ケンボウのガジェット部屋(旧Apple大好き.com)

Appleが大好きな学生が運営するブログ。自分にしか書くことのできないものを目指して日々記事を更新中

どっちも使ってきたから教えます。Apple信者が「ヘッドホン」と「イヤホン」はどっちがいいのか考えてみた

f:id:kendouken76:20190210110445j:image

普段僕はMDR-1000XとAirPodsを使っていてどちらも生活に欠かせないものなのだが、世の中僕みたいにどっちも買う人なんて少ないと思ったので、どちらか一つに絞るとしたらどっちがオススメか考えてみることにした。少しでも迷っている方の参考になったら幸いだ。

それでは今回も行ってみよう。

 

 

 

僕が使っているヘッドホンとイヤホン

冒頭でも述べた通り僕が普段使っているヘッドホンは「SONY MDR-1000X」

イヤホンは「AirPods」をメインに使っている。

Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

 

あと有線イヤホンとして「ur Beats3」を持っている。

今回はこれらのイヤホンとヘッドホンを使い分けている中で感じたことを書き、最後に結論として「どっちをオススメしたいか?」を書いて終わろうと思う。

 

イヤホンの優れているポイント

f:id:kendouken76:20190211112544j:image

 

1 付けている感じがしない

特にAirPodsのようなワイヤレスイヤホンに言えることなのだが、イヤホンはヘッドホンを比べて付けている時の装着感がほとんどない。

AirPodsの場合は本体自体がすごく小さいので、付けているうちに耳に一体化してきているような感覚に襲われることがしばしばある(笑)

f:id:kendouken76:20190211112827j:image

それでいて割と高いイヤホンなどはヘッドホンには劣るとはいえ、普通に音楽を聴く分には音質が悪いと感じる事はないのも素晴らしい。

 

2 ポケットに入る安心感。圧倒的な機動力の高さ。

ヘッドホンでは絶対にできない事だがイヤホンはその小ささ故ポケットなど小さい場所に入れて簡単に持ち運ぶことが出来る。

どうしてもヘッドホンは遮音性などが高い分イヤホンに比べて筐体が大きく、持ち運ぶ際はそれなりのバックに入れて持ち運ぶ必要がある。これが少し遠くに行く時だったら大きなバックを使うので大した問題にはならないのだが、隣町で買い物をする程度の外出の場合大きなバックを持って行く必要はないし、持って行くこともめんどくさい。

その点イヤホンは非常に優秀で、AirPodsの場合右ポケットにiPhone、左ポケットにAirPodsを入れておくだけであらゆる局面に対応することが出来る。しかもヘッドホンのように持ち運ぶことを躊躇うこともない。何故ならポケットに入れるだけでOKだからだ。

持ち運びに関しては間違いなくイヤホンの方が優秀だろう。

 

3 メガネを付けていても全く痛くならない

メガネユーザーさんは必見! メガネ使いのApple信者がAirPodsを勧める3つの理由 - ケンボウのガジェット部屋(旧Apple大好き.com)

以前書いた記事にまとめたことがあるのだが、イヤホンはヘッドホンのように耳の上から覆う形ではないのでメガネを使っていても耳が痛くなる事はない。

特にAirPodsはコードが無いので、ブログを書いている最中も垂れ下がるコードを気にする事なく快適にブログ更新ができる。

 

ヘッドホンの優れているポイント

f:id:kendouken76:20190211151917j:image

 

1 原曲を忠実に再現する「超」高音質

僕はヘッドホンの一番のメリットは原曲を忠実に再現する「超」高音質だと思っている。

イヤホンに比べて耳全体を覆うヘッドホンは、音の臨場感や立体感が半端じゃ無い。MDR-1000Xクラスのヘッドホンになってくるとノイズキャンセリング機能などが付いてくるのでより音楽を高音質で聞く事が可能だ。

 

2 パーソナルスペースをどこでも作れる

これはMDR-1000Xなどのノイズキャンセリング機能つきヘッドホンで享受できるメリットなのだが、ヘッドホンを付けることによって外出先で自分のパーソナルスペースを作る事が出来る。

どうしても外出先では他の人の話し声や、外の雑音が入るので集中できる空間(パーソナルスペース)を作る事は難しい。ただヘッドホンを使えば物理的にパーソナルスペースを作る事はできないが、ノイズキャンセリング機能により体感的に自分のパーソナルスペースを作る事が可能。

基本家でしか集中できない僕にとって、外出先で気軽に集中できる環境を作れるのは作業効率化の面から見ても非常に助かる。

 

3 ファッションアイテムとして取り入れやすい

さいきんはイヤホンでもおしゃれなものが増えてきているのだが、やはり見た目のインパクトはヘッドホンの方が上だ。

MacBookと同様オシャレなヘッドホンは首にかけているだけでもかっこいいし、使っている時もApple製品とよく似合う。 Beatsのヘッドホンなどが「オシャレなヘッドホン」のまさにそれだろう。

 

結論どっちが良いのか

まずは結論から

一台しか買わないのであればイヤホンの方がオススメだ。

たしかに音質面ではヘッドホンに劣ってしまうのだが、それ以上に機動力の高さや付け心地の良さの方が音質の良さ以上に快適に感じるメリットだろう。

AirPodsを全力で推したいのだが、もしあなたが一台だけで全て済ませたいのであれば、耳栓タイプのワイヤレスイヤホンがオススメ。

AirPodsはあの形のせいで遮音性の低い。正直一台だけで使って行くのは少々荷が重い。その点遮音性の高い耳栓タイプのイヤホンは、外の雑音をある程度カットしてくれるのでどんな場所でも使う事が出来るだろう。

 

今回の総括

互いの欠点を補いながら使うのが一番

今回の記事では「どちらか一台を使うなら」というテーマで最後はイヤホンをオススメしたわけだが、僕自身はヘッドホンも使うのがベストだと思っている。

必要ないと考える人もいるかもしれないが、どうしてもイヤホンにも欠点があるし当然ヘッドホンにも欠点が存在する。一台だけで全てをまかなえる製品はそう多くない。

互いに最大のパフォーマンスを引き出すためにも、イヤホンとヘッドホンの二台使いがベストだと思う。まぁ世の中オーディオ機器にお金を使う人なんてそこまでいないのだが....

今回は以上だ。ではまた次の記事で。