ケンボウのガジェット部屋(旧Apple大好き.com)

Appleが大好きな学生が運営するブログ。自分にしか書くことのできないものを目指して日々記事を更新中

【今は待つべき?】動画編集用PCとしてMacBook Pro 13インチ(2020)を買うのはありなのかを考えてみる

f:id:kendouken76:20200606220343p:plain

少し前にアップデートがされたMacBook Pro 13インチ(2020)。もう購入して手元に届いている方も多いのでは無いだろうか?
今回はあくまでも今から購入する人向け。特に動画編集マシーンとしてMacBook Pro 13インチ(2020)を購入するべきなのかを考察していきたいと思う。少しでも購入する際の参考になれば幸いだ。
それでは今回も行ってみよう。

 

 

 

まずは結論から

現状MacBook Pro 13インチ(2020)を動画編集用マシーンとして購入するのは待つべき

というのが僕の見解。ただあくまでもこれは「ある条件に当てはまる人」にとっての話なのでもちろんこれに当てはまらない人も存在する。

 

現在MacBook Pro 13インチ(2020)で起こっている致命的な問題


13”MacBook Pro 2020と2019比較!動画書き出し/レンダリング計測の実機レビュー第二弾・感動のPremiere Pro/失望のFinal Cut Pro

特に第10世代のCore iシリーズを搭載した上位モデルの一部において問題となっているのが「Apple製動画編集ソフトでのレインボーカーソル問題」。具体的にはAppleが作っている

で編集作業を10分ほど行うとレインボーカーソルが出て全く編集作業ができなくなってしまう現象が発生。

おそらくは第10世代のCPUとApple製ソフトとの相性問題なのだと思う。現にAdobe製のPremiere Proは編集中にフリーズすることもなく快適に編集から書き出しまでを行うことができているので今後のバージョンアップで対応はしてくるだろう。

とはいえそのバージョンアップも現状いつくるのかは未定。故にいつくるのかわからないバージョンアップを待つぐらいなのであれば比較的動作の安定しているMacBook Pro 16インチの購入をオススメしたい(とはいえ最近のOSのアップデートで若干の不安定さは否めないのだが...)

 

動画編集にて安定性を求めるなら下位モデルもしくは16インチがオススメ

もし今の段階で動画編集用で安定して動くMacBookが欲しいのであればMacBook Pro 13インチの下位モデルか16インチが最もオススメ。

kenboapplegadget.hatenablog.com

「お前こんな記事書いておいて無責任すぎるだろ!」と思われるかもしれないが、それはあくまでも動画編集を除いた通常用途での使用を想定した話。また上位モデルがここまで不安定なのが当時わかっていなかったのもある。

正直、現在販売されている第10世代のCore iシリーズを搭載したMacは動画編集作業においての安定性に欠ける。故に安定性を求めるのであれば多少スペックを落としても第8世代のCore iシリーズが乗っている下位モデルを選ぶか少し予算を多く出して16インチのMacBook Proの購入が最も無難。

 

しかし!あくまでも注意しておいて欲しいこと

現在、この問題が発生しているのはApple製の動画編集ソフト。そのため普段から動画編集にPremiereProなどを用いている場合はMacBook Pro 13インチ(2020)のスペックを最大限引き出せるようなので安心してもらって結構だ。

また13インチProといってもあくまでも上位モデルの2機種(スペックが高いモデル)のみがこの症状を引き起こしている。下位モデルは全く関係ないことを頭に入れていただきたい。

 

今回の総括

ハードウェア的にはいい製品。しかし今はアップデートを待て

MacBook Pro 13インチ(2020)のハードは少し前の15インチPro並の性能をコンパクトな筐体に収めた素晴らしい製品だ。しかしCPUが主な原因で一部ソフトの最適化が行われていない状態が続いている以上、今無理に購入する必要はないだろう。特にパソコンのスペックが作業効率に直結するプロユーザは尚更だと思う。

おそらく今後新OSやFinal Cut Pro X自体のアップデートで改善される思われるのでそれまでは購入を待つか別のモデルを購入するのを検討してみて欲しい。

今回は以上だ。ではまた次の記事で。