ケンボウのガジェット部屋(旧Apple大好き.com)

Appleが大好きな学生が運営するブログ。自分にしか書くことのできないものを目指して日々記事を更新中

【昔懐かしいあの製品とのコラボが実現?】学生Apple信者によるelego 初代iPod風 Apple Watch充電スタンド開封レビュー

f:id:kendouken76:20200803195822j:plain

Apple Watchをお使いの方は充電スタンドをお持ちだろうか?おそらくApple Watchを購入されている方の中には充電スタンドをまだ購入していないという方も多いはず。
今回はそんな充電スタンドの中でも特にApple好きにオススメの「elago W6 Stand」という初代iPodをオマージュした充電スタンドをレビューしていこうと思う。当時の懐かしさに浸りたい人は最後まで見ていただければ幸いだ。
それでは今回も行ってみよう。

 

 

 

今回レビューする商品

今回レビューするのはelagoというメーカーの「W6 Stand」という初代iPod風のApple Watch充電スタンド

ちなみに他にも同じメーカーさんからMacintoshや初代iMacをオマージュしたスタンドも発売されているので自分の思い入れの強い製品の商品を購入するのもいいだろう。

Macintosh風) 

(初代iMac風)

 

今までの充電環境の不満

f:id:kendouken76:20200803202515j:plain

純正の充電ケーブルだけだとループ系バンドとの相性がとても悪い...

kenboapplegadget.hatenablog.com

先日紹介した「スポーツループ風」バンドを愛用するようになって「バンドの間にケーブルを通さなければいけない」純正ケーブルだけでの充電に不満を感じていた。

f:id:kendouken76:20200803202527j:plain

正直美しくない...

見た目も悪いし、何よりいちいちバンドの中にケーブルを通すのがめんどくさい。

f:id:kendouken76:20200803202540j:plain

使っていない間は机の隅っこに落ちているので探す時間もかかる

あと使っていない時はこのようにデスク横のスペースに置いてしまう関係で充電をする際に横から引っ張ってくる手間もかかるということで充電スタンドの購入を決めた。 

もちろん物としてはこう言ったiPhoneAirPodsを同時充電できるスタンドの方が便利なのは事実。ただそれ以上に自分のデスクによくわからないメーカーの製品を置くよりも自分が「愛せるメーカー」「愛せるガジェット」の方がいいと判断して今回のスタンドを選択した。

 

開封

f:id:kendouken76:20200803203304j:plain

箱の時点でもかなり小さい

かなり小さな箱に入って届いた

f:id:kendouken76:20200803203346j:plain

横には簡単な使い方のイラスト

f:id:kendouken76:20200803203419j:plain

レトロなデザインと現代のデザインの調合

写真のシルバーアルミニウムのApple Watchだととても一体感がすごいんだろうなぁ...

f:id:kendouken76:20200803203522j:plain

それでは上の方のタブを引っ張って

f:id:kendouken76:20200803203607j:plain

f:id:kendouken76:20200803203638j:plain

f:id:kendouken76:20200803203653j:plain

開封!!!

f:id:kendouken76:20200803204208j:plain

f:id:kendouken76:20200803204222j:plain

袋から取り出してみる

f:id:kendouken76:20200803204252j:plain

小さいサイズながらかなりの再現度

まずは正面。クイックホイールや周りの色使い、ベゼルの太さなど初代iPodをほぼ忠実に再現。

f:id:kendouken76:20200803204520j:plain

特徴的なクイックホイール別パーツでしっかり再現

そう言えば初代iPodのクイックホイールはホイール部分とボタン部分が独立していたから実質はiPod Classic系のデザインに近い感じ

f:id:kendouken76:20200803204641j:plain

ここにApple Watchの充電ケーブルをはめ込む

iPodのディスプレイにあたる部分にはApple Watchの充電ケーブルを差し込む穴が。ここにApple Watch本体をはめて充電をする仕組み

f:id:kendouken76:20200803204811j:plain

何気に電源ボタンも別バーツで再現

もちろんiPodの電源ボタンもしっかり色分けされている

f:id:kendouken76:20200803204922j:plain

後ろのステンレス部分はシリコンパーツの色分けで再現

思えば当時ジョブズがポケットから取り出した発表はかなり衝撃的に感じた。(もちろん僕は生まれていないが...)

その後のiPodのいくつかの製品は同じポケットから取り出す方式が採用されているので全てはここから始まったと言っても過言ではないだろうか?

 

実際に使ってみる

f:id:kendouken76:20200803205204j:plain

それでは実際にApple Watchを充電してみようと思う

f:id:kendouken76:20200803205241j:plain

USBに差す側から通していく

まずはiPodのディスプレイにあたる部分からケーブルを通していく。この時はType-A側のケーブルから差し込む

f:id:kendouken76:20200803205408j:plain

本体の穴の部分にApple Watch接触する部分をはめ込む

ケーブルを通し終わったらApple Watchの後ろに引っ付ける所を充電スタンド本体の穴にぴったりと差し込む

f:id:kendouken76:20200803205605j:plain
f:id:kendouken76:20200803205626j:plain

最後に出ているケーブルを後ろ側の穴に引っ掛けて...

f:id:kendouken76:20200803205902j:plain

ただ置いているだけでもちょっとしたインテリアになる

デスクに設置。というかApple Watchをはめずにただ置いているだけなのに満足感がある。本当に現在まで通じるこのデザインを考え出した人には頭が上がらない。

f:id:kendouken76:20200803210049j:plain

ループタイプのバンドでもそのまま充電できるのは革命的

それではApple Watchをはめ込んでみる

f:id:kendouken76:20200803210146j:plain

これこそまさにiPod Classic mini

おぉ!!!!iPod Hello(again)

充電スタンド本体にうまくApple Watchのディスプレイがはまっていて本物のiPodを置いているかのような感覚。サイズ感といいデスクに設置するガジェットの中では至高の美しさ。

f:id:kendouken76:20200803210359j:plain

写真はApple Watch Series3だがしっかりとはまっていて落ちる気配もない

本体上部はこんな感じ。意外と充電ケーブルのマグネットが強くApple Watchが横向きの状態でも落ちることなくしっかりと充電がされている。

f:id:kendouken76:20200803210533j:plain

グフフ...あの時の感動を味わいながら最高に美しい形でApple Watchを充電できる...幸せv( ̄∇ ̄)ニヤッ

 

コラム iPodへの愛を語る

f:id:kendouken76:20200803210922j:plain

様々な「Pod」の名を受け継ぐガジェット達

僕自身「今持っているApple製品の中で最も思い入れの深い製品は?」と聞かれたら迷うことなく「iPod」と答えるぐらいApple製品の中でもiPodはかなりお気に入りの製品だ。

というのも初めて「Apple製品」というカテゴリーを知ったのもいとこの持っていた「iPod nano 第5世代」というビデオカメラ付きで最後のクイックホイール搭載iPodだったし、何年もあと自分が初めて購入してもらったのも「iPod touch 第6世代」とかなりiPodとは面識があるからだ。

当時5〜6歳の僕にとってiPodは「あんなかっこいいもので音楽が聞けるなんてすげー」と思うほどの憧れのガジェット。クイックホイールでささっと音楽をスクロールして付属の白いイヤホンで音楽を聴くいとこはとてもカッコ良かった...

Appleの歴史的にも当時パソコンしか作っていなかったAppleを世界有数のテクノロジー企業に押し上げた原動力ともいえる製品であの頃からジョブズの少し変わった発表が始まったことを考えれば今のApple製品の基礎を作ったと言ってもいい。特にiPodの「音楽再生機能」は現在の

など様々なApple製品に生かされApple Musicとの組み合わせでより気軽に音楽を楽しめる基礎を作ったともいえる。それにAirPodsだって「耳につければ音楽が鳴り出す」なんて機能はiPodの「外でも気軽に音楽を楽しむ」というコンセプトの一部が受け継がれているものだと思う。

 

今回の総括

2000年代前半生まれの人には懐かしの製品。Apple Watchライフを快適にするために購入するのもかなりオススメ

最後は少し信者じみた発言が多かったが製品自体はApple Watchを美しくディスプレイ品方も充電できるのでかなりオススメ。特に実際にiPodに触ったことのある2000年台前半生まれの人には懐かしさも相まってかなり魅力的なガジェットなのではないだろうか?

デザインの再現度もかなり高く、チープさを一切感じないためデスクに映えるものを置いて置きたいというニーズにもオススメだ。

今回は以上だ。ではまた次の記事で。