ケンボウのガジェット部屋(旧Apple大好き.com)

Appleが大好きな学生が運営するブログ。自分にしか書くことのできないものを目指して日々記事を更新中

【マルチタスキングが進化】何が変わった?学生Apple信者によるiPadOS 15新機能まとめ

f:id:kendouken76:20210608155017j:plain

kenboapplegadget.hatenablog.com

先日のWWDCにてiPadOSの最新バージョンとなるiPadOS 15が正式発表された。
今回は注目の新機能を中心に何が変わったのかを記事にまとめていこうと思う。iPadOSはかなり期待していたのでリリースがとても楽しみ。
それでは今回も行ってみよう。

 

 

 

iPadOS 15注目の新機能

今回のiPadOSのアップデートを一言でまとめるなら「マルチタスキングの強化」といったところでSplit ViewやSlide Overをはじめとする従来からのマルチタスキング機能自体を改善した上で、新なマルチタスキング方法を提案をしてきた。

そんな新バージョンのiPadOS 15注目の新機能はざっとこんな感じ

  • マルチタスキング機能の強化
  • 「クイックメモ」の実装
  • ホーム画面にウィジェットを設置可能に
  • Appライブラリの実装
  • Swift PlaygroundでiPhoneiPad向けのアプリ開発が可能に
  • 停電力モードの実装
  • 翻訳アプリが使用可能に
  • Scribbleの日本語対応

マルチタスキング機能以外でもiPadOS 14で不満だった点があらかた解消されていて、よりiPadOSとしての完成度が高まった印象だ。

 

1 マルチタスキング機能の強化

まず従来からあったSplit ViewとSlide OverがDookに登録したアプリだけでなくホーム画面にある対応したアプリ全てで行えるようになった。

f:id:kendouken76:20210612141232p:plain

こんな風にアプリ上の方にあるボタンをタップ

f:id:kendouken76:20210612141321p:plain

現在開いているアプリが端によってホーム画面に戻るので

f:id:kendouken76:20210612141446p:plain

対応する任意のアプリを選択すればSplit Viewでアプリを開くことが可能。

f:id:kendouken76:20210612141556p:plain

ちなみにメールアプリなど別ウィンドウが出てくる場合はSplit ViewやSlide Overで表示しているに関わらず真ん中に表示される。

f:id:kendouken76:20210612142022p:plain

今使っているアプリがどれだけウィンドウを開いているのか1発で分かる

また「シェルフ」という機能を使えば

をはじめとする「複数のウィンドウを開くことが可能なアプリ」で現在どれだけのウィンドウを開いているのかを確認したり、新たにウィンドウを作成したりすることができるようになった。

 

2 クイックメモ機能の実装

f:id:kendouken76:20210612142458p:plain

続いて紹介するのが「クイックメモ」という新機能。その名の通りApple Pencilを使って即座に簡易的なメモを作成できる機能で、手書きでのメモ書きのほかSafariなどを使ってWebページのリンクを貼ることも可能。

f:id:kendouken76:20210612142634p:plain

作成したクイックメモは純正メモアプリで確認可能。(ちなみにメモアプリもタグ付けが可能になったりアップデートがされている)

 

 

3 ホーム画面にウィジェットを設置可能に

f:id:kendouken76:20210613175514p:plain

ディスプレイサイズの大きいiPadウィジェットの組み合わせは便利そう

iPhoneでは昨年のiOS 14から対応していたホーム画面のウィジェット配置がついにiPadでも実現。

  • 写真
  • ファイル
  • 天気
  • カレンダー

といった純正アプリはiPadの大きい画面に最適化されたウィジェットを提供するとのことなので、よりホーム画面で得られる情報を増やすことができる。

 

4 Appライブラリの実装

f:id:kendouken76:20210613175818p:plain

個人的に一番待ち望んでいた機能

遂に...遂にAppライブラリがiPadOSにもやってきた。

そもそも昨年の時点で何故対応していなかったのかが疑問でしかないのだが、これでようやく3〜4ページにもわたっている僕のiPadのホーム画面を1〜2ページにまとめ切ることができるようになる。

kenboapplegadget.hatenablog.com

これに関してはこんな記事を書いているようにずっと待ち望んでいた機能だっただけに、実装されてめちゃくちゃ嬉しい。

 

5 Swift PlaygroundでiPhoneiPad向けのアプリを開発可能に

f:id:kendouken76:20210613180111p:plain

なんとiPadOS 15からはiPhoneiPad向けのアプリを「iPad単体」で開発可能になる。しかもiPad上で開発したアプリはそのままApp Storeに提出できるほか、Mac向けアプリであるXcodeに引き継いでMacの方で開発を続けることもできる。

実用面は置いておいてこれからアプリ開発をしたいと考えている人の敷居がかなり低くなったのはグッドポイントだろう。

 

6 低電力モードの実装

長らくiPhoneに搭載されていた低電力モードがiPadにもやってきた。まぁこれも「なんで今までiPadになかったんだ?」という機能なので逆にびっくり。

 

7 Scribbleの日本語対応

Apple Pencilでの操作を超快適にするScribbleが遂に日本ユーザーでも使えるようになる。

補足すると今までのScribble(Apple Pencilで書いた文字を自動的にテキストに変換してくれる機能)はアメリカと中国圏向けに昨年のiPadOS 14から実装されていた機能ではあったのだが、肝心の日本語圏では使えないという残念仕様だった。

しかし、今回満を辞して日本語入力にも対応。実際Apple Pencilをヘビーに使っているiPadユーザーも多いと聞く。(実際僕の父もGoodNotes5とApple Pencilのヘビーユーザー)そんな人にとってこのScribbleの日本語対応ほど嬉しいことはないのではなかろうか?

 

今回の総括

iPadならではのマルチタスキング機能や細かな不満点が改善。ただ一方で物足りなさも。

今回のiPadOSでもここ数年で強化されているiPadならではのマルチタスキング機能と昨年まで不満点だったポイント(Appライブラリやウィジェット、Scribbleが使えない)をしっかりと改善したiPadOS 15はさらに成熟したOSとなった。

ただ逆にせっかくM1チップを搭載したiPad Pro(2021)をリリースしているのに、そのフォースパワーを生かすようなアプリが出なかったのが残念すぎる。Safariも機能改善されたとはいえ「Macと同じフル版のSafari」との記載はどこにも見当たらなかったので、おそらく今までと同じ「デスクトップ版に『近い』ブラウザ」で間違いないはず。

僕も含めて多くの人がiPad一つで全てのタスクを完結できる未来はもう少し先になりそうだ。

今回は以上だ。ではまた次の記事で。