ケンボウのガジェット部屋(旧Apple大好き.com)

Appleが大好きな学生が運営するブログ。自分にしか書くことのできないものを目指して日々記事を更新中

【2020年版】今オススメのiPadはどれ?Apple信者による「あなたの運命を変えるiPadの選び方」

f:id:kendouken76:20191005104546j:image

iPadOSやiPad(第7世代)の発表などで盛り上がっているiPadApple自身もパソコンんとして本気で売り出しているのもあって「iPad欲しいけどどのモデルを買ったらいいか分からない...」という方も多いのではないだろうか?
今回はiPad購入を迷っている皆さんの背中を押す記事を書いていこうと思う。もちろん最新の情報は常に更新していくので安心して読み進めて欲しい。
それでは今回も行ってみよう

 

 

 

そもそも iPadって何?

f:id:kendouken76:20191005104913j:image

皆さんは「iPad」と聞くと「大きいiPhone」というイメージを持つのではないだろうか?
ただ、そのイメージはもはや過去の物。今のiPad

アナログとデジタルが融合したどこへでも気軽に持ち運べるパソコン

と言っていいほど進化進化した点がある。

例えば今のiPadではiPad独自の「iPadOS」を搭載した事で

  • iPadの標準のブラウザでパソコン用のサービスを動かす
  • 2つのアプリを同時に立ち上げて、切り替えながら作業ができる
  • 外付けストレージ、マウスが使える

今までパソコンでしか出来なかったような作業がどこでも行えるようになった。しかもパソコンよりもこれらの機能をずっっっっっっと簡単に扱うことが出来る。

(iPadOSの詳しい新機能はこちら)

kenboapplegadget.hatenablog.com

故に僕はiPadを「大きいiPhone」と見るのは時代錯誤なのではないかと思っている。

 

*2020年現在 Apple Storeで発売されているiPad

今、Apple Storeで取り扱いのあるiPadは5種類

「たくさんあって結局何を買えばいいか分からない!」と思う方もいるかもしれないが、この記事では各モデルの大事な点のみを分かりやすく比較していくので安心して読み進めていって欲しい。

 

※追記

2020年3月にMagic Keyboardとともに新型iPad Proが販売されたが主なアップデート点がプロセッサーとカメラにと留まったため記事内では旧型の2018モデルのままにしている。

アップデート点を見てもほとんど変わらないのでそのまま読み進めていただいても大丈夫だ。

 

1 iPad(第8世代)

f:id:kendouken76:20200923192329j:image

メリット

  • 最安でSmart Keyboard対応のiPadが手に入る(34800円〜)
  • タブレットとしては十分すぎる性能とコスパの良さ
  • Apple Pencilが使える(第1世代のみ対応)

 

デメリット

  • ディスプレイ性能が劣る(フルラミネーションディスプレイ、反射防止コーティング非搭載)

 

名前の通りシンプルさが売りのiPadで最近流行りの

  • フルベゼルレスデザイン
  • Promotionテクノロジー(ぬるぬるディスプレイ)
  • Type-C
  • 高画質カメラ

などは一切搭載していないものの最安モデルで4万円弱。実用性のある128GBでも5万円を切る値段で手に入る手の出しやすさが魅力的。しかも今回のアップデートで今まで弱点だった性能面が強化されその他のiPadとも見劣りしない性能に。それでいて価格は据え置きなのでとにかくコスパは抜群だ。

正直「とりあえず何を買えばいいか分からない?」という方には最もオススメ。性能面も十分だし、何より手が出しやすい価格なのは素晴らしすぎる。

 

2 iPad Air(2020)

f:id:kendouken76:20200923192712j:image

 

メリット

  • パソコンライクに使いやすい(基本性能が高い)
  • ほぼPro仕様のディスプレイを搭載している
  • 薄い、軽い
  • Proのアクセサリーが使用可能(Magic Keyboard、Apple Pencil 第2世代など)
  • Type-C

 

デメリット

  • 若干高い
  • 中途半端

 

2020年のアップデートによりほぼほぼ2018年のProと同等まで進化を遂げたiPad Air。大きな特徴はProとほぼ同じ仕様でありながら6万円後半で手に入ること。それにより今までは12万円コースだったMagic Keyboard対応iPadの敷居が10万円を切る値段で手に入るようになった。

ただiPad(第8世代)と比べると根が張ってしまうのも事実。個人的には

  • Magic KeyboardやApple Pencil(第2世代)を使ってみたい
  • 仕事でもバリバリ使えるiPadが安く欲しい
  • 新しいモデルを触ってみたい

という人にオススメしたい。

 

3 iPad mini(第5世代)

f:id:kendouken76:20191007071235j:image

メリット

  • iPad mini史上最も高性能
  • Apple Pencilが使える
  • どこでも持っていける

 

デメリット

  • iPadOSの恩恵を受けにくい
  • iPhoneと用途がかぶる(特にPlus、MaxサイズのiPhone

 

miniという名前から分かるようにこのモデルは「小さいiPad」が欲しい方が買うモデルだ。もちろんメイン機でも使えない事はないが、初めてのiPadにはその画面サイズからオススメしにくい。

もし買うとしたら「小さタブレット」が必要なのかをよくよく考える必要がある。

 

4 iPad Pro(11インチ、12.9インチ)

f:id:kendouken76:20191007072142j:image

メリット

  • iPadOSとの相性が抜群
  • iPad史上最も高性能
  • 第2世代のApple Pencil、Smart Keyboard Folioが使える

 

デメリット

  • 価格が高い!!!(89800円〜)
  • 初期投資が嵩む

 

もしあなたにお金があるのであればProを買っておけば後悔する事は絶対にない。

今のところiPadOSと最も相性が良いモデルはこれだし、Type-Cを搭載している事によって外部ストレージやType-C接続の機器をハブなしで繋ぐことも可能。しかもSmart Keyboard Folioとの組み合わせでパソコンライクにも使える「無敵のiPad」。

ただ他のモデルに比べて価格がすごく高いのと(最小構成モデルで89800円)、アクセサリー類などの初期費用が嵩んでくることを頭に入れておくべきだ。

 

管理人が独断と偏見でオススメするのはこのモデル

僕がオススメするのはiPad(第8世代)だ 

オススメする理由はただ1つ。

5万円という手が出しやすい価格ながら常用使用する分には十分すぎる性能を備えているから。

恐らく多くの人は細かなスペックよりも「手の出しやすさ」のほうが重要だと思う。特にiPadのような「初めて買うけどどうなんだろう...」というガジェットは尚更だろう。

そんな人にもこのiPad(第8世代)は自信を持ってオススメできる。むしろProやAirのデザインに魅力を感じないのであればできることはほとんど変わらないのだから安いiPadを買って余ったお金をMacやアクセサリの購入に充てるほうがいい。

 

今回の総括

あなたの生活にiPad

f:id:kendouken76:20191007225332j:image

正直1番大事なのはどんなモデルでも良いのでiPadを手に取るという事だ。

かれこれiPadを5年以上使い続けているが、本当にiPadiPhone以上にあなたの生活を変える力がある。だからこそ僕はどんなモデルでも良いのでiPadを手に取ることが大事だと思う。

もし、この記事を読んで少しでもiPadが欲しいと思ったのであればAppleの公式サイトに飛んでカートにぶち込んで欲しい。

今回は以上だ。ではまた次の記事で。