ケンボウのガジェット部屋(旧Apple大好き.com)

Appleが大好きな学生が運営するブログ。自分にしか書くことのできないものを目指して日々記事を更新中

【解説記事】12000円の価値は正直薄い。僕が2022年の今iPhone14ではなくiPhone13の購入をオススメする理由

発表会から数日、昨日からApple Storeを始めとした家電量販店等でも販売が始まったiPhone14シリーズ。
今回はおそらく多くの人が購入を検討するであろうiPhone14と昨年のスタンダードモデルであるiPhone13を比較して「どちらが買いなのか?」について僕なりにまとめていこうと思う。
それでは今回も行ってみよう。

 

 

 

まずは結論

タイトルにもある通り僕はiPhone13の方がオススメだと思っている。

理由は単純。

iPhone13と比較してiPhone14に機能面での優位性を感じられないからだ。

今回のiPhone14とiPhone13では12000円の価格差があるが、正直この金額に見合うほどの差はないと言ってもいい。本当に。

とはいえこのままでは何の根拠もないので、とりあえず前知識として13と14の違いについて軽くおさらいしていく。

 

iPhone13とiPhone14の違い

より詳しい進化ポイントはこの記事に載っている情報を参照していただきたい。

kenboapplegadget.hatenablog.com

さて、iPhone13とiPhone14の違いだが...

  • カメラ
  • 衝突事故検出機能の追加
  • バッテリー持ちの改善

のみで

ぶっちゃけ殆ど同じ

と言えるレベル。一見すると進化しているように見えるのだが...

 

カメラはセンサーサイズが大きくなっただけ

ここ最近のiPhoneで定番の進化ポイントとなっているカメラはメインのレンズ(広角レンズ)がiPhone13 Proと同等のセンサーサイズに進化した以外は13と全く同じ。

実際Apple公式の比較ページを見てみても殆どの項目がiPhone13と同じであることがお分かりいただけるはずだ(右の項目が13、左の項目が14)

厳密には

  • Photonic Engine
  • アクションモード(より強力な手ぶれ補正)
  • シネマティックモードが4Kでも使用可能になった

点で13よりも進化はしているのだが「だから何?」というレベルの話。そもそもこのモデルを買う一般ユーザーがこんなマニアックな機能を使うとは考えられないので、物好きでもない限りiPhone13とiPhone14のカメラ性能は一緒と言って差し支えないだろう。

 

衝突事故検出機能は...

続いて衝突事故検出機能について。

今回のiPhone14ではシリーズ全体で新しい加速度センサーの採用による「衝突事故検出機能」と呼ばれるものが使用可能になった。

これはiPhoneを所持中、万が一事故に遭った時はiPhoneが自動で救急機関に連絡してくれるありがたい機能なのだが

実はこれiPhone14を買わなくても使える機能だったりする

今回のiPhoneに搭載された加速度センサーは同時に発表された2022年モデルのApple Watchに搭載されているものと同じ

何故ならiPhone14で採用されたセンサーと同じものが2022年に発売されたApple Watchの全モデルで搭載されているから。

故にこれも素晴らしい機能ではあるもの、他の製品を買えば使えることを考えると微妙だと言える...

 

バッテリー持ちの改善は軽微(最大1時間)

今回のiPhone14ではiPhone13と比較してバッテリー持ちが1時間向上した。が、よくよく考えてみてほしい。「改善したとて1時間である」ということを。

ぶっちゃけこの程度の改善はiPhoneを買い換えなくとも急速充電対応モバイルバッテリーを買えば1時間以上バッテリー駆動時間を伸ばすことができるので、12000円の価格差に見合っているとは言えない。

 

iPhone14とiPhone13の違いは皆無

ここまで読んでいただければ分かる通り、iPhone14とiPhone13のスペック差は皆無というに等しいレベル。「焼き増しかよ!?」と言っても良いぐらい体感出来る違いが無い。

  • SoCも同じ(厳密にはGPU1コア分の違いはあるが、使用感への影響は皆無)
  • カメラもほぼ同じ
  • 唯一の新機能はApple Watchでも使える(しかもそちらの方が安い)

な上に価格差は12000円となれば最新モデルへのこだわりでもない限り、買う必要性が浮かんでこない。いやほんとに。

それなら12000円で

  • 急速充電器
  • ワイヤレスイヤホン
  • モバイルバッテリー

等の周辺機器を揃えた方が絶対iPhoneが便利に使えるようになると思う。

結局のところ僕がiPhone13の購入を進める理由はこれ。何度も言うが

ほとんどの人にとってiPhone14とiPhone13の価格差を埋めるだけの価値はない。

 

今回の総括

2022年現在もiPhone13の購入は全然アリ。むしろこれで十分。

今年のスタンダードモデルが昨年モデルと比べて進化点が皆無だった以上、僕は今年もiPhone13をオススメしていくつもりだ。

まぁ、それほどまでにiPhoneが成熟してきたと言うことなのだが、一人のガジェオタとして毎年の進化が乏しくなるのは寂しい...

今回は以上だ。ではまた次の記事で。