ケンボウのガジェット部屋(旧Apple大好き.com)

Appleが大好きな学生が運営するブログ。自分にしか書くことのできないものを目指して日々記事を更新中

【ちょっと待って!】iPhoneSE(2020)を「これじゃない」といっている人に僕が言いたいこと

f:id:kendouken76:20200416211417p:plain

先日iPhoneSE(2020)がAppleから発表された。が一部ユーザーには「俺たちが求めていたSEはこれじゃない!」といっている方もちらほら。
今回はそんな方に向けて僕が言いたいことを記事にまとめていこうと思う。もちろん一個人の意見なので参考程度にしていただければ幸いだ。
それでは今回も行ってみよう。(アップデート点まとめはこちら)

kenboapplegadget.hatenablog.com

 

 

 

彼らの主張

今回のiPhoneSE(2020)に不満を感じている方の主張は

SEの魅力は「4インチの大きさ」にあったのに4.7インチで出したら意味ないじゃん!

確かに初代SEを買った多くのユーザーが思っていたことだと思うし、僕自身も当時最新機種だった6sを片手でサクサク扱えるメリットは大きいを思っていた。が...

 

そもそも

皆さんはiPhoneSEの「SE」の略称をご存知だろうか?Special Edition」これが「SE」の正式名称だ。

このSpecial Editionというのは「最新のiPhoneのチップを旧世代のボディーに搭載した上で値段を抑えて販売するモデル」のことを指しているわけであって決して「iPhoneSE=4インチのiPhone」というわけではない。

初代SEが発売されたときの最新機種が「6s」、1つ前の型が「5s」だったので5sの製造ラインを流用する形で4インチのSEが発売されることになった。

しかし現在はどうだろうか?2020年現在の最新機種はX系譜の「11シリーズ」で、1つ前の型が「8」だ。SEのコンセプトから考えると8のボディーが採用されるのは当然の流れと言える。

それに現在では5sの製造ラインはストップしているだろう。そんな中で「SE(2020)」のためだけに4インチ系iPhoneの製造ラインを再び動かすのは

  • 4.7インチ
  • 5.5インチ
  • 6.1インチ
  • 5.8インチ
  • 6.5インチ

などたくさんのiPhoneの製造ラインを動かしているAppleにとって「無駄なコスト」となってしまうだけでなく「安さ」が魅力のSEの価格設定にも影響が出てしまう。

だったら今あるiPhoneの製造ラインを流用してコストを抑えた方が堅実だ。それに...

 

もう4インチiPhoneは時代錯誤でしかない

はっきりいってしまおう。もう4インチiPhoneは歴史の産物に過ぎない。

すでに時代錯誤なのだ。世の中のスマホは最低でも5インチが当たり前になりつつある中に4インチのスマホが登場したとしても恩恵を受けるのは「ほんの一握り」の人だけで「多くの人」にとって歓迎されるものではない。

また現在のウェブページやアプリのメニューは「4.7インチ」や「5.8インチ」を基準に作られているのでさらに画面サイズの小さい「4インチ」は操作性は良くても見にくさを感じてしまうと思う。

残念だがすでに「4インチ」というサイズの需要はほとんどなくなってしまっている...

 

今回の総括

SE難民よ。乗り換えの時はきた。

この発表で確定したことがある。それはAppleは今後高確率で「4インチ系譜」のiPhoneを出すことはないということだ。残念でしかないが...

となると現在のSEユーザーの乗り換えるタイミングは今しかない。なぜなら次のSEが出るとは限らないし、リリースされるとしてもまた4〜5年間は待たなければいけないからだ。

もう4インチ端末は出ない。そう割り切って現在の素晴らしい性能やカメラを搭載したiPhoneを買ってみてはいかがだろうか?
今回は以上だ。でまた次の記事で。