ケンボウのガジェット部屋(旧Apple大好き.com)

Appleが大好きな学生が運営するブログ。自分にしか書くことのできないものを目指して日々記事を更新中

【買うべきなのか買わないべきなのか…】学生Apple信者によるiPhone12(仮)の噂・リーク情報まとめ(2020年 5月版)

f:id:kendouken76:20200519002545j:plain

カメラ性能が大幅にパワーアップした11シリーズ、性能と価格のバランスを両立させたSE(2020)に引き続きそろそろ今年のiPhoneの具体的なリーク情報が出回り始めた。
今回はその最新の12シリーズ(仮)の噂・リーク情報まとめと僕が思っていることを記事にまとめていこうと思う。
それでは今回も行ってみよう。

 

 

 

iPhone12(仮)シリーズのラインナップ

現段階では12シリーズ(仮)のラインナップは4種類。

  • iPhone12 mini(iPhone11の派生機種。今年のiPhoneの中で最も安いiPhone
  • iPhone12 Max(iPhone11の後継機。ディスプレイサイズも現行の11と同じ)
  • iPhone12 Pro(iPhone11 Proの後継機。今年はディスプレイサイズが大型化)
  • iPhone12 Pro Max(iPhone11 Pro Maxの後継機。こちらもディスプレイサイズが大型化)

と言った感じでエントリーモデルとハイエンドモデルがそれぞれ2機種用意されるとのこと。ちなみにこの時期のラインナップに関するリークは例年通りであればそのまま発売されることが多いのでおそらく今年のラインナップはこれで確定と思われる。
 

iPhone12 mini

  • A14 Bionic(最新のプロセッサー)+メモリ4GB(現行の11と同じ)
  • 5.4インチのOLEDディスプレイ(現行の11 Proと同クオリティー
  • 広角+超広角のデュアルレンズ(現行の11と同じ)
  • 5G対応
  • デザインの変更(初代iPhoneSEや現行のiPad Proよ同じようなデザインに)
  • ノッチ&ベゼルの小型化
  • $649〜(日本円で約64000円)

何気に今年のiPhoneのラインナップの中で最も注目しているのがこのiPhone12 mini。なんと筐体サイズが4.7インチのiPhoneとほぼ同等でフルサイズのディスプレイを搭載すると噂されている。

もしそうなれば熱い。僕自身サイズの大型化が理由で最新のiPhoneへの変更を躊躇っている部分があるためサイズ感が今の7とさほど変わらないのであれば結構ガチで買い替えを検討してもいいレベル。

そしてついにエントリーモデルでもOLEDの採用。今まではProシリーズにしか搭載されていなかった機能がエントリー機でも使えるようになったことでよりコスパに魅力がかかると言う意味でも非常に楽しみなモデルだ。

 

iPhone12 Max

  • A14 Bionic(最新のプロセッサー)+メモリ4GB(現行の11と同じ)
  • 6.1インチのOLEDディスプレイ(現行の11 Proと同クオリティー
  • 広角+超広角のデュアルレンズ(現行の11と同じ)
  • 5G対応
  • デザインの変更
  • ノッチ&ベゼルの小型化
  • $749〜(日本円で約79800円)

語尾にMaxとはついているもののサイズ、立ち位置ともに現行の11の正当な後継機種。おそらくだが価格も11と据え置きになるのではないかと思う。

ただデザインが大幅刷新され、12 mini同様にOLEDのディスプレイになることを考えればある程度のメジャーアップデートといえる。

 

iPhone12 Pro

  • A14 Bionic(最新のプロセッサー)+メモリ6GB
  • Promotionテクノロジー対応6.1インチOLEDディスプレイ
  • 広角+超広角+望遠+LIDERセンサーのトリプルレンズ
  • 5G対応
  • ノッチ&ベゼルの小型化
  • $999〜(日本円で約106800円)

iPhone11 Proの後継機種ではあるのだがエントリー機である12とそこまで違いがない感じ。厳密に言えば

  • カメラ性能の違い
  • ディスプレイの違い
  • 材質の違い(アルミニウムかステンレスか)

の違いぐらいで大きな差はないし、カメラ性能以外はそれがiPhoneの使い方を変えるほどの違いではない。ぶっちゃけカメラ性能を重視しなければ12 Proを買う必要はないのではないだろうか...?

 

iPhone12 Pro Max

  • A14 Bionic(最新のプロセッサー)+メモリ6GB
  • Promotionテクノロジー対応6.7インチOLEDディスプレイ
  • 広角+超広角+LIDERセンサーのトリプルレンズ
  • 5G対応
  • ノッチ&ベゼルの小型化
  • $1099〜(日本円で約119800円)

どうやらリーク通りなら今年のPro Maxはより大型化が進むようだ。

iPadMacとの併用を想定してiPhoneを買うようなユーザーではなくてiPhone1台しか持たないユーザーにとってiPhoneの画面がデカくなることはそれだけ得られる情報が多くなる。そう考えると12 Pro Maxは魅力的なのかもしれない。

 

その他 アップデートされるかもしれないポイント

  • Lightning端子が廃止。完全にワイヤレス充電に一本化?
  • 802.11ay(超近距離無線LAN)規格に対応?
  • 超広角カメラでもナイトモードが使用可能に?
  • 12 Proシリーズの光学手ぶれ補正はさらに強力に?
  • 12 Proシリーズの広角カメラの画素数が6400万画素にパワーアップ?

その他アップデートされるかもしれない細かなポイントはご覧の通り。流石にワイヤレス充電へ一本化されるのはないと思うが、近接間で高速の通信を可能にする802.11ayへの対応や12 Proシリーズを中心としたカメラ性能のアップデートには期待してもいいだろう。

個人的にはProシリーズの広角カメラの画素数アップがとても気になる。XiaomiのMi Note 10やGalaxy S20 ultraも高画素&大きいイメージセンサーのカメラを搭載してきているので是非この機にiPhoneもカメラレンズ自体の大幅なアップデートをしてもらいたい。まずはMate 30 Proのような大きいイメージセンサーを積んでください。

 

個人的な感想パート ついに最新のiPhoneに買い替えてもいいのかもしれない

実は結構真面目にiPhone12を購入してもいいのではないかと思っている。

今まで当ブログでは散々「多くの人にとって最新のiPhoneは必要ない」と言うことを訴えてきた。もちろん今でもその信念は変わらない。ただここ最近iPhone7の慢性的なストレージ不足やブログをやっていく上でカメラ性能不足に不満を感じているのも事実。加えて9月に譲ってもらえる予定だったiPhoneXが譲ってもらえなくなり自分でiPhoneを買い換える必要に。

それにこんなこと言うのもあれだが最新のiPhoneはブログのネタになる。アクセス数も多くなる傾向にあるし、何より今まで独断と偏見の域を出なかった最新iPhoneに関する記事がより濃い内容でお届けできると思えばSE(2020)に2万円足して12 mini(仮)を購入するには十分な理由だ。

どの道OSのサポート面から7は今年か来年には買い替えなければならない。docomoで買う必要もないためもうこの際Apple Storeで発売日に購入してしまってもいいのかもしれない。

 

今回の総括

デザイン変更などである意味メジャーアップデート。小型iPhone勢の希望ついに登場か?

ついにiPhoneXから続くノッチ系統のiPhoneが大幅刷新。また11シリーズで荒削りだった部分を成熟させより使いやすいiPhoneが登場するかもしれない。

初代iPhoneSE以来の角ばったデザインのiPhoneはどんな形に仕上がるのだろうか?今から9月・10月までがとても楽しみだ。

今回は以上だ。ではまた次の記事で。