ケンボウのガジェット部屋(旧Apple大好き.com)

Appleが大好きな学生が運営するブログ。自分にしか書くことのできないものを目指して日々記事を更新中

【必要な時こそ買い時】Apple製品を買い替えるベストなタイミングとは?僕の体験談をもとに解説

f:id:kendouken76:20201028231543j:plain

iPhoneiPadApple Watchなどここ最近になって様々な新製品が発売されたApple製品。こんな機会だからこそ今使っているApple製品からの買い替えを検討しているユーザーも多いのではないだろうか?
今回は僕の経験をもとに「どんな時に買い換えるのがベストなのか?」「買い換えるべき基準」についてまとめていこうと思う。少しでもApple製品を買い換える際の参考にしていただければ幸いだ。
それでは今回も行ってみよう。

 

 

 

 

まずは結論。必要な時こそ買い時

この記事のタイトルにも書いてある通り

基本「必要になった時」こそ買い時。そのほかは衝動的な物欲しさに過ぎない

というのが僕の結論。ありきたりかもしれないが最終的にはこの結論に落ち着いた。

 

製品に対する「愛」が限界値を超えた時に感じる不満が「ストレス」

  • ここの角のデザインがたまらない
  • 背面のガラスデザインが美しい
  • OSのUIがとてもいい
  • Smart Keyboardとの一体感が好き

などなど...皆さんも多少なりは今お使いのApple製品に対して何かしたらの感情(愛)をお持ちになっていると思う。(僕の場合は度が過ぎているのだが笑)

ぶっちゃけ製品に対する愛さえあれば下手な新製品を使うよりも高いパフォーマンスで作業をすることができるのだが、僕が出会ってきた多くの「Apple製品の買い替えを検討しています...」という人は大体この製品に対する愛が限界値を超えた状態となっていることが多い。要はストレスを感じているということ

例えば

  • 最新のゲームを遊びたいのにカクカクする
  • ストレージ容量がパンパン
  • ガラスがバキバキに割れちゃった
  • バッテリーが全然持たない

これらの不満はどうしても製品に対する「愛」だけでどうにかできるものではない。流石にこんな状態になると今の製品を使い続ける方がかえって作業効率を悪くしてしまうのは明確。

このように「愛」だけではどうにもできない問題に対する不満が我慢出来なくなってしまうとそれはただの「ストレス」なので快適なガジェットライフを送るためにも速攻で新製品に買い替えた方がいいと思っている。

 

僕の体験談

今から大体1年と数ヶ月前まで僕はiPad Air2を使っていた。しかしストレージ容量がカツカツで自分のやりたい音ゲーがまともに入れられないだけではなく

  • Apple Pencil非対応
  • スペックが微妙

と明らかに

製品に対する愛<<<<<<<<<<<<<<<<ストレス

の状態で買い替えを検討することに。 

kenboapplegadget.hatenablog.com

kenboapplegadget.hatenablog.com

 当時のラインナップの中で候補になったのが

  • iPad Pro(2018)
  • iPad(第6世代)

なのだがiPad Proは価格が高過ぎたし、iPad(第6世代)に関してはAir2から進化する点が少ないというデメリットがあった。そんな中、価格と性能面のバランスが取れたAirが颯爽と登場したためすぐに飛びついたという感じ。

kenboapplegadget.hatenablog.com

長く使うことを考えストレージを最大容量の256GBにしたこともあり現在でも物凄く快適に使えている。

 

iPad Air(2020)の登場で心煽られる 

kenboapplegadget.hatenablog.com

2020年9月。Appleはフルモデルチェンジを果たしたiPad Air(2020)を発表、発売した。

先代のAirから大幅に進化した点が多くあるのとデザインが現代的でスタイリッシュなものに変更されたのもありAir好きの僕はものすごく購入を迷った。

しかし...最終的には買い替えをせずに現在のAirを使い続ける判断をとった。もちろん買い換えるためのお金がないというのも理由なのだが

  • 今の僕の使い方では性能面に全く不満がない
  • そもそも買い換えたところで劇的にiPadの使い方は変化しない
  • あくまでも惚れているのはデザインであって機能面ではない

この3つが大きな理由。特に性能面での不安がないというのは僕の中で買い替えを見送る大きな理由となった。

そもそも、昨年長く使うことを前提にiPad Air(2019)の一番いいモデルを購入したのだから普通に考えれば今年のモデルはスルーしても何の問題もない。

 

悲しい現実

おそらく殆どの人が新製品を欲しくなる理由はデザインにあると思う。

iPad Air(2020)のデザインがかっこいい!」

「iPhone12 Proのステンレスが美しい!!!」

など人によって感じるものは違う。もちろんガジェットに使うお金が十分にある方で衝動買いをしても何の問題もないユーザーであれば速攻でポチってしまっても問題はないのだが多くの人はそんなガジェットにかけるお金は潤沢にないのが現実。

しかもデザインに惚れて買い換えたとしてもそこまで前の機種と使い方が大きく変わることもない。言い換えれば今使っている機種でも十分ということなので「デザインが変わった衝動」で買い換えるよりもより堅実的な

を購入した方が確実に生活が豊かになる。まぁスマホをガジェットとして見ているユーザーは別なのだが...

 

今回の総括

自分の中で絶対に譲れないポイントでストレスを感じたら速攻で買い替え。それ以外はスルーでも問題なし

買い換えるタイミングを単純なスペックで見る場合は

  • カメラ
  • 基本性能
  • 本体サイズ
  • バッテリー

をはじめとする自分の中で譲れないポイントがあって、尚且つそこにストレスを感じているのなら速攻で買い換えるべき。なぜならストレスを抱え続けた状態で使い続けるということはどうでもいいタスクに余計な時間と労力を割かれるから。

  • 基本性能にストレスを感じているとアプリの起動・終了が遅くなったり自分のしたいゲームが満足に動かないことにつながる。
  • カメラ性能にストレスを感じているのであればせっかく自分が写真に残したいと思った瞬間を撮り逃しかねない。

どれもこれも最新のガジェットを購入すれば問題に感じないことばかりだ。

逆に自分が最新の製品を欲しいと思っている理由が主にデザインだけの場合は購入に慎重になった方がいい。先ほども書いたようにデザインの変化よりも周りのアクセサリー(ワイヤレスイヤホン、高速充電器)の方が生活にもたらす変化が大きいからだ。

特にApple製品はその美しいデザイン故に多くの人を魅了する。しかしその分少し値が張るのも事実なので自分がその製品のどの部分に対して魅力を感じているのか、それはどれぐらい大切なのかをきちんと整理した上で買い替えなどをしていただければ幸いだ。

今回は以上だ。ではまた次の記事で。