ケンボウのガジェット部屋(旧Apple大好き.com)

Appleが大好きな学生が運営するブログ。自分にしか書くことのできないものを目指して日々記事を更新中

【予想外の連続】学生Apple信者によるWWDC 2020で発表されたソフト&ハードまとめ

f:id:kendouken76:20200623132223j:plain

昨夜の深夜2時に初のオンライン開催となるWWDC 2020が行われ様々な新OSとハードが発表された。
今回はそんなWWDCで発表されたものを僕の主観を交えつつ、まとめていこうと思う。正直、今回発表されたものは予想外のものばかりでワクワクしっぱなし。
それでは今回も行ってみよう。 

 

 

 

今回発表されたソフト&ハード

今回のWWDCで発表されたものは以下の通り

  • iOS 14
  • iPadOS 14
  • macOS Big Sur(macOS 11)
  • watchOS 7
  • tvOS 14
  • ARM版Macの発売予告(開発者向けARM版Mac miniの発表)

開催前に予想されていたフルモデルチェンジ版のiMacApple純正ヘッドホンの登場はなかった...しかしその分、マイナーアップデート程度に考えられていたOSの新機能が凄まじい。

 

1 iOS14

f:id:kendouken76:20200623222120p:plain

kenboapplegadget.hatenablog.com

今回のiOS14はiOS12のような超マイナーアップデートになると思われていたのだが、まさかのそこそこのアップデート。個人的には数ある新機能の中でウィジェットとドロワー(Appスイッチャー)の追加が非常に熱い。

f:id:kendouken76:20200623222509p:plain

Androidでは使っている方も多いであろうドロワーがついに完全実装

ご覧のように今までは専用のページにまとめられていたウィジェットがホーム画面にも自由に設置可能に。ちなみにウィジェットの設定はこんな感じの画面から行うとのこと。

f:id:kendouken76:20200623222713p:plain

パッと見た感じ今のところは純正アプリだけっぽい...

f:id:kendouken76:20200623223221p:plain

これはヤバイ

そしてインストールした全てのアプリを管理できる「App Gallery」機能が追加。今の所はホーム画面単位でのアプリの表示・非表示に対応していて今まで以上にホーム画面の整理を行うことが可能になった。

どうしても長くiPhoneを使っていると「入れておきたいけど使う機会は少ない」というアプリは大量に出てくる。そんな時に先ほど紹介したウィジェットとApp Galleryをうまく活用して美しいホーム画面を構築していきたい。

その他にも

  • CarPlayの機能拡充
  • 純正アプリ以外で「デフォルト」で使うアプリの設定が可能に
  • Siriが一部分での表示に変更
  • 純正メッセージアプリの刷新
  • Homeアプリの機能拡充
  • マップアプリの機能拡充
  • AirPods関連の機能拡充

など様々な便利な機能が多数追加。これは早く試してみたいところ。

 

2 iPadOS 14

f:id:kendouken76:20200623224216p:plain

kenboapplegadget.hatenablog.com

基本的にiOS14で追加された新機能は搭載済み。それ以外の独自機能としては

  • サイドバーの対応(MacのUIに近くなった)
  • 検索機能の強化(MacのSpotlightレベルに上がった)
  • Apple Pencil関連の機能拡充(手書き変換機能)

の3つが主に挙げられる。

f:id:kendouken76:20200623224256p:plain

ミュージックアプリなんかもmacOSのものに近くなるのはパソコンに慣れている人間からするとありがたい

f:id:kendouken76:20200623224344p:plain

アプリの名前だけではなくファイル名などでも検索が可能に

f:id:kendouken76:20200623224512p:plain

今回追加された新機能だけで見てもうまくiPadでしかできないことを活用しつつ、Macに近づこうとしているのがよくわかる。

 

macOS Big Sur(macOS 11)

f:id:kendouken76:20200624204550p:plain

ついにmacOSも内部的な大規模アップデート

あとで紹介するARM版Macの登場に合わせてかmacOSがついにバージョン11となり、ジョブズ時代から続いていたバージョン10.X系統が終わりを告げることとなった。

そんな気になるmacOSの次の名前は「Big Sur」。主にiOSやiPadOSをUIと今までのmacOSのUIを統合させたようなデザインになり今まで以上に他のOSとの協調性が強くなった。

新機能としてはまずiOS、iPadOSではお馴染みのコントロールセンターが追加。

f:id:kendouken76:20200624204927p:plain

今まではメニューバーで行っていた設定が一箇所で行えるように

 

また各種アプリケーションがiPadOSに近いUIとなった。

f:id:kendouken76:20200624205117p:plain

例えばメッセージアプリ。今回のiOSのアップデートで実装されたUIに近いものがmacOS上でも使える

そしてSafariが大刷新。ウェブページ上の言語の翻訳に対応した他(アメリカ国内のみ)、閲覧しているウェブページがどのようなユーザー情報を取得しているかを一眼で確認できるように。そしてChromeのようにトップページに好きな写真を割り当てることが可能になったりとカスタマイズ性と細かなインターフェイスに改良が加えられている。

f:id:kendouken76:20200624205514p:plain

自分のおしキャラをトップに持ってくれば作業効率が倍増するかも...

iPadiPhoneに慣れている人にとってはより近い感覚でMacを操れるのはメリットが大きいと思う。

 

4 watchOS 7

f:id:kendouken76:20200624205838p:plain

どちらかというとマイナーアップデートな感じ

今回のwatchOS 7では文字盤のシェアとかなり細かなカスタマイズが可能に。しかもサードパーティーも独自の文字盤を配信可能になるとのことで今後有名企業やYouTuberさんが限定文字盤を配信するようになるのかもしれない。

他には以前から期待されていた睡眠トラッキング機能や

f:id:kendouken76:20200624210127p:plain

このためだけにApple Watchを購入してもいいぐらい

新たなフィットネス種目の追加

f:id:kendouken76:20200624210222p:plain

ついにApple Watchをつけた状態でダンスの消費カロリーが計測できるようになった

そして時期が時期ということで手洗いを促す機能まで追加された

f:id:kendouken76:20200624210314p:plain

このアニメーションがとても美しい...

ただiOSmacOSの刷新と比べればだいぶ大人しめであくまでもマイナーアップデート止まりと言ってもいいだろう。

 

5 tvOS 14

f:id:kendouken76:20200624210918p:plain

まずはAndroidTVでは可能だったマルチアカウントの切り替えに対応。例えば家族全員分のアカウントを切り替えてそれぞれ使うことができるようになった。

またキッズモードの追加やピクチャインピクチャへの対応。そしてAirPlay2対応デバイスを持っているならわざわざ選択しなくても外部スピーカーとしてそこから音を出すことができる。

 

6 ARM版Macの発売予告&移行計画の発表

f:id:kendouken76:20200624211435p:plain

生きている間にMacの大変革を見ることができるとは...

WWDC 2020でAppleはPC業界を根本から変えるかもしれない考えを発表した。そうMacに搭載されているCPUをIntel製のものから自社開発のARMベースCPUに置き換えるというのである。

f:id:kendouken76:20200624211628p:plain

知らない人もいるかもしれないが昔のMacのCPUは当時のWindows機と仕様が異なるものだった

過去にApplePowerPCの採用やOS Xへ切り替え、そしてIntel CPUの採用と3回大きなアプデートをしてきたが今回はさらに大きなアップデートとなる。

そもそも今回発表されたApple Siliconは本来パソコン向けのCPUではない。どちらかというとiPadに採用されるようなものなので間違いなく性能面は現行のIntel製CPUに劣る。にも関わらずなぜAppleが自社製CPUを採用したのかというと

  • バッテリー持ちの向上
  • Intelの開発に左右されずにMacを発売できる
  • iPhone、iPadOSのアプリをそのまま移植できる

この3点が大きい。特にバッテリー持ちの向上と自分たちの好きな時期に発売できるのはAppleにとって利点が大きい。

しかしそこで気になるのは従来のパソコン用ソフトとの互換性。一応WWDC上ではOfficeやAdobe系ソフトの実演、さらにはFinal Cut Pro Xが動く様子をデモしていたがよくよくみてみると

  • Office→そもそも負荷がかかるようなソフトではない。動いて当たり前
  • AdobeLightroom)→デモで行っていた作業はメモリ容量が多く影響することであまりCPUは関係ない
  • Final Cut Pro X→3本ともエンコード済み。要は3本の動画を同時に流しているだけの状態

なので本当に従来と同じように動作するかと言われるとわからない点が多い(おそらくはまだまだ性能面ではIntelの方が上)


ARM版 Mac 偉業なるか!? 全ての歴史の否定と回帰 iosアプリ AppleSilicon

もちろん発売は楽しみ。ただApple独自チップが発展するしばらくの間は様子を見た方が良さそう。中でもプロユーザの方は慎重になるべきだ。

ちなみに移行期間は2年。その間もIntel CPUを搭載したMacの投入は予定しているとのこと。また開発者向けにiPad Pro(2020)にも搭載されているA12 Bionicと16GBメモリ512GBのSSDを搭載した開発キットも5万円で発売される。(ちなみに今回発表された唯一のハードはこれ)

 

今回の総括

予想外の連続。今年もソフトで楽しませてくれたティムApple

個人的に「今年こそはハードがたくさん発表されてOSはマイナーアップデート止まりだろうな」と予想してのWWDCだったのでしょっぱなのiOS14からいきなり面をくらってしまった笑

それぐらい今回発表された新OSの機能には心を揺さぶられるものがあったし、今後の秋の正式アップデートがとても楽しみ。あとはApple Watchが本当に欲しくなっている。

おそらく今年の9月・10月には新型iPhoneApple Watchの発売。そして年末に登場が確定したARM版Mac。どのような製品になるかはわからないものどれも注目度の高い製品に間違いはなさそうだ!

今回は以上だ。ではまた次の記事で。