ケンボウのガジェット部屋(旧Apple大好き.com)

Appleが大好きな学生が運営するブログ。自分にしか書くことのできないものを目指して日々記事を更新中

【どんな状況にも対応できる組み合わせ】本当に必要なの?とある学生Apple信者のWH-1000XM3とAirPods Proの使い分け方

f:id:kendouken76:20210713215423j:plain

kenboapplegadget.hatenablog.com

kenboapplegadget.hatenablog.com

実は「外出先ではヘッドホンを使えば良いだろ」という前提でノーマルのAirPodsを使い続けていたのだが、3週間前Amazonプライムデーで安くなっていたAirPods Proを「ノイキャンヘッドホン持っているのに購入する必要ってあるんだろうか?」と思いながらも購入したところ結果的に大満足。今日に至るまでヘッドホンと使い分けながら快適に使っている。
今回はそんなヘッドホン(WH-1000XM3)とAirPods Proの使い分け方をあくまでも「一人の学生の使い分け方」として記事にまとめていきたいと思う。これからノイキャン付きオーディオ製品を購入しようと思っている方の参考になれば幸いだ。
それでは今回も行ってみよう。

 

 

 

とある学生Apple信者の使い分け方

先述した通り、現在僕のオーディオデバイスはWH-1000XM3というヘッドホンとAirPods Proというおもに2つの製品を使い分けているのだが、気になる使い分けの比率は

WH-1000XM3→7割

AirPods Pro→3割

とコンパクト且つノイキャン性能もほぼ同等のイヤホンがあるにも関わらず、実はいまだにヘッドホンの方を好んで使うことが多い。

大きな理由は3つ

  • ヘッドホンの音の響かせ方が好きだから
  • 音質が素晴らしいから
  • 使うまでの手間が気にならない場面が多いから

これがAirPods Proを手に入れたにも関わらずヘッドホン(WH-1000XM3)をメインに使い続けている理由。ちなみにこれでもAirPodsを使う機会は増えた方で前はベットでゴロゴロする時以外に使うことはあまりなかった。いかにイヤホンとノイキャンの組み合わせが快適なのかを感じることができたと言えるだろう。

 

WH-1000XM3を優先的に使っている場面

f:id:kendouken76:20210201183431j:plain

  • エアコンの効いた電車の中
  • 家の中
  • カフェの中
  • 1〜2時間の待ち時間がある時
  • ガッツリ音楽を聴きたい時

基本的にヘッドホンは屋内で長時間の移動や作業が想定される場所で優先的に使うことが多い。なぜなら長時間の使用に耐えられるだけのバッテリー持ちとつけ心地の良さを誇っているから。

AirPods Proに比べて電源を入れてから実際に使えるようになるまでに時間がかかる欠点はあるものの、使い始めてしまえば「いつでも、どこでも」自分の好きな音楽に浸りながら快適に作業する空間を作り出せるメリットがあるので外出先で本腰を入れてブログ執筆をするときには本当に手放せない。

欠点を挙げるとするならば先ほど行った準備に手間がかかる点と夏場エアコンの効いてないような部屋で使用するとイヤーカップ部分が地獄のようになること。

これに関してはもうどうしようもない問題だと割り切ってAirPods Proを使うようにしている。

 

AirPods Proを優先的に使っている場面

f:id:kendouken76:20210629210704j:plain

  • 少し汗ばんでいる中で音楽を聴きたい時
  • 30〜1時間弱の待ち時間ができた時
  • 外出先でApple Watchと組み合わせて音楽を聴く時
  • ベットでゴロゴロしながら使う時

どちらかというとAirPods Proはイヤホンとしての機動力が求められる場面で使うことが多い印象。特に出先でApple Watchと組み合わせて音楽を聴くのが最たる例。

kenboapplegadget.hatenablog.com

またちょっとした待ち時間にiPadMacで作業するときにもAirPods Proは大活躍。ポケットから取り出してさっと耳につけて音楽を流すだけで快適な作業環境を構築できるメリットはヘッドホンより上だ。

欠点としてはバッテリー駆動時間やつけ心地の問題等で3〜4時間にもわたる長時間の作業には向かないのと音楽を楽しむには音質的に物足りなさを感じること。やっぱりこの辺りは筐体サイズが大きいヘッドホンに負けるポイントだと思う。

 

ノイキャン付きヘッドホンを持っている人で追加購入する価値はあるのか?

もしお金が許すのであれば絶対に購入した方がいいと思うのだが、そうでないというのであれば急いででも購入する必要はないと思う。

僕みたいにノイキャンの快適さに慣れていていかなる環境でもその恩恵を受けたいと思う人は少数派だし、そもそもAirPods ProにしてもSONYのWF-1000XM4にしても3万円近くするような製品。そう簡単に手を出すのは難しいだろうというのが理由。

個人的に同じ3万円を出して初めに購入するならヘッドホンよりも

  • 持ち運びが簡単
  • 音質もそこそこ
  • 気軽に使える

イヤホンの方が少ない金額で高い幸福度を得られるのではないかと思っている。

とはいえヘッドホンの方が優れる点があるのも事実なので予算が許すなら両方購入することをオススメしたい。

 

今回の総括

2台で持ち化ける組み合わせ。どこでも快適なノイキャン生活

本当に最高。贅沢な環境なのは重々承知しているのだが、イヤホンとヘッドホンのどちらにもノイキャンが載っていると「ここでノイキャンが使いたいのに...」とストレスを感じる場面が激減してもうやめられなくなる。

  • 電車の中
  • カフェの中
  • 家の中
  • 駅なか
  • 歩いている時

どんな環境・どんな状況においても快適な空間を作り出してくれるこの2つの製品の組み合わせは最高だ。もし現在AirPods Proしか持たれていない方は予算と相談してノイキャン付きのハイエンドヘッドホンの購入を考えていただければ嬉しい。

今回は以上だ。ではまた次の記事で。