、このアップデートは非常に良いものだと思う。

まぁ、僕はあの変態スペックを使いこなせる気がしないので買わないのだが...というかそこそこ高くて買える気がしない笑

でも久々にワクワクできる製品でこれからレビューが出回るのが楽しみだ!

今回は以上だ。ではまた次の記事で。