ケンボウのガジェット部屋(旧Apple大好き.com)

Appleが大好きな学生が運営するブログ。自分にしか書くことのできないものを目指して日々記事を更新中

【1年間使用レビュー】Magic Keyboardを使い続けて分かった事

f:id:kendouken76:20191104221705j:image

僕はブログを運営するにあたってiPadiPhoneを使った「完全iOS環境」で運営することにしている。

(どのように運営しているのかはこの記事を参照)

プロフェッショナルのApple製品「iPadブロガー編」 | Apple信者1億人創出計画

【2019年版】ブログ更新マシーンとしてiPadを購入するのはありなのか?iPadブロガーの生の声をお伝えします - ケンボウのガジェット部屋(旧Apple大好き.com)

その中で僕が愛用しているのが「Magic Keyboard」だ。今回は僕が愛してやまないMagic Keyboardの1年間使用レビューをお届けしようと思う。

それでは今回も行ってみよう。

 

 

 

Magic Keyboardの使用用途

現在、僕がMagic Keyboardでどんなことをしているのかというと

  • iPad Air(2019)に繋いでブログの執筆(iPad用キーボードとして使う)
  • WindowsPCに有線で繋いでの使用

この2つで使うことが多い。特にブログの更新によく使うことが多い感じ。

 

 

Magic Keyboardを1年間使って分かった事 メリット編

 

1 外出先でも快適にタイピングが出来る

iPadの横幅に合わせて一部のキーが小さくなっているSmart Keyboardとは違い、Magic Keyboardは元々Macで使用されることを想定して作られたキーボードなので打ち心地はかなり良い。

エンターキーやデリートキーの大きさも小さくなっていないし、バタフライキーボードやSmart Keyboardと比べて適度にストロークがある。最初こそ慣れるのが大変だったが慣れてしまえばほとんど力を入れずに文字を撃ち続けることが可能だ。

 

2 MacBookと同じ感覚でタイピングが出来る

先程も言った通りMagic Keyboardは元々Macで使うことを想定して作られたキーボードなので、実際にタイピングしてみてもMacと同じ感覚で作業することが可能。

しかもMac用のキーボード故にMagic Keyboardには「Commandキー」が標準装備されている。

f:id:kendouken76:20191106221158j:image

後述するがショートカットを使うときにこのCommandキーは真価を発揮する。

 

4 ショートカットが便利すぎる

最初に宣言したい。

iPadとショートカットキーを組み合わせれば作業効率は3倍に跳ね上がる

ホームに戻るときは「Command+H」ですぐにホーム画面に戻れるし、「Command+option+D」を押せばいつでもdockを呼び出すことが出来る。そして「Command+tab」でアプリを簡単に切り替えることもできる。

正直ショートカットはインターネット上を検索すればいくらでも出てくるのだが、僕が伝えたい素晴らしい点はこのCommandキー周りの配列にある。

f:id:kendouken76:20191106222043j:image

このようにショートカットでよく使う

  • Command
  • option
  • control

キーが集中しているためブラインドタッチでキーコマンドが入力しやすい。

f:id:kendouken76:20191106223153j:image

僕の場合こんな風に手を添えればCommandとoptionを同時に押せるので大抵のショートカットを使える。

 

5 バッテリー持ちが尋常じゃない

Bluetoothキーボードのデメリットとして「電池持ち」をあげられる方もいいのではないだろうか?

確かにMagic KeyboardもBluetooth接続で定期的に充電する必要があるのだが、充電する回数は他のBluetoothキーボードに比べると圧倒的に少ない。感覚的にいえば2〜3ヶ月に一度充電すれば良いぐらい。

しかも1回の充電で数ヶ月も持つほどのバッテリー持ちの良さ。もうそこまで来ると充電をいちいち気にする必要はないのではないかと思う。

 

6 iPadと一緒に持ち運びやすい

f:id:kendouken76:20191106223908j:image

僕がいつもブログで使うガジェットと一緒に持ち運んでもそこまで苦に感じることはない。むしろデザイン的な統一感があって持ち運ぶのが楽しいぐらい笑

重量的にも1kgは余裕で切っていると思うので、リュックやワンショルダーバックに入れてしまえば持ち運ぶことは難しくないだろう。

 

7 充電がLightning

f:id:kendouken76:20191106224212j:image

普段Apple製品で周りを固めているからこそLightningケーブルで給電ができるのは最高。持ち運ぶケーブルが少なくなるし、常に持ち運んでいることが多く充電用のケーブルを忘れる心配がほぼなくなるからだ。

また外出先でもLightningケーブルは入手性が非常に高いので忘れたとしても何とかなる安心感もある。

 

8 Apple製品と使うことを想定して作られた完璧なデザイン

僕の汚い文章よりもまずはこれをみて欲しい。

f:id:kendouken76:20191108000244j:image

すごく美しいとは思わないだろうか!?(完全に僕の主観)

f:id:kendouken76:20191108000413j:image

このアルミと白いキートップの相性は最高

f:id:kendouken76:20191108000445j:image

電源ボタンでさえエレガント。シンプル。

f:id:kendouken76:20191108000516j:image

Apple製品にしか許されないリンゴのロゴマークももちろんある

f:id:kendouken76:20191108000551j:image

見てほしい。この真っ直ぐ一列に並んだキーボードを。

f:id:kendouken76:20191108000632j:image

この計算され尽くした角度。MacBook Airを彷彿とさせる。

f:id:kendouken76:20191108000703j:image

iPadと一緒に使っても完璧

正直、外出先で使うときの利便性はSmart Keyboardの方が優秀だとは思うが製品の質感の高さはMagic Keyboardの方が優秀だと思う。なんだかんだでアルミ製のボディーの高級感は半端じゃない。

 

Magic Keyboardを1年間使って分かったこと デメリット編

 

1 外出先で使う時が...

先程も言った通りMagic KeyboardはSmart Keyboardのようにカバーとキーボードが一体型になっているわけではないため「カバーを広げれば使い始められる」Smart Keyboardとは違って少し準備をする必要がある。

Smart Keyboardの場合

カバーを開く→ロック解除→使える

という感じだが、Magic Keyboardは

カバーを開いてiPadを立てかける→Magic Keyboardの電源を入れる→iPadに接続する→ロック解除→使える

とキーボード本体の電源を入れるという作業が入ってくる。しかもSmart Keyboardのような簡単に使い始められるキーボードの存在を知っている以上どうしてもめんどくささを感じてしまう。

また机のような平たいところ以外の場所で作業するときの安定性が悪いのもデメリットだと思う。

 

2 タイピング音が大きい

外出先で使うときに気になってくるのがタイピング音。どうしてもファブリック仕様のキーボードに比べるとシザー構造のMagic Keyboardはタイピング音が大きい。特に電車の中などで作業をするときに少し気になる時がある。

 

3 iPad自体を立たせるスタンドが必要

Smart Keyboardとは違い、Magic KeyboardにはiPadを立たせるスタンドの機能はないのでパソコンライクに使うとなるとSmart CoverなどのiPadを立たせるスタンドが必要になってくる。

そこまで僕は面倒さを感じていないのであれだが、人によってはスタンドの用途もカバーしてくれるSmart Keyboardの方がいいのかもしれない。

 

4 スペースグレイ版がない...

これは僕が毎回言っていることだが、Magic Keyboard(テンキー無し)モデルにスペースグレイがないのは「うーん」と感じてしまう所。テンキー有り版にはあるのに何故なんだ...

正直なところテンキー有り版よりもテンキー無し版の方が需要がある気がする...でもここ最近になってMac Proの登場と一緒にスペースグレイのMagic Keyboard(テンキー無し)も発売されつのではないかという噂も立っているのでしばらくはAppleの動きを見守りたいと思う。

 

5 テカリが目立つ

f:id:kendouken76:20191109203646j:image

写真の中の「U」「I」「O」のキーを見てもらえば分かる通り、Magic Keyboardは長く使い込んでいるとどうしてもテカリが目立ってきてしまう。

僕自身はテカリをそこまで気にしていないのでここまま使い続けるが、もし気になるというのであればAmazonなんかで「キーボードカバー」なるものが売られているのでそれを買えばいいと思う。

 

今回の総括

Apple製品ユーザーなら満足できる隠れた優秀なキーボード

f:id:kendouken76:20191109203438j:image

ここ最近はminiを除く全てのiPadがSmart Keyboardに対応したというのもあって「iPadのキーボード=Smart Keyboard」というのを思いがちだが、僕はこのMagic Keyboardも同じぐらい優れたキーボードであると信じている。

打ち心地も快適そのものだし、Apple純正アクセサリーならではの圧倒的なバッテリー持ちは素晴らしいの一言。また価格も1万円と少しで買える値段なのでSmart Keyboardよりも手が出しやすいというのも魅力的なポイントだ。

もしこのレビュー記事を読んでくださった方の中にiPadで使うキーボードを検討している人がいるのであれば、Magic Keyboardを購入してみてほしい。Macと同じ感覚のは結構でかい。

今回は以上だ。ではまた次の記事で。