ケンボウのガジェット部屋(旧Apple大好き.com)

Appleが大好きな学生が運営するブログ。自分にしか書くことのできないものを目指して日々記事を更新中

実は気になっています。SONY WF-1000X M3新機能まとめ

f:id:kendouken76:20190707104801j:image

AirPodsを持っている僕にとって他社の完全ワイヤレスイヤホンはそこまで関心がないのだが、ある事件がきっかけでSONYの最新型ノイスキャンセリング機能搭載のイヤホンがマジで気になっている。

今回はそんなマイブームを起こしている「SONY WF-1000X M3」というイヤホンの新機能まとめと僕が何故このイヤホンがきになっているのかを記事にまとめたいと思う。

それでは今回も行ってみよう。

 

 

 

このイヤホンが気になった理由

もう理由はシンプル。AirPodsがぶっ壊れてしまったから。

まぁ外部からの給電をすれば使えないことはないのだが、それでは完全ワイヤレスイヤホンの長所を全殺しすることになるため、新しい完全ワイヤレスイヤホンを探すことにした。

現在僕の使っているヘッドホンがSONYのフラッグシップモデルである「MDR-1000X」なので、同じフラッグシップ機の最新作であるこのイヤホンが気になった訳だ。

 

WF-1000X M3新機能まとめ

 

1 ノイズキャンセリング性能の強化

今回のWF-1000X M3の一番の魅力であるノイズキャンセリング性能は、同じくSONYのフラッグシップ機であるWH-1000X M3とほぼ同等のレベルだとのこと。

流石にイヤホンなのでヘッドホンと同じぐらいにはいかないものの、先代モデルと比べると格段に進化しているのは確かだろう。

しかもノイズキャンセリングだけではなく、周りの状況をさっと知りたい時に有効なアンビエントサウンドモードも搭載しているので、使い勝手は抜群といえる。


【先行レビュー】ソニー WF-1000XM3:完全新型! 完全ワイヤレスイヤホン!

(今のところGizmodoさんのレビュー動画が一番分かりやすいので、参照してほしい)

 

2 駆動時間の向上

先代のWF-1000Xは連続再生時間が3時間しかなかったためAirPodsをそのまま買ったが、今回のM3では連続6時間再生までパワーアップ。

しかも付属のケースとの組み合わせで24時間バッテリーが持つ他、10分の充電で90分間使用可能になる「急速充電」も搭載。

外で使う機会が多いと思うイヤホンだからこそ、このバッテリー駆動時間の向上はメリットしかない。

 

3 遅延の軽減


【音】Sonyの完全ワイヤレスイヤホン!WF-1000Xを使った実際の感想と特徴をお話しします!


【音】24000円のSony「WF-1000X」と5000円のZNT「Air Fits」を個人的に採点してみた!

UZUさんの動画の中で触れられている通り、先代モデルではとにかく音の遅延が酷かった。

というのも先代モデルは右のイヤホンを親機としてスマートフォンから右のイヤホン、右のイヤホンから左のイヤホンと通信を行うのでどうしても遅延が起こってしまう。

しかし!WF-1000X M3では左右それぞれのイヤホンがスマートフォンと通信を行うため遅延は以前のモデルよりも大幅に抑えられている。

f:id:kendouken76:20190707212250j:image

WF-1000XM3 | ヘッドホン | ソニーより)

いやぁ...ほんと先代モデルからの進化がすごいなぁ...

 

4 DHEE HXを初搭載!

詳しいことは抜きにしてこの機能について説明すると

スマホで聴く音楽の音質を良くしてくれる機能

だと思ってもらって構わない。

とにかく音に関しては素人の僕でも分かるぐらい音質が良くなっているのが分かる。具体的にはボーカルの裏の方でなっている楽器の音が聞き取りやすくなったり、音自体がすごくクリアになった気がする(あくまでも僕の主観)

そんな便利な機能がこのサイズのイヤホンに搭載されたこと自体が驚きでしかない。

 

5 タッチパッドを搭載

なんとこのサイズのイヤホンでヘッドホンの1000Xシリーズと同じくタッチパッドでの操作が可能になった。

例えば

  • タップで曲の再生、一時停止
  • ダブルタップで曲送り

というのがSONY純正のアプリで簡単に割り当てをする事ができる。正直ジェスチャー操作に関してはAirPodsよりも上をいっていると思う。

 

AirPodsからの乗り換えるの?

もうここまでの完成度が高い製品なのであればAirPodsから乗り換えもあり

だと思っている。

唯一Apple製品とのシームレスな連携機能が使えなくなってしまうが、それ以外の機能(装着制御機能、タップでの操作)はWF-1000X M3でも使えるし、むしろノイズキャンセリング機能が搭載されている分AirPodsを超えている部分もあるぐらいだ。本当にお金さえあれば乗り換えたい...

 

今回の総括

先代モデルの欠点を解決し、魅力的な製品に仕上げたSONYの完全ワイヤレスイヤホンの完全形

今回のWF-1000X M3はMDR-1000Xと同じく、心の底から「欲しい」と感じた魅力的な製品だ。

とりあえずこのサイズでノイズキャンセリング機能や、DHEE-HXなどヘッドホンにしか搭載せれてこなかった機能がイヤホンにも搭載された事がなによりも大きい。

ただ現在はMacも欲しいと考えているため、発売されてからすぐにレビューするのは無理かもしれない。あぁ...この夏は散財祭りになりそうだ笑

今回は以上だ。ではまた次の記事で。