ケンボウのガジェット部屋(旧Apple大好き.com)

Appleが大好きな学生が運営するブログ。自分にしか書くことのできないものを目指して日々記事を更新中

【レビュー記事】完全乗り換えは断念。モバイル3種の神器システム(スマホ、イヤホン、スマートウォッチ)をiOSからAndroidへ切り替えて分かったこと

以前Google初のスマートウォッチであるPixel Watchをレビューしたわけだが、今回はある意味まとめとも言える「Androidエコシステム全体」のレビューをお届け。
まぁ結論を先に言っておくと今回完全乗り換えは断念した。Apple強すぎ。

 

 

 

まずは結論

冒頭で書いた通り現時点での完全乗り換えは断念という結果になった

その詳しい理由については後述していくが、一つ言えるのは長年エコシステムの強化に取り組んできたiOSApple)の包囲網が強すぎるということ。ユーザー体験がかなり洗練されたものになっていて、ここ最近エコシステム化を始めたばかりのAndroidは同じレベルでの戦いができないと言った感じだ。

とはいえ「全く使えなかったか?」と言われると決してそうではなかった。Androidのエコシステムは今後の発展に期待したい。

 

初めに。今回エコシステムを切り替えたきっかけ

と結論をお話ししたところで「そもそもエコシステムを切り替えようと思ったきっかけ」についてお話しさせていただきたい。

(と言ってもかなりシンプルなのだが)

 

1 メインスマホの切り替え

絶賛愛用中のPixel7

最大の理由はこれ。メインスマホiPhoneiOS)からPixel(Android)へ切り替えたから。

これによりApple WatchAirPods Proを連携させることが不可能になったので、根本的に乗り換えざるを得ない状況になってしまった。

 

2 Pixel Watchを購入したから

新たなメイン機であるPixel7でも使えるスマートウォッチとしてPixel Watchを購入したのもエコシステムを乗り換えるきっかけとなった理由の一つ。

ストアクレジットやクーポンの適用を使ってかなり安く買えたとはいえ、買った以上はガッツリ使い込まないと勿体無い()

 

3 Apple製品以外のエコシステムが気になったから

これは完全にガジェオタとしての興味関心。

長らくApple製品の連携機能にどっぷり使っていると「Apple以外のガジェットってどんな風に連携出来るんだろう?」と興味が湧いてくるもの。(悪くいうとAppleの連携機能に飽き始めているということ)

近年はGoogleを中心にAndroidでも連携機能が重要視されつつあるため、いい機会だと思い乗り換えるに至った。

 

乗り換え先のデバイスはこちら

そんなわけで半分好奇心で乗り換えを決意したわけだが、乗り換え先のデバイスはそれぞれこんな感じ

 

スマホ Pixel7

kenboapplegadget.hatenablog.com

言わずもがな。スマホはもちろん今も愛用しているGoogle最新機種であるPixel7

 

スマートウォッチ Pixel Watch

kenboapplegadget.hatenablog.com

まぁ、これも先ほどお伝えした通り。というか現状Apple Watchから乗り換えられそうなAndroid対応スマートウォッチの選択肢がほぼこれしかない()

 

イヤホン Sony WF-1000XM4

まさかの再購入

そしてイヤホンは...SONYのWF-1000M4だ。実は売却した後、なんだかんだで再購入に至った(売却までの経緯は以下の記事を参照)

kenboapplegadget.hatenablog.com

書い直した理由については別途記事にてまとめる理由だが、簡潔に話してしまうと「イヤーピースの交換」で付け心地が大幅に改善する事がわかったので新しいイヤーピースと一緒に購入し直した。

 

モバイル3種の神器システムをiOSからAndroidへ切り替えて分かったこと

さて、それではいよいよ「実際乗り換えてみてどうだったのか」について語っていこうと思う。

まぁ結論は冒頭でもお話しした通り、完全乗り換えは失敗するのだが()

 

基本的な3つのデバイスの連携は可能

まず根本的な連携機能である

  • スマートウォッチとスマホ間でのシームレスなイヤホンの切り替え
  • スマホの通知をスマートウォッチで受け取る(場合によっては返信も行う)

はほぼ問題なく行える(当たり前なのだが)

Google純正イヤホンでなくても「FastPair」対応製品であればAndroid標準のアプリでバッテリー残量等のチェックが可能

他にもスマホの着信をイヤホン上で読み上げてスマートウォッチ上で対応したり、イヤホンの状態をシステム上で確認するなど、一通りのことはAndroidのエコシステムでも問題なく出来る印象だった。

 

ただiOSのそれと比べると「出来ることの質と量」がまだまだ

ただし、まだまだiOSレベルかとは言えないのが現状。

まぁAndroidのエコシステムは近年強化され始めた部分でもあるため完成度が低いのは仕方がないと思うが、iOSの「全デバイスが一体になって機能する」という感覚が少ない気がする。

良くも悪くも「個」が目立っていて、一つのシステムとしては未熟だなと感じる...

 

Googleはスマートウォッチの強化をもっとするべき

中でもスマートウォッチとスマホの連携はiPhoneApple Watchのそれに及んでいないので、GoogleはPixel Watchを中心に連携の強化を図るべきだしPixel Watchに限って言えば

  • バッテリー持ち
  • 各種機能

をもっと充実させてiOSのエコシステムに匹敵するレベルまで完成度を昇華してほしい。

というのも今回乗り換えを断念した最大の理由が「Pixel WatchとPixel7の組み合わせがイマイチだったから」。詳しくはPixel Watchの使用感レビューにてお話しする。

 

今回の総括

個々のプレイヤーは超優秀。ただし連携力はイマイチ

語弊がないようお伝えしておくと今回の検証で使用したデバイス単体のスペックはどれも超優秀。

例えばPixel7は昨年モデルの良さを継承しつつバグや不安定さをなくした安定感抜群のハイエンドスマホだし、WF-1000XM4は最強のノイキャンと音質をAirPods Proレベルのサイズ感で実現している全部入り完全ワイヤレスイヤホン。現状完成度が今ひとつのPixel Watchも「Apple Watchに対抗した初代モデル」としてみればかなりいい線を言っているスマートウォッチだ。

そう。個々のプレイヤーは超優秀。だが連携力はエコシステムの未熟さ故にブラッシュアップするべき点が多い...

Pixelに限って言えば、まずはPixel Watchをハードウェアとソフトウェアの側面から強化しつつ、連携機能を拡充していく必要があると思う。やっぱり今後の進化に期待したいエコシステムかなぁ...