ケンボウのガジェット部屋(旧Apple大好き.com)

Appleが大好きな学生が運営するブログ。自分にしか書くことのできないものを目指して日々記事を更新中

【iPadとMacのUIがさらに融合】学生Apple信者によるiPadOS 14の新機能・アップデート点まとめ

f:id:kendouken76:20200626212728p:plain

WWDC 2020においてその他のOSと同時にiPadOSの最新版となるiPadOS 14のアップデート内容や新機能が告知された。
今回はそんなiPadOS 14の新機能やアップデート点を僕の主観などを交えながら解説していこうと思う。
それでは今回も行ってみよう。

 

 

 

今回追加された新機能・アップデート点

基本的にiPadOSはiOSをベースにしてiPad用の独自機能を載せたOSなので今回のiOS14に追加された機能はほぼ全てiPadOS 14でも利用可能。(iOS 14のまとめ記事はこちら)

kenboapplegadget.hatenablog.com

あくまでもiPadOSのみに追加された新機能・アップデート点に絞ると下記の通りになる。

  • ウィジェットのデザイン変更(iOS14に近いものになった)
  • サイドバーの追加(純正アプリが中心)
  • 検索機能が小さく表示されるようになった
  • Scribble

と結構少なめ。やはり昨年が大規模アップデートだったこともあり今回はマイナーアップデート止まりといった感じだ。

 

学生Apple信者によるiPadOS 14の新機能・アップデート点まとめ

 

1 ウィジェットのデザイン変更(iOS14に近いものになった)

f:id:kendouken76:20200626231814p:plain

これこそWindows10のライブタイルみたい

従来のiPadOSにも搭載されていたウィジェットのデザインが変更され、iOS14に近いものに。それによりウィジェットの大きさを好きなように変えることができるようになった。

ただ、このウィジェットiOS14のようにホーム画面に組み込むことはできないっぽいので微妙と言えば微妙なところ...

 

2 サイドバーの追加

f:id:kendouken76:20200623224256p:plain

Macには搭載されていたサイドバーが純正アプリを中心にiPadにも搭載。

f:id:kendouken76:20200626232122p:plain

普段パソコンを使っている人間には馴染み深いデザイン

特に普段からパソコンに触る機会が多い人ほど使いやすさを感じるのではだろうか?

f:id:kendouken76:20200626235222p:plain
個人的に良いなと思ったのは「ファイルアプリ」。Macと同じようなサイドバーが追加されたことでファイルをブラウズすることが簡単になる気がする。

 

3 検索機能の表示変更

f:id:kendouken76:20200626235434p:plain

MacのSpotlightに近いUIに変更

今までホーム画面で下にスクロールすることで呼び出していた検索機能のUIが刷新。これからはMacのSpotlightと同じように小さく表示されるようになる。

また検索機能だけではなくiPhoneで受けた電話をiPadで出る場合に出てくる通知が小さく表示されるようになったり、iPhoneと同じようにSiriが小さく表示されるようになったりとその時に行っている作業を中止しなくても良いような工夫がされた。

 

5 Scribble

今回のiPadOS 14最大のアップデート点はこれ。現状iPadでしか使えないApple Pencilのメリットを最大限に活かす機能だ。

この機能はなんなのかというとSafariの検索バーやメモなどApple Pencilでの入力が使用可能なアプリ内で手書きの文字を自動的にテキストの文字に変換してくれたり、手書きの文字をそのままコピペできるという物凄い便利な機能。

f:id:kendouken76:20200623224512p:plain

こんな感じでApple Pencilでの書き込みに対応

しかし、この機能自体はまだ日本語入力での検索などには対応していないので楽しみな機能ではあるのだがその効果を体感できるのはまだもう少し先になりそうだ。

 

今回の総括

超マイナーアップデート。ガッカリする点と満足に感じる点あり

昨年、iOSから脱却してiPadOSになった事と比べると今年のアップデート点はかなりのマイナーアップデートと言っても良い。日本ではまだ使えない機能があることを考えれば尚更。

しかし、そんな中でもMacとのUIの共通化でよりパソコンらしく使えるようにしたことで今まで以上にiPadOSの魅力が深まったと考えても良いだろう。とにかくマイナーアップデートでもしっかりと荒削りだった部分を成熟化してくれたAppleには感謝しかない。今年の秋の正式リリースが楽しみだ。

今回は以上だ。ではまた次の記事で。