ケンボウのガジェット部屋(旧Apple大好き.com)

Appleが大好きな学生が運営するブログ。自分にしか書くことのできないものを目指して日々記事を更新中

【FaceTimeの大幅進化】何が変わった?学生Apple信者によるiOS 15新機能まとめ

f:id:kendouken76:20210608103913j:plain

kenboapplegadget.hatenablog.com

先日行われたWWDCにてiOSの最新バージョンとなるiOS 15が正式発表された。今回はiOS 15発表の際に注目機能とされていたものを中心に「何が変わったのか?」をまとめていきたいと思う。

それでは今回も行ってみよう。

 

 

 

iOS 15注目の新機能

発表会の中でも特に強調されていた新機能は以下の通り

  • FaceTimeの大幅刷新
  • iMessageでの共有機能の強化
  • 集中モードの実装
  • SafariのUI改善
  • ライブテキスト(Apple純正Googleレンズ)
  • 天気アプリの刷新

この6点。もちろん他にも家の鍵や身分証明をWalletに追加できるようになったり、Apple IDに信頼できる他の人の連絡先を追加できるようにもなったのだが、これは他のOSでも使えたり日本ではまだ使えない機能なので当記事では触れないでおきたいと思う。(より詳しいことが知りたいのであれば大手メディアのまとめ記事かApple公式サイトを読んでいただきたい...)

 

1 FaceTimeの大幅刷新

f:id:kendouken76:20210609231620p:plain

特に発表会の中でも推されていたのがFaceTime関連の大幅アップデート。というかiOS 15はFaceTimeのためのアップデートといってもいいぐらい、他のビデオ通話アプリに比べて遜色がないくらいの機能が追加された。

f:id:kendouken76:20210609232307p:plain

例えば自分のiPhone

  • 映画
  • 音楽
  • スクリーン(画面)

を相手と共有できる「シェアプレイ」や複数の相手の顔が同じ大きさのタイル状に表示される「グリッドビュー」、背景をぼかしていい感じに自分を写すポートレートモードなど他社のビデオ通話アプリについていた機能は一通り実装されている。

f:id:kendouken76:20210609232323p:plain

遂に他OSからのFaceTime参加が可能となった

しかも今回のアップデートによりWindowsAndroidバイスでもウェブブラウザを使うことでFaceTimeに参加できるようになった上、これらの新機能はiOS 14に対応するデバイスを持っていれば全て無料で使える。

普通これと同等の機能を備えたアプリを使うとなるとお金が必要になってくるのが常識だったのだが、まさかApple純正アプリでそれをぶち壊しにくるとは想定外。何よりコロナ禍でオンラインミーティングの需要が増えている中でこんな素晴らしいアプリを無料で使えるようにしたのはヤバすぎる。

 

2 iMessageでの共有機能の強化

f:id:kendouken76:20210609232828p:plain

対応するApple純正アプリならアプリ画面にiMessageで送られてきたファイルやリンクの内容を確認することができる

またFaceTimeの進化に合わせてiMessagen共有機能も強化。対応するアプリケーション(写真、Apple TVアプリ、メモアプリなど)であればiMessageで共有されたものを「あなたとシェアされたもの」としてアプリ内で表示可能となった。

ただ、正直日本国内ではLINEがメッセージアプリの覇権を握ってしまっているのでiMessageをメインで使えないのが残念((ボソッ…

 

3 集中モードの実装

f:id:kendouken76:20210610070827p:plain

iOS 15では通知機能もパワーアップ。今回新たに「集中モード」という機能が追加された。

文字通りゲームや勉強など特定のシーンで余計な通知を絞って目の前のタスクに集中させてくれるモードで、これをオンにしている間はあらかじめ設定したアプリ以外の通知は受け取れず、ホーム画面もそれに合わせてアプリの配置が変わる。

f:id:kendouken76:20210610071447p:plain

通知も優先順位の高いアプリのものが上に表示されるようになる

要は「仕事モード」と「プレイベートモード」をユーザー側だけでなくiPhone側でも切り替えられるようになったということ。ちなみにこの集中モードはiCloudを通じて全てのデバイスで同期されるのでより目の前のタスクに集中して取り組める。

 

4 SafariのUI改善

f:id:kendouken76:20210610072445j:plain

片手操作での快適さをあげるためSafariのUIも刷新。スワイプでタブ間を行き来できるようになった他、複数のタブを1つにまとめられるグループタブ機能にも対応。

さらにmacOS Big Surで導入された拡張機能にも対応。さすがApple純正ブラウザ。強い。

 

5 ライブテキスト(Apple純正Googleレンズ)

iOS 14からApple純正の翻訳アプリ。おそらく殆どの人は使う機会が少ないアプリの一つであるだろうが、iOS 15からは便利な翻訳機能をiOS全体で使えるようになった。その一つがこのライブテキストという機能。

f:id:kendouken76:20210610135914p:plain

Googleレンズと違ってアプリを立ち上げたりする必要がないのでかなり楽

こんな感じでカメラをかざすだけで違う言語の言葉を瞬時に翻訳してくれたり、翻訳した言葉をコピペ、さらにはそのまま検索という「システム内に組み込まれている」からこそできるスムーズな動作が大きな特徴。

ただ...残念なことに現時点でライブテキストは日本語に対応していない。「おい!せっかくいい機能なのに!」と悔しさを感じるのは僕だけだろうか?

 

6 天気アプリの刷新

f:id:kendouken76:20210610141434p:plain

簡単な天気と気温しか確認することができなかった純正的アプリも刷新。より美しいアニメーションで天気を確認できるようになったほか、雨雲レーダーで数時間先までの雨雲の動きを確認することが可能に。 

Yahoo!天気

Yahoo!天気

  • Yahoo Japan Corp.
  • 天気
  • 無料

個人的にはYahoo!天気が精度や使い勝手ともに最高クラスと思っているので、あんまり使うことはないかも...

 

今回の総括

今の世の中で求められている需要に応えるアップデート

FaceTimeの大幅な機能改善や共有機能の強化からも分かるように、今回のiOS 15のアップデートは「実際に顔を合わせて人とコミュニケーションが取れない」この世の中に求められていた機能をしっかりと搭載して需要に応えるためのアップデートと言えるだろう。

しかもこれだけの機能は全て無料、なんなら5年前のスマホでも使えるのはいくらなんでもヤバすぎ。やっぱりApple大好き。

今回は以上だ。ではまた次の記事で。