ケンボウのガジェット部屋(旧Apple大好き.com)

Appleが大好きな学生が運営するブログ。自分にしか書くことのできないものを目指して日々記事を更新中

【クラムシェルモード用に購入】中堅クラスのウェブカメラ。学生Apple信者によるLogicool C920n開封レビュー

f:id:kendouken76:20201202224635j:plain

このご時世、リモートワークやオンライン授業をされている方も多いだろう。
今回はそんなリモート系の作業に必須とも言える「ウェブカメラ」を購入したので、開封&セットアップを行なっていこうと思う。購入の参考にしていただければ幸いだ。
それでは今回も行ってみよう。

 

 

 

今回紹介する商品

今回紹介するのはLogicool製ウェブカメラ「C920n」。価格帯と画質的に「標準クラス」とも言える製品だ。

ちなみに僕はAmazonサイバーマンデーセールにて安くなっていたタイミングで購入したため、通常よりも1000円と少し安く購入することができた。(購入価格は6000円ピッタリ)

 

開封

f:id:kendouken76:20201202225346j:plain

何気にこのタイプで届くのは初めて

完全にぱっと見は中華の怪しい系業者から届いた商品そのもの

f:id:kendouken76:20201202225428j:plain

せめて段ボールに梱包してくれよと思いながら開封

f:id:kendouken76:20201202225503j:plain

中は意外と丁寧...外側も丁寧にしてくれよ

f:id:kendouken76:20201202225527j:plain

本体の箱を取り出していく

f:id:kendouken76:20201202225547j:plain

キタァァァァァァ!!!!

f:id:kendouken76:20201202225604j:plain

箱のデザインはLogicoolらしい黒っぽい背景に明るめの緑の文字

まず正面にはウェブカメラ本体が

f:id:kendouken76:20201202225734j:plain

左サイドには簡潔にウェブカメラの特徴

f:id:kendouken76:20201202225815j:plain
f:id:kendouken76:20201202225818j:plain

後ろには本体のグレードを示す表と、対応している機能のイラストが描かれている。なお今回僕が購入したのは3機種あるうちの中間グレード。

f:id:kendouken76:20201202225934j:plain

とまぁ、箱のデザインも見終わったのでサクッと開封

f:id:kendouken76:20201202230011j:plain

オープン!!!!

f:id:kendouken76:20201202230038j:plain

いきなり本体(笑)

箱を開けると本体がこんにちは

f:id:kendouken76:20201202230113j:plain

logi!!!!!!!!!!!!

f:id:kendouken76:20201202230134j:plain

箱から本体を取り出すと中にはコードが格納されていた

f:id:kendouken76:20201202230208j:plain

付属品は超シンプル

箱の中に入っていたのは

のみでものすごくシンプル。基本的にソフトウェアでカスタマイズをすわけでもなく、パソコンに挿してそのまま使う形になるのでこれだけシンプルでも問題はない。

f:id:kendouken76:20201205211543j:plain

まぁ...普通のウェブカメラ

本体の見た目は本当に何もいうことがない普通のウェブカメラ

f:id:kendouken76:20201205211624j:plain

このモデルは最大1080p(30fps)までの撮影が可能で、一般的なウェブ会議やリモートワークには十分な画質で撮影することができる。

f:id:kendouken76:20201205211731j:plain

下部には三脚固定用のネジ穴

f:id:kendouken76:20201205211750j:plain

そして三脚部分を伸ばすと、ディスプレイに引っ掛ける用のアームが出てくる

 

 

セットアップ

セットアップはとても簡単。

f:id:kendouken76:20201205211845j:plain

本体から伸びているUSB-Aの端子を

f:id:kendouken76:20201205211908j:plain

パソコン本体もしくはパソコンと繋がっているハブなどに接続する

f:id:kendouken76:20201205212004j:plain

ちなみに僕はドッキングステーション側のUSBに接続した

f:id:kendouken76:20201205212047j:plain

あとはディスプレイの上部に先程紹介したアームを伸ばして

f:id:kendouken76:20201205212112j:plain

引っ掛けるだけ。別途カメラ設定を弄るアプリもないのでこれだけで使えるようになる。

f:id:kendouken76:20201205212312p:plain

被写体が悪くて申し訳ない...

実際にカメラで撮影した画像がこちら。1080pで撮影できるだけありノイズが目立つと言ったこともない。ウェブ会議用と考えれば全然十分な画質と言えるのでないだろうか?

f:id:kendouken76:20201205212509j:plain

ちなみにカメラを使っている間はサイドのLEDがブルーに発光する

もちろんハイエンドのものとは違って60fpsでの撮影は行えないが、そもそもウェブ会議自体が動画のぬるぬるさを求めるようなものではないのと相手の回線環境によってはフレームレートが落ちるなんてざらにあるためこれぐらいの画質があれば十分だと思う。

 

今回の総括

今後在庫切れになるリスクを考えて今のうちに押さえておくのがいいのかも?

今年の初めから夏までまともなウェブカメラが入手できなかったように、いつ何時「使いたいのに手に入らない!!」というような状況になるのかは分からないので

  • 在庫あり
  • 定価で手に入る

今のうちに購入することをオススメしたい。

このLogicoolのウェブカメラは価格と性能のバランスが良く使いやすいため初めての1台にはこれをオススメする。

今回は以上だ。ではまた次の記事で。