ケンボウのガジェット部屋(旧Apple大好き.com)

Appleが大好きな学生が運営するブログ。自分にしか書くことのできないものを目指して日々記事を更新中

【まとめ記事】学生Apple信者による9月のApple Event(2021)で発表された4つの新製品まとめ

f:id:kendouken76:20210915035251j:plain

つい先ほどAppleの新製品は発表会が終了した。
今回はそんな新製品発表会で発表されたApple製品達について簡単に記事でまとめていこうと思う。
それでは今回も行ってみよう。

 

 

 

今回発表された新製品


www.youtube.com

(実際のイベント映像はこちら)

今回のイベントで発表された製品は以下の4つ

  • iPad(第9世代)
  • iPad mini(第6世代)
  • iPhone13、13 mini
  • iPhone13Pro、Pro Max

事前に噂されていたAirPods(第3世代)の発表やMac関係の発表はなしで次回のイベントにお預けという形となった。

 

学生Apple信者による9月のApple Event(2021)で発表された4つの新製品まとめ

 

1 iPad(第9世代)

f:id:kendouken76:20210915070626j:plain

当ブログでもコスパ最強モデルとしてオススメしまくっていた無印iPadがまさかのアップデート。

とはいえその実態はSoCのスペックアップ(A12→A13)とインカメラの性能向上(超広角対応、画質向上)という順当そのもののアップデートで価格は5000円アップ。進化点を考えれば妥当な価格アップだ。(ちなみに最小構成モデルは32GBが廃止され64GBスタートとなっている)

ただし、相変わらずのコスパの良さで(8万円のスマホと同じスペックで4万円は安すぎ)入門機としては間違いなく最強モデルなので今後も引き続き無印iPadを当ブログではオススメしていきたいと思う。

 

2 iPad mini(第6世代)

f:id:kendouken76:20210915071333j:plain

発売から2年。昨年のiPad Air(2020)と同じくiPad mini

  • ホームボタン廃止(iPad Airと同じくTouch IDは電源ボタン統合型へ)
  • ベゼルレスデザインへ変更
  • A15 Bionic搭載(iPhone13 Proとスペックは同じ)
  • イン、アウトカメラ共に向上(アウトカメラはiPad Airと同じ12MPに)
  • USB-C採用(iPhoneだけだよ!!!!)
  • Apple Pencil(第2世代)に対応
  • 5G対応(Cellularモデルのみ)
  • Wi-Fi6対応

と大幅アップデート。特にデザインの刷新によるApple Pencil(第2世代)対応とType-C対応が1番大きな変更点なのではないだろうか?

この後紹介するがiPhone13がマイナーアップデートだった分、個人的にはイベント内で1番興奮したのがこのiPad miniだったりする笑

価格に関しては今までの45800円に14000円アップする形で59800円から(Wi-Fiモデル)でiPad Air(2020)に迫る値段設定に。まぁ、iPad miniに関してはこのサイズ感が好きで購入する人がほとんどだし、スペックを考えれば十分お買い得なのでそんなにバカ高いとは思わない。(バカ高いと思う人には無印iPadがオススメ)

 

3 Apple Watch Series7

f:id:kendouken76:20210915072248j:plain

噂通りApple Watch Series7も登場。しかしリーク情報とは違い大幅なデザイン変更はなく、ハードウェア面では

  • Series6比で20%のベゼルレス化(Series3比だと2倍)
  • 従来比で33%早く充電できる急速充電に対応
  • 全モデルがクリスタルガラスに変更
  • ディスプレイの輝度アップ
  • 耐水性能アップ
  • アルミモデルに新色追加(ミッドナイト)

この6つのアップデートがなされた以外は何もなし。あとはwatchOSのSeries7向けの独自機能(QWERTY入力が可能、専用文字盤が使える)が発表された。

iPad(第9世代)と同じくSeries6で粗削りだった部分を作り込んで、完成度を高めたモデルで若干のデザイン変更があったとはいえマイナーアップデートモデルといった感じ。個人的にはもっとバッテリー持ちを良くして欲しかった...

 

4 iPhone13、13 mini

f:id:kendouken76:20210915073523j:plain

2021年最新モデルとなるiPhone13シリーズついに登場。

ノーマルの13は小さいminiと標準サイズの13の2種類で主なアップデート点は

  • 性能向上
  • カメラ性能向上(暗闇での撮影性能向上と手ぶれ補正が強力に)
  • ノッチサイズが小型化
  • バッテリー駆動時間が向上(12比でminiは1.5時間、13は2.5時間アップ)
  • 新色追加(ピンクとスターライト)
  • 64GBの廃止(128GBから)

こんな感じで12から大幅な進化点はなし。マイナーアップデートとなった。

ぶっちゃけ直近2年で発売されたiPhoneをお持ちの方は買い換えたとしてもあまりできることに差が出てくるようなアップデートではないのだが、強いていうならminiを考えていた人にとってはバッテリー駆動時間の向上は大きなアップデートになるので買い換える価値があると思う。

 

5 iPhone13 Pro、Pro Max

f:id:kendouken76:20210915080240j:plain

今年のフラッグシップモデルである13 Proシリーズも登場。

iPhone13でアップデートされた点は当然Proにも反映されているが、やはり特出するべきはカメラ。今までよりも2倍近くの光を取り込んで暗い場所でも鮮明な写真を撮影できるようになった他、プロがよく使用するProResでの撮影に対応。12 Proよりも高レベルの撮影が可能になった。

さらにディスプレイはiPad Proシリーズで採用されていたPromotionテクノロジーに対応し、最大120Hz駆動で性能アップ以上に快適な操作性を実現。この点はAndroidのハイエンドスマホに追従したと言えるだろう。

 

今回の総括

iPad mini(第6世代)以外はマイナーアップデート。焦って飛びつく必要無し。

イベント直後にこんなことを言うのもアレだが、基本的にiPad mini(第6世代)以外の製品は全て従来モデルからのマイナーアップデートなので飛びつく必要はない。冷静になって考えれば今の製品でも十分と言う方が殆どなはずだ。

僕個人としてはやっぱりiPad mini(第6世代)の発表が一番熱かった...あの小さな筐体にProモデル顔負けの性能が詰まっているのとかロマンがあり過ぎる笑

みなさんは何か購入された製品はあるだろうか?是非ともTwitter等で教えていただければ嬉しい。

今回は以上だ。ではまた次の記事で。