ケンボウのガジェット部屋(旧Apple大好き.com)

Appleが大好きな学生が運営するブログ。自分にしか書くことのできないものを目指して日々記事を更新中

ハードとソフトの未来を切り開く。Apple信者によるWWDC 2019で発表されたハード&ソフトまとめ

f:id:kendouken76:20190605131249j:image

それぞれの新バージョンのOSだけではなく「iPadOS」や「Mac Pro」などのハードが発表され、ひさびさに熱かった「WWDC 2019」。このイベントで発表されたサービスなどに可能性を感じた人もいるのではないだろうか?(僕もそのうちの1人)

今回はそんなWWDC 2019で発表された「ソフト」と「ハード」を簡単にまとめていこうと思う。

それでは今回も行ってみよう。

 

 

 

WWDC 2019で発表された「ハード」と「サービス」は?

今回のWWDCで発表されたものは以下の通り

  • iOS13
  • iPadOS
  • MacOS Catalina
  • watchOS 6
  • tvOS 6
  • 新型Mac Pro
  • Apple Pro Display XDR(Apple純正ディスプレイ)

ソフトウェアの発表だけだった昨年とは違いハード、ソフトともに沢山の気になるものを出してきた感じだった。

 

1 iOS13

f:id:kendouken76:20190605220159j:image

前作のiOS12に引き続きパフォーマンスの向上が図られているのはもちろんのこと、今回のiOS13では様々な新機能が追加されている。

中でも僕が気になったのは

  • ダークモード
  • 写真アプリの強化
  • Sign in with Apple
  • PS4Xbox Oneのコントローラーに対応

この4つの機能。

また詳しくは記事にまとめるが今回のiOSも着実に進化を遂げているのは確かだ。


本日発表!10分でわかるiOS13・新機能満載でこの秋登場!iPhoneのOSはどう変わるのか?まとめ

(現在iOS13のまとめ記事を執筆中。もし詳しく知りたければ僕がいつも見させてもらっている「 Appleが大好きなんだよ」さんの動画をチェックしてほしい)

*追記

当ブログでもiOS13のまとめ記事を書いたので、こちらにも目を通していただけると幸いだ。

kenboapplegadget.hatenablog.com

 

 

2 iPadOS

f:id:kendouken76:20190605221212j:image

こういうOSを待っていたぁぁぁぁ!!!

おそらく全iPadユーザーが歓喜に満ち溢れたのは「iPadOS」の発表だろう。いやぁ...iPadiPhoneのOSが分離されることとなるとは思いもしなかった。

このiPadOSの新機能は本当にすごい。(目玉機能が沢山ありすぎて短くまとめることが難しいぐらい)

「超」簡潔に言うと

などの今までパソコンでしかできなかったことがiPadでも可能になったのが大きな目玉。

f:id:kendouken76:20190605221716j:image

このようにウィジェットとアプリの同時表示や

f:id:kendouken76:20190605221805j:image

f:id:kendouken76:20190605221835j:image

マルチタスキング、ファイル管理などがよりパソコンに近づいたし

f:id:kendouken76:20190605221913j:image

Apple Pencilの「パレット」が動かせるようになったりと、とにかく実用的な新機能が多いiPadOS。今は早く試したいと言う気持ちでいっぱいだ。

 

3 macOS Catalina

f:id:kendouken76:20190605222319j:image

MaciPadユーザーに朗報。

ついにiPadMacのサブディスプレイとして利用可能になったぞーー!!!!

f:id:kendouken76:20190605222502j:image

以前から「Luna display」や「duet display」などのサードパーティー製のアクセサリーやアプリなどを使えばiPadのサブディスプレイ化は可能だったが追加費用などが掛かってしまっていた。その点OSレベルでサポートしてくれたおかげで誰もが「簡単に」「無料で」作業効率をアップさせたり、iPadを駅タブ化して使うことが可能になる。

その他にもiTunesアプリが分断されて「ミュージック」「ポッドキャスト」「 TVアプリ」の3つに別れたり、iPhoneを探すでMacを探すことができるようになったりと「分断」と「進化」の多いアップデートだと思う。

 

4 watchOS 6

f:id:kendouken76:20190605223029j:image

毎年「ハード」としての進化を遂げているApple Watch。もちろんOSである「watchOS」も着実に進化を遂げている。

今回の主なアップデート内容は

特にApple Watch単体でApp Storeが使用可能になったのが「ついにApple Watchもここまできたか...」と感じさせられる。


新発表!8分でまとめるwatchOS6・Apple Watch専用アプリや新文字盤が楽しみです

(丸投げレビューで申し訳ないです...)

 

5 tvOS 6

f:id:kendouken76:20190605223838j:image

どちらかというと目立つ事の少ないtvOSだが、今回のアップデートで様々な改良点が施された。

今回のtvOSではApple Musicがサポートされた他、家族で使うことを想定した「マルチユーザーログイン」に対応。さらにはApple Arcadeへの布石として「DHUALSHOK 4」と「Xbox One Sコントローラー」を使うことができるようになった。(ここからAppleがゲーム事業に本気なのが目に見える)

ちなみに今回tvOSに対応した2つのコントローラーは「iOS13」と「iPadOS」でも使用可能なので、慣れ親しんだコントローラーでゲームをプレイして見るのもありかも...

 

6 新型Mac Pro

f:id:kendouken76:20190605224533j:image

2013年から全く動きがなかった「Mac Pro」が遂にアップデート。

前回のモデルの最大の欠点であった「カスタマイズ性」を犠牲にしないデザインはさすがと言えるが、最大28コアのXeonプロセッサーに1.5TBものメモリが使えるのはもはや理解不能

f:id:kendouken76:20190605224804j:image

(アルミ製のカバーを取ればカスタマイズが可能)

f:id:kendouken76:20190605224854j:image

また本体代金だけで60万円から、さらにあとで紹介する純正ディスプレイと合わせて買うと最低でも総額「100万円コース」は避けられない鬼畜さ。

マシーン自体はとてもカッコよく魅力的なのは間違いないが、こんなものをマジで買えるのはHIKAKINさんぐらいしか思いつかない笑

 

7  Pro Display XDR

f:id:kendouken76:20190606194456j:image

新型Mac Proの発表に合わせてAppleから久しぶりの純正ディスプレイも同時発表。

前作の純正ディスプレイの発売から長らく時間が経っていることもあり解像度は2Kから6Kへ一気にパワーアップし、Thunderbolt3での映像入力縦画面(ポートレートモード)に対応している。

ただ販売価格は4999$(およそ54万円)から。しかも写真のようなスタイルで使おうと思うと別途「Proスタンド」(999$ およそ11万円)を購入しなければならず、総額でおよそ65万円も払わなくてはいけない...

久々の純正ディスプレイだったので面白そうと思って見ていたが、思わず

高ぇーよ!!!

と言わずにはいられない価格設定には驚いた。

 

今回の総括

これが「WWDC」だ!!

昨年僕は失意に満ち溢れていた。例年いつも盛り上がるWWDCの内容がOSのアップデートだけで噂されていたiPhoneSE2の発表もなかったからだ。しかし今回のWWDCは昨年のがっかり感を全部払拭してくれる最高のイベントとなった。

iPadOSでiPadの未来が見えたし、iPadをサブディスプレイ化できる「macOSCatalina」のリリースが待ちどうしくてたまらない。

あぁ...今年の秋は本当に「OS祭り」になりそうだ!!!!!

皆さんは今回のWWDCはどうだっただろうか?ぜひTwitterのリプや当ブログのコメント欄で教えて欲しい。

今回は以上だ。ではまた次の記事で。