ケンボウのガジェット部屋(旧Apple大好き.com)

Appleが大好きな学生が運営するブログ。自分にしか書くことのできないものを目指して日々記事を更新中

【ハードの発表は無し!】学生Apple信者によるWWDC 2021で発表された新OS・新機能まとめ

f:id:kendouken76:20210608102329j:plain

昨夜2時にAppleはWWDC2021を開催。そこで今年の新OSとなる
iOS 15
・iPadOS 15
macOS Monterey
・watchOS 8
を発表した。今回は全体の総括ということでイベント内で発表された各OSの概要を簡単にまとめていこうと思う。
それでは今回も行ってみよう。

 

 

 

今回発表された新OS

今回のイベントで発表されたのは冒頭での書いてある通り

の新バージョン。残念ながら事前に出ると噂されていたApple Silicon版MacBook Pro上位モデルが発表されることはなかった。(本気で欲しかったために個人的にはかなり残念)

ただし!例に漏れず今年発表された新機能は「Apple製品で固めてきてよかった...」と思わされるほどに興奮するものばかりだったので、全体的には大満足のイベントだった。(特にiPadOSとmacOSがヤバい)

 

1 iOS 15

f:id:kendouken76:20210608103913j:plain

まずは最も使っている人が多い「iPhone」の新OSであるiOS 15の新機能から。

  • FaceTimeアプリの刷新(音楽や画面共有で映画などを楽しめるようになったなど...)
  • メッセージ共有機能の強化
  • 2つのMemoji追加
  • 天気アプリの刷新
  • おすすめの写真を自動仕分けしてくれるように
  • Safariの刷新(タブバーのコンパクト化、グループタブの実装、拡張機能の実装)
  • 探すアプリがAirPodsに対応
  • 集中モードの追加
  • システム全体で翻訳機能を利用可能に(日本語圏は非対応)

コロナ禍でオンライン需要が高まっていることもあってか、FaceTimeの大幅な機能改善がなされた印象。機能的にはzoomやMicrosoftのteamsと遜色ないクオリティーまで進化した。

FaceTime以外にもSafariのUIが片手操作を前提としたものに変わっている他、任意の時間にまとめて通知を知らせてくれる集中モードの追加。さらにはシステム全体で翻訳機能を利用可能になるなど(日本語圏は非対応)より使いやすく、OS標準機能で対応できることがより増えて便利になったと言えるアップデートだろう。

 

2 iPadOS 15

f:id:kendouken76:20210608155017j:plain

  • マルチタスキング機能の強化(シェルフの実装、より簡単にSlide OverやSplit Viewを起動可能に)
  • クイックメモ機能の実装(Apple Pencilでのメモ取りがより素早く、簡単に行える)
  • ホームにウィジェットを置けるようになった
  • Appライブラリの実装
  • SafariのUI改善(iOSと同じ)
  • iPadiOS・iPadOSのアプリを開発可能に(macOSXcodeに引き継げる他iPad単体でApp Storeにも提出可能)

iPadOSだけの改善点でいえばこんな感じ。さらにiPadの大画面を生かしたマルチタスキング機能の充実と昨年のiOS14で実装されたAppライブラリとウィジェット機能がiPadに来てくれたこともあって個人的には大満足。

さらにiPadOS 15からは遂にScribbleが日本語に対応。Apple Pencilを持った状態での操作が超快適になるので早く試してみたい...

 

3 macOS Monterey

f:id:kendouken76:20210608194414j:plain

ここ最近iPadとの連携機能をより強めているmacOS。その新バージョンであるmacOS Montereyも例に漏れず最高の連携機能を実装してきた。その名もUniversal Control。

f:id:kendouken76:20210608195035j:plain

なんとMac側で使っているキーボードやマウス(トラックパッド)を余計な設定なしでiPad側でも使えるという神機能。さらにiPadMacMaciPadドラッグ&ドロップでテキストやファイルを送り合うことが可能なので、Sidecarを起動したりAirDropでファイルの転送をする手間は全くかからないことになる。

これぞマジック。これぞAppleの真髄。最高。最高だ。

ちなみにそれ以外の新機能としては

  • MacのディスプレイへiOS、iPadOSのデバイスのディスプレイをAirPlay可能に(AirPlay on Mac
  • 低消費電力モードの追加

と先に話したiOS・iPadOSと同じFaceTime等の刷新とBig Surに比べると少なめな飲酒を受けるが追加された機能の1つ1つがインパクト大で僕個人としてはなんの不満もない。

 

4 watchOS 8

f:id:kendouken76:20210608203441p:plain

watchOSは先ほどまでのOSに比べるとアップデート点は少なめで

  • 呼吸アプリの刷新
  • 睡眠トラッキング機能の改善(より詳細なデータが計測可能になった)
  • ポートレート文字盤の追加
  • 手書き入力の改善(Digital Crownを使ってカーソル移動等が行えるように。ただし日本語圏は非対応)
  • 写真アプリの刷新
  • 2つのワークアウトの追加

ぐらいで多くのユーザーが使う機会が多く、メリットを享受できる機能は結構少なめ。

強いていうならさらにWatch単体でできることが増えてiPhoneへの依存度が減ったためCellularモデルをはじめとする「Apple Watch単体で使っているユーザー」にとってメリットのあるアップデートだったのではないかと思う。

 

その他

新OS以外にはSafariと純正メールアプリを中心にプライバシー保護を強化したiCloud+が発表された他、日本ではサービスが開始されていないFitness Plusの新コンテンツの発表があった。

新OSに比べるとパッとしないような発表内容なのだが、iCloud+のユーザーのことしか考えていないサービスを追加料金なしで提供したりするあたりAppleが一流の企業なんだなと感じさせられる。

 

今回の総括

MacBook Proが発表されなかったのは残念!ただしApple好きにとってはたまらない2時間だった

正直、Apple Silicon版MacBook Proの上位モデルは個人的にかなり期待していた製品だっただけにWWDCで発表されなかったのはショックだった。しかし例年通りOS面での進化が大きく、Apple信者にとっては興奮がおさまらなイベントだったのは間違いない。

「これだからAppleはやめられない」そんなことを毎年思わせてくれるAppleにはこれからも頑張ってほしい。

今回は以上だ。ではまた次の記事で。