ケンボウのガジェット部屋(旧Apple大好き.com)

Appleが大好きな学生が運営するブログ。自分にしか書くことのできないものを目指して日々記事を更新中

【コスパ最強iPhoneの爆誕】学生Apple信者による新型iPhoneSE(2020)アップデート点まとめ

f:id:kendouken76:20200416114857j:plain

昨夜ついに新型iPhoneSE(2020)が発表された!久々のホームボタン搭載iPhoneということで気になっている方も多いのではないだろうか?
今回はそんな新型iPhoneSE(2020)の主なアップデート点をまとめていこうと思う。コスパ最強のiPhone爆誕にワクワクが止まらない!!
それでは今回も行ってみよう。

 

 

 

今回のiPhoneSE(2020)の概要&アップデート内容

f:id:kendouken76:20200416115419j:plain

今回のiPhoneSE(2020)はiPhone8のボディーをベースに中身のチップなどを現代版にアップデートした「リデコモデル」になる。当然8のアップデートモデルなので今まで使っていた8用のアクセサリーも流用可能だ。

そして気になるアップデート点はざっくりこんな感じ

  • チップが最新のA13 Bionicに変更(iPhone11シリーズと同等)
  • カメラ性能のアップデート
  • Wi-Fi 6&DSDS対応
  • バッテリー切れでもSuicaが利用可能に(予備電力付きエクスプレスカード搭載)
  • デザイン変更・価格ダウン

やはり注目するべきは11シリーズとほぼ同等の性能を備えながらも価格をダウンしている点だろう。iPhone史上最もコスパが優れているものと言える。

 

1 チップ性能がアップデート

iPhoneSE(2020)はエントリーモデルながらもチップは最新のiPhoneと同じA13 Bionicが搭載されている。

このチップ現行では最新、最速のチップになるのでゲームなどの重たい作業もサクサクこなせるし最新のiOSがフラッグシップ機と同じ期間サポートされるのは非常に魅力的だ。

 

2 カメラ性能のアップデート

f:id:kendouken76:20200416120722j:plain

「エントリーモデルだからおまけ程度だろうな」と思っていたカメラ性能が予想外のアップデート。なんとチップ性能が向上したことによりシングルカメラでのポートモード撮影に対応した。しかもアウトカメラとインカメラの両方も。

また11シリーズで搭載された「QuickTake」や「ステレオ録音」などの細かな点もバージョンアップ。エントリーモデルながらもある程度のカメラ性能を備えている。

iPhoneは小型さ故に様々なところで「気軽」に「高画質」な写真を撮る事が多いと思うのでカメラ性能は十分すぎる。

 

3 Wi-Fi 6&DSDS対応

今回のiPhoneSE(2020)から最新規格であるWi-Fi6とDSDS(Dual SIM Dual Standby)に対応した。

とはいえこの2つに関してはまだまだ国内での普及が進んでいない状況だし、Wi-Fi6対応のルーターがなければ進化を発揮しない機能。1部のユーザー以外にとってはそこまで重要な機能ではないと思う。

 

4 予備電力付きエクスプレスカードが利用可能に

この機能を簡単に説明すると「万が一バッテリーが切れてしまってもSuicaが使えるよ〜」という機能でiPhoneXSから搭載されている。

まぁこれも普段使いする上で恩恵を受けるようなことではないのだが...

 

5 デザイン変更・価格ダウン

f:id:kendouken76:20200416121636p:plain

今回のiPhoneSE(2020)のデザインはiPhone8をベースにしつつも11シリーズのように「iPhone」という記載が無くなってAppleロゴが中央に寄っているなど最新のデザインの一部も取り入れたような感じ。

f:id:kendouken76:20200416121837p:plain

後ろがホワイトで表黒ベゼルなのはiPhone3GSぶりなのでは?

あとは今回のカラバリエーションは全て表面が黒ベゼルになっていることぐらいだ。

そして!今回最も注目すべきなのはその価格。

  • 64GB 44800円(税別)
  • 128GB 49800円(税別)
  • 256GB 60800円(税別)

なんと同じ64GBで比べても11とは3万円、11 Proに至っては6万2000円も差がある。しかも基本性能に関しては全く同じも拘らずだ。

何度も言うがApple製品の魅力は連携機能にある。これだけの価格差があればiPadAirPodsなど買って連携機能のメリットを享受できる環境を簡単に築ける。そう考えるとこのiPhoneSE(2020)は非常に魅力的に見えてこないだろうか?

 

iPhoneSE(2020)は買いなのか?

カメラ性能に興味がないのであれば間違いなく買いだ!!

ハイエンド機と同じ性能を安価で手に入れられる。こんなコスパ最強の機種が「買いじゃない」と言うわけがない。

ただ注意して欲しいのが「カメラ性能」。当然エントリーモデルのSE(2020)超広角カメラやナイトモードなどはついていない。カメラ性能はおおよそXRより少し上ぐらいだ。

もし今あなたがiPhoneの買い替えを考えている中に「カメラ性能への不満」があるのであればSE(2020)よりも3万円足して11シリーズを購入した方が幸せになれるだろう。それぐらい11のカメラ性能は素晴らしいものだと思う。

 

今回の総括

コスパ最強の「堅実機」。現状ラインナップで最もお勧めできるiPhone

魅力的な機能がついているのはわかっているものの、ここ最近のiPhoneはとにかく高かった。そんな中1つの希望としてコスパ最強のiPhoneSE(2020)の登場に多くの人が「おぉ!」と歓喜の声を上げたのではないだろうか?(僕もその1人)

それに今まで「iPhoneiPad」と組み合わせは10万以上の出費がほぼ確定だったのがSE(2020)の登場でだいぶコストが下がったのも嬉しいポイントだった。

ちなみに予約開始は明日の夜9時から。おそらく歴代最高クラスのコスパを誇ることもあって争奪戦が予想されると思うので欲しい方はその時間になるまでのスタンバイをお忘れなく。

今回は以上だ。ではまた次の記事で。