ケンボウのガジェット部屋(旧Apple大好き.com)

Appleが大好きな学生が運営するブログ。自分にしか書くことのできないものを目指して日々記事を更新中

【まとめ記事】スタンダードモデルはマイナーアップデート祭り。学生Apple信者によるApple Special Event 2022新製品まとめ

2022年9月8日。例年通りApple Special Eventがアメリカで開催され、いくつかの新製品が発表された。
今回はそんなイベント内で発表された新製品について簡単にまとめていこうと思う。
それでは今回も行ってみよう。

 

 

 

今回のイベントで発表された新製品

今回のイベントでは

の新製品を出すとティムクックが冒頭でアナウンスした通り、これらのカテゴリーの新製品が登場した。

具体的にはこんな感じ

秋の新製品発表会としてはほぼ例年通りといえるラインナップなのだが...今年の新製品はフラッグシップモデルを除いてマイナーチェンジ感がかなり強い()

 

1 iPhone14シリーズ

モデル構成は昨年と変わらず4つ。ただしminiが廃止となった

今年のiPhoneは昨年と同じく標準モデルのiPhone14とプロモデルであるiPhone14 Proの2通りなのは変わらず。12シリーズから続いていたminiは事前のリーク通り廃止され、その代わり標準モデルにも大型版の14 Plusが追加される形となった。

ただ、標準モデルの14(14 Plus)はライナップ以外での目ぼしい進化点が無い()

というのもチップ性能は昨年の13シリーズと全く同じだし、カメラ性能も暗所性能の改善以外はほぼ変わらず。唯一の進化点ともいえる

  • 自動車事故の検出機能
  • 衛星通信対応

も一般ユーザー向けには訴求力が弱いというのが現実(というか衛星通信機能は日本で使えない)

一方プロモデルは

  • TrueDepthカメラの小型化(Dynamic Islandの搭載)
  • カメラ性能の進化
  • ディスプレイ最大輝度の向上
  • 常時点灯ディスプレイに対応
  • 性能向上

など昨年モデルから目に見えて進化しているので、個人的に14シリーズを買うならプロモデルをオススメしたい。

 

2 Apple Watch Series SE(第2世代)

Apple Watchの入門機として当ブログでもオススメしてきたApple Watch SEが第2世代へアップグレード。

主な変更点としては

  • チップの更新(S5→S8)
  • 新しい加速度センサーの搭載
  • 背面素材の刷新
  • カラバリの変更

等のマイナーチェンジに留まっているが、入門機として大切な価格がこの情勢にもかかわらず前モデルとほぼ変わらなかったのは非常に良い。

 

3 Apple Watch Series8

Apple Watchのフラッグシップモデルも最新版へ。

ただ、これもSE(第2世代)と同じで

  • チップの変更
  • 新センサーの搭載(皮膚温センサー&新しい加速度センサー)
  • カラバリの変更

以外は前モデルのSeries7と同じ。

新しい皮膚温センサーのおかげで月経周期の精度が上がるようだが、ぼっちには縁もゆかりもない機能

うーん...このデザインでの改良も限界点なんだろうなぁ...。「このデザイン」では...

 

4 Apple Watch Ultra

ガチアスリート向けApple Watch登場

ならばデザインを変更してしまえ

という意気込みのもとついに登場したのがこのApple Watch  Ultra。

これは今までのApple Watchにあった「運動トラッキングバイス」としての実用性を極限まで高めたアスリート向けのモデルで

  • Apple Watch史上最も大きいケースサイズ(49mm)
  • 手袋をつけた状態でも操作しやすいサイドボタンとDigital Crown
  • 一発でワークアウトを開始できるアクションボタンの搭載
  • GPS精度の向上
  • 最大36時間持つバッテリー
  • 強化されたスピーカー(デュアルスピーカー)
  • アスリート向け新バンドの登場

など最上位モデルに恥じない大幅な刷新を遂げている。

とはいえこの製品はあくまでもアスリート向けを謳っている製品なので、一般ユーザーにはオススメしない。Apple Watchとしてはかなり異色なモデルと言ってもいいだろう。

 

5 AirPods Pro(第2世代)

3年越しの新モデル。基本的な使い勝手やデザインは変わらず

  • チップの刷新(H1→H2)
  • バッテリー持ちの改善
  • ノイズキャンセリング性能の改善
  • タッチセンサーの改善
  • 外部音取り込みモードの強化
  • 充電ケースの改善

などのマイナーアップデートとなった。

正直、このデザインのAirPods Proはかなり不具合が出たので不安があるのだが、初代AirPods Proの弱点を確実に潰してきているモデルなので買うなら第2世代がオススメだ。

 

今回の総括

マイナーアップデート祭り

もうほんとにこれ。特にスタンダードモデルは成熟してきたこともあって進化点がかなり地味に感じる...

良くも悪くも「無難で堅実」な製品が目立った感じ。反面プロモデルはかなり面白い機能が搭載されたので、早く実機を確認してみたい...!!!

今回は以上だ。ではまた次の記事で。