ケンボウのガジェット部屋(旧Apple大好き.com)

Appleが大好きな学生が運営するブログ。自分にしか書くことのできないものを目指して日々記事を更新中

【コタツデスク環境を改善】CableMaster製Thunderbolt3ケーブル(2m)を開封レビュー&セットアップ

f:id:kendouken76:20201003214618j:plain

kenboapplegadget.hatenablog.com

kenboapplegadget.hatenablog.com

kenboapplegadget.hatenablog.com

kenboapplegadget.hatenablog.com

kenboapplegadget.hatenablog.com

以前、デスク周りの記事を公開してからもキーボードとマウスを変更したり、ドッキングステーションを導入したりと少しずつ改善に努めてきた。
今回はそんなコタツデスク環境をより良いものにするケーブルを購入したので簡単な開封レビューとセットアップを行っていこうと思う。完全自己満足の記事になってしまうが興味のある方は最後までご覧いただければ嬉しい。
それでは今回も行ってみよう。

 

 

 

今回紹介する商品

今回紹介するのはCable Master製のThunderbolt3ケーブル2m。もちろんしっかりと認証を受けているアクティブタイプ。

選んだ理由は単純で有名なブランド製で安心感があったのと2mと言うものすごく長いケーブルでありながらThunderbolt3の理論値である40Gbps出せる点で選んだ。

 

現在のコタツデスクの不満点

f:id:kendouken76:20201003223411j:plain

10月現在のコタツデスク。以前と同じで横のテレビ台をフル活用している

冒頭でも紹介したようにキーボードやマウス、さらにはドッキングステーションを導入したことで飛躍的にコタツデスク環境は改善しているのだがただ1つ不満点があった。それは...

f:id:kendouken76:20201003223452j:plain

今にでも倒れそうな位置にMacBook Proが設置されている状況

ドッキングステーションとの接続に使用しているケーブルが短過ぎてMacBook Proをコタツの端ギリギリにしか設置できないと言うところ。

f:id:kendouken76:20201003223643j:plain

ちなみに今使っているケーブルはドッキングステーション付属のThunderbolt3(80cm)。もちろん普通のデスクであればなんの問題もないのだがいかんせん横幅の狭いコタツの上では物足りなさを感じてしまう。

またこの設置方法だとディスプレイを動かしてドッキングステーション裏の端子を抜き差しするときにMacBook Proが倒れてしまうこともあるので横のテレビ台にMacを置くために2mのスーパー長いThunderbolt3ケーブルを購入した。

 

開封

f:id:kendouken76:20201003223856j:plain

こちらが本体

f:id:kendouken76:20201003223913j:plain

日本国内でも見かけることが多いようなパッケージに梱包されている

f:id:kendouken76:20201003223937j:plain

上の方には商品名とThunderboltの認証を受けたことを表すロゴ

f:id:kendouken76:20201003224020j:plain

裏面は特に何もなし

f:id:kendouken76:20201003224040j:plain

それでは早速

f:id:kendouken76:20201003224057j:plain

開封

f:id:kendouken76:20201003224112j:plain

中からは2mのThunderbolt3ケーブルがお出まし

f:id:kendouken76:20201003224139j:plain

通常のType-Cケーブルとの見分けがつくようにThunderboltのマークと「3」の文字が

両端の端子は転送速度を維持するためかかなり大きめ

f:id:kendouken76:20201003224249j:plain

Thunderbolt3とは言いながらも端子の形状自体はType-Cと同じなのでぱっと見はType-Cケーブルに見える

f:id:kendouken76:20201003224325j:plain

しかし端子にはThunderboltマークと3の文字があるおかげで見分けがつきやすくなっているし、このケーブル自体かなり太め

f:id:kendouken76:20201003224406j:plain

逆にはCable Masterのロゴが

 

セットアップ

それでは実際にセットアップしていこうと思う

f:id:kendouken76:20201004080617j:image

まずはドッキングステーション側のThunderbolt3端子に今回購入したケーブルを接続

f:id:kendouken76:20201004080705j:image

あとはこのものすごく長いケーブルをコタツ横のスペースから通して

f:id:kendouken76:20201004184134j:plain

もう片方をMacBook Pro側のThunderbolt3に

f:id:kendouken76:20201004184200j:plain

接続。すると...

f:id:kendouken76:20201004184227j:plain

理想のデスク環境に一歩近づけた

おぉ!!映った!!!

f:id:kendouken76:20201004184603p:plain

Macのシステムレポートから確認してもドッキングステーションが認識されているし、速度もThunderbolt3の理論値最大が出せそうなので問題なく使えるだろう。

 

今回の総括

プチアクセサリー購入でデスク環境をちょっとずつ快適に

今回購入したケーブルの価格は約6000円。2mのType-Cケーブルとしてはものすごく高いケーブルなのだが高速データ転送ができるThunderbolt3の規格に準拠している上に有名メーカー製と言うことを考えれば妥当な金額だと思う。

このケーブルのおかげでデスク環境がより良くなったわけなのでこれからも少しずつデスク環境を良くするための投資をしていきたい。

それでは今回は以上だ。ではまた次の記事で。