ケンボウのガジェット部屋(旧Apple大好き.com)

Appleが大好きな学生が運営するブログ。自分にしか書くことのできないものを目指して日々記事を更新中

【Apple Watchを買え】それってそんなに不満ですか?iPhone13に不満を抱いている方へ学生Apple信者が伝えたいこと

f:id:kendouken76:20210917230124j:plain

ついにiPhone13が発表されたが、Twitterを見ているとチラホラ不満の声が...
今回はその中でも特に多かった「Face IDの続投」と「Type-C端子非搭載」についてApple信者である僕が思うことをぶっちゃけて記事にまとめさせていただこうと思う。
それでは今回も行ってみよう。

 

 

 

Face IDとType-C。これは長きにわたる戦いの歴史

ここ最近iPhoneがアップデートされる度に言われる

  • なんでFace IDなんだ!
  • なんでLightning続投なんだ(iPhoneだけだよ!)

この2つの問題。実はこれ4年ぐらい前からずーーーーーーっと同じようなことが出てくる。

Face IDはiPhoneXが登場した時点で「マスク付きだと認証できない」と言われていた所にコロナ禍によるマスク着用のエチケット化がきて大きく言われるようになったし、Lightning端子に関してはType-C端子がほぼ全てのガジェットに普及した2018年頃から「 Lightning端子に親でも殺されたのか?」というレベルで訴える人が多くなってきた。

おそらくここ最近になって声が大きくなってきたのは

  • 今年のiPhoneはTouch IDがつくぞ!!!
  • ついに次世代モデルでは Lightningを廃止してType-Cに切り替えか!?

という煽り記事に加え、昨年と今年でiPad向けに電源ボタン統合型Touch IDを搭載してしまったことによる「なんでiPhoneはやらないんだよ!!」という不満からきているものだと思うのだが、ちょっと待ってほしい。AppleがiPhone13でもこれらの点を改善しないのには列記とした理由がある。

 

Lightningは金のなる木

f:id:kendouken76:20210824151247j:plain

とはいえ僕自身もなくなって欲しいと思っているのが正直なところ

まずLightning端子に関してはiPhoneと同じくらい金を生み出す木となっているのが大きな要因だと言われている(Appleが Lightningアクセサリー等で得た収入を公表していないので具体的なデータが出せない...)

アップルの「MFi」認証、“安全性”だけではない意外なメリットとは? - PHILE WEBより引用

それがこの「MFi認証」と呼ばれるプログラム。ANKERをはじめとする有名なApple以外のメーカー向けのこの規格は

  1. サードパーティーが Lightning向けのアクセサリーを作る
  2. AppleにMFi認証の許可を申請
  3. Apple側から認められるとある一定額を支払わなければならない

という仕組みでメーカー側はOSのアップデートに関係なく安心して使えるアクセサリーを提供できる反面、Appleは他社が Lightning向けのアクセサリーを発売すればするほどお金が入ってくるという大きなメリットを享受することができてしまう。

そしてご存知の通りiPhoneは世界中でかなりの数を売り捌いている。しかも新モデルだけではなく旧モデルを使っているユーザーの中にも「ケーブルが古くなったから買い足す」パターンもあるのが現状。もしこれがType-Cに切り替わった場合、Appleは現在得ているこれらの収入源を大幅に失うことになるのでデメリットしかないのだ。

おそらく近年iPhone以外の製品(iPadMac)がType-Cに切り替わったのにiPhoneがそうならないのはこれが原因。言い方を悪くすれば「売れているiPhoneはLightning続投でお金を稼ぎたい!」ということなのだろう...

 

Face ID問題は解決策が実装済

f:id:kendouken76:20210920185234j:plain

言わずもがなこれ。皆さん大好きApple Watch

続いてFace ID問題だがこれに関しては今年の初めにあったアップデートで「Apple Watchでロック解除」という機能が実装され、マスクをつけた状態でのスムーズな認証が可能になった。ご察しの通りタイトルの「Apple Watchを買え」もこの機能が既に実装されていて、めちゃくちゃ便利に使えるところからきている。


www.youtube.com


www.youtube.com

確かにApple Watchでのロック解除機能がない時のFace IDとマスクの組み合わせはただただ不便でしかなかったのだが、今は3万円を出せば(とはいえ高いのは十分理解している)この利便性が享受できる。なんならApple Watchを購入することで

  • 重要通知を確実に受け取れる
  • 音楽を手元でコントロールする
  • 健康を気にする機会が増える

というメリットをたくさん受け取れるので、別にFace ID問題の改善がメインでないとしてもApple Watchを購入する意味はあると思う。

 

そもそも Appleは一度廃止したものは復活させない

  • iPhoneのイヤホンジャック
  • MacBookの拡張性(Type-AのUSB端子、SDカードスロットなどの廃止)
  • Touch ID

これらはAppleが過去に廃止して現在なお復活していない機能だ。

iPhoneのイヤホンジャックはiPhone7以降復活の兆しは無し。MacBookもいまだに全モデルでType-Cオンリーの拡張性。Touch IDはiPhone SE(2020)で限定的に復活を果たしたものの、ナンバリングモデル(X、XS、11、12、13)では一切搭載されていないのが現実。

しかし一部例外を除いてほとんどの場合は

  • 環境が改善される(ワイヤレスイヤホンの普及、Type-Cの普及)
  • そのことが「当たり前」になる

等でストレスを感じる場面は減る。結局は慣れるのだ。

で、話を戻すとLightningは別にしてもFace ID問題については既に解決策が出ているし、これらの前例からも今後Touch IDが復活することは限りなくゼロに近い。リーク情報で復活するかもという声はあるが、大抵は煽り情報でぶっちゃけた話「待つだけ無駄」。

そうなった時あなたは復活するかもわからない機能のためにあと1年も時間を浪費することが勿体ないと感じないだろうか?

それなら現状このストレスを解消するためのデバイスに3万円を使った方が遥かに効率的ではないだろうか?

確かに「快適なロック解除をするのに3万円も使わなくちゃいけないのはおかしいだろ!」というのも分かる。余計な出費が嵩むことが普通の人にとってあまり好意的に受け取られないのも重々理解している。ただそれ以上に「失う時間とストレスが多くて文句を言うなら、多少お金を積んででも解決した方が良くない?」というのが僕が一番伝えたいこと。

先述の通りFace ID問題はApple Watchの購入で解決(する以上に生活自体の質が上がる)可能。価格も3万円かかるとはいえそれはiPhoneに使う予算を分配することで(Proモデルを買うお金でノーマルiPhoneApple Watchを買うなど)十分生み出せる金額だ。

Lightning問題は根本的な解決にはならないものの、ワイヤレス充電器を使うことで擬似的にType-Cでの充電が可能になる。しかもワイヤレス充電器なんて有名メーカー製でも2000円もあれば Lightningケーブルを刺す煩わしさから解放される。たった2000円でだ。

少なくとも文句を言ってストレスを抱えまくるよりも生活の質は上がるし、無駄なところに意識を向けずに済むだけでも「時間を費やす」ことよりは有意義なのではないだろうか?

 

どうしてもTouch IDがいいならiPhone SEの現行モデルもしくは次期モデルを購入するべき

ここまで解説させてもらってもなお「俺はTouch IDがいいんだ!!!!!」と言う方はiPhone SEを狙うのがオススメ。理由は単純でエントリーモデルであるSEには高コストなFace IDが採用しにくいから。

今のところ現行モデルにはTouch IDが搭載されているし、現在噂されている次期モデルに関するリーク情報でもiPhone XRのボディーにiPad Air型のTouch IDが搭載されるというものが殆ど。

ただし、後者に関しては時間の浪費になる可能性が高くオススメはしない。やるなら現行モデルの購入(もしくは指紋認証搭載のAndroidスマホの購入)が現実的になる。

 

追記

この記事を書いた後Twitterのフォロワーさんから面白い意見をいただいたので引用させていただきたい。

Apple Watchを腕にしながらできる仕事じゃないし、コロナじゃなくてもマスクしてるし、Touch IDの方が都合がいいんだよね。

だからiPhone SE2を使っているけど、せめて、Apple Watchが1メートル以内にあったら(腕につけてなくても)Face ID自動ロック解除ってなって欲しい

なるほど...ちなみにこのかたは医療従事者の方で普段はApple Watchをぶら下げて携帯しているのとこと。

いくらApple Watchでのロック解除ができるとはいえ、出来れば本体にTouch IDを搭載しまえば済む問題なのも事実。ただ先ほどの書いたようにAppleがハイエンドモデルでTouch IDを復活させる可能性は低いし...こういう方には今後のiPhone選びが難しくなりそうだ。

 

今回の総括

不満や文句を言うのは全然OK。ただそれらを解決できる手段があるなら積極的に利用するべき。

個人的には文句を言うのはその製品の悪い点を改善するために必要だと思うのだが、やはり何かしらの方法でその問題が解決されているなら多少お金を払っても解決してしまった方がいい。先ほども言った通り、自分から何も行動しないとリーク情報などに期待しすぎて時間を浪費してしまうからだ。

ちなみに僕はこの2つの問題に対して

  • ワイヤレス充電器の購入
  • Apple Watchの購入

で対策済み。(実際に購入したのが下記の商品)

kenboapplegadget.hatenablog.com

とはいえ流石に殆どの人はガジェットに3万円をポッと出せないと思うので、まずはこういう記事から「こういう解決手段があるんだ〜」と知ってもらって「不満を解決するために自分から動く」きっかけにしていただければ幸いだ。