ケンボウのガジェット部屋(旧Apple大好き.com)

Appleが大好きな学生が運営するブログ。自分にしか書くことのできないものを目指して日々記事を更新中

【使い勝手はどうなの?】Apple信者による「ライブ変換」&「マウス操作」使用感レビュー

f:id:kendouken76:20200325183131p:plain

昨夜、ついに期待のiPadOS 13.4がリリースされた。
今回はそんなiPadOSの真バージョンである「13.4」の新機能の中でも「ライブ変換」と「マウス操作」にフォーカスを絞って記事を書いていこうと思う。
それでは今回も行ってみよう。(動画はこちら)


【iPadがパソコンに近く第一歩】Apple好きがiPadOS 13.4の「ライブ変換」「マウス操作」を触ってみた感想

 

 

 

ライブ変換機能とは?

ライブ変換機能を簡単に説明すれば「iPadが勝手に文字を起こしてくれる」機能。

キーボードでタイピングを行っている間にもiPad側で勝手に変換作業を行ってくれるので、いちいちスペースキーを押して変換する必要がほとんどなく快適に文字をかけるのが最大の特徴だ。

実はこの機能Macには前から搭載されていたのだが、今回ついにiPadOSにも搭載されることになった。

 

iPadでもマウス操作はどんな感じ?

iPad上のマウスカーソルはMacWindowsとは違って「丸いカーソル」になっていて、各種ボタンや文字にカーソルを合わせるとそれぞれに合った最適な形に変化する感じになっている。(詳しくはAppleの公式PVをチェックして欲しい)


iPad Pro — Your next computer is not a computer — Apple

 

Apple信者によるiPadOS 13.4を触ってみた感想(ライブ変換編)

 

1 iPadに文章を起こされている「快感」

ライブ変換を使ってiPadで文字を打つ感覚を一言で表すとするなら「快感」だ。(冗談抜きで)

とにかくストレスフリー。「変換作業が減るだけでこんなに長文を書くのが楽しくなるんだ!」というレベルでどんどん文章が書ける。もう最高。

個人的にはブロガーさんなどで長文を書かれることが多い人にはこの機能が最適なのではないかと思う。

 

2 Mac版よりサクサク動く

意外だったのがiPadに搭載されているライブ変換機能の動作がMac版よりも軽快だったこと。

Mac版は時々文字を打っているのに変換が追いついていないことがあったのに今のところiPad版ではそんなことが起こっていない。変換もタイピングもサクサク行える。

Macではそのことが原因でライブ変換を切られている方も多いと聞くので、そう言った方こそiPad版のライブ変換を使って欲しい。

 

3 変換精度はそこそこ


ライブ変換のテスト

この動画を見ていただければ分かるとおりライブ変換の変換精度はそこそこ。たまに英語変換して欲しい単語がカタカナ変換になったりするときはあるが、そのときはスペースキーで変換してやる必要がある。

とはいえ自動変換されていることを考えれば十分な変換精度なのではないだろうか?

 

Apple信者によるiPadOS 13.4を触ってみた感想(マウス操作編)

 

1 iPadOSでパソコンに近いカーソルが扱えるのは正義

細かい操作性は置いておいてパソコンに近いカーソルをiPadでも扱えるようになったのは革命的だ。

特に文字を選択してコピペをしたりするのがとても楽になったのとその度に最適な形に変化するマウスカーソルのおかげでスムーズにiPadを操作できる。

やっぱりキーボードを使う作業でいちいちキーボードから手を離さなくてもいいのはとてもいい。

 

2 マウス操作の場合は注意が必要

もしマウスを使おうと考えているのであれば注意がいる

トラックパッドと違ってマウスは単体で行えることが限られていて、しかもiPadOS側でサポートしている操作も少ないのでトラックパッド以上に操作がしにくい。

具体的にはアプリを立ち上げた状態でホームボタンに戻るとき。トラックパッドの場合は3本指で上にスワイプするだけなのだが、マウスはマウスごと思い切り下に下げる必要があり正直めんどくさい。

あとはMagic Mouseの場合「タップ」操作がサポートされていないのでMacのように「2本指でダブルタップ」でアプリスイッチャーを起動するのができないのがなんとも残念すぎる。

現時点ではマウスよりもトラックパッドの使用をオススメする。

 

今回の総括

iPadは進化する

今回のマウス対応やライブ変換などの「今までMacにしか搭載されていなかった機能」がiPadにも搭載されたあたりAppleが本気でiPadをパソコンにしようとしているのが分かる。

まだ現時点では荒削りの部分があってもiPadをここまで進化させてくれるOSを出してくれたAppleなのだから次のバージョンでもきっと優れた機能を搭載してくれるだろう。今後のiPadの進化には目が離せない。

今回は以上だ。ではまた次の記事で。