ケンボウのガジェット部屋(旧Apple大好き.com)

Appleが大好きな学生が運営するブログ。自分にしか書くことのできないものを目指して日々記事を更新中

【だからAppleはやめられない】デスクトップのiCloud同期が便利すぎた件

f:id:kendouken76:20200323192838p:plain

Macをお使いの皆さんはApple製品の素晴らしい連携機能として「iCloud経由のデスクトップ共有」を使っているだろうか?
今回はそんなデスクトップ機能があまりにも便利すぎたので記事にしていこうと思う。
それでは今回も行ってみよう。

 

 

 

iCloudのデスクトップ共有とは?

Windowsパソコンなどの場合パソコンのデスクトップにあるファイルをスマホタブレットで閲覧するためにはケーブルを繋いだり、クラウドに移したりする必要があるのだが、iCloudのデスクトップ共有の場合それが一切必要ない。

デスクトップにファイルが追加されればiCloudを経由して速攻で同期される上に、「クラウドに移す」という感覚がなく普通のデスクトップにファイルをおく感覚で使えるのが大きな特徴だ。

 

設定方法

設定方法はとても簡単。まずはメニューバーの「」ロゴをクリック。その中の「このMacについて」に進む。

f:id:kendouken76:20200323200003p:plain

「ストレージ」→「管理」の順番にクリック

f:id:kendouken76:20200323200049p:plain

最後に「iCloudに保存」から「デスクトップと書類」のチェックマークをオンにしよう。(ちなみに同じ項目内にある「ストレージを最適化」にチェックを入れておくとさらに容量を節約できる) 

f:id:kendouken76:20200323205055p:plain



ファイルの確認方法

パソコンからはデスクトップにおいてあるアイコンをクリックすればいいし

f:id:kendouken76:20200323211106p:plain

iPadiPhoneからアクセスしたい場合は純正ファイルアプリを使えばアクセス可能。

ファイル

ファイル

  • Apple
  • ユーティリティ
  • 無料

 

f:id:kendouken76:20200323211458j:plain

「場所」かiCloud Driveを選択して「デスクトップ」というフォルダーをタップ

f:id:kendouken76:20200323211502j:plain

すると先ほどMacのデスクトップにあった「スクリーンショット」というフォルダーを確認することができる。

f:id:kendouken76:20200323211508j:plain

しっかりと中身のファイルも同期される。

 

何が便利なのか?

Macで作ったファイルを相手に見だけのときにMac本体を持ち運ばなくてもいいこと」

比較的今のラインナップの中で考えてもMacBook Pro 13インチ は持ち運びが可能なラインには入っているのだが、やはりバックの中にiPadと一緒に入れるとずしっとくるものがあるのが現実。

そういうときこの「iCloudのデスクトップ同期」が荷物の軽量化の面で非常に役に立ってくる。実際に部活の卒部式用のムービーのサンプルを見せるときはMacを置いてiPadだけ持っていったがCellularモデルというのもあり何不自由なく終えることができた。

 

唯一の注意点

この機能はMacのファイルを簡単に同期できる点ではいい。ただMacはパソコンという特性上iPhoneMacに比べて「容量の大きいファイル」を扱うことが多くなるのでできれば200GB以上の大容量プランを契約した方が無難だろう。

僕も元々50GBプランで契約していたのをMacを購入したことを考えて200GBにしたらiCloudの空きストレージに余裕ができたし、いちいちストレージのことを気にせずに使えるのでオススメ。

 

今回の総括

Macの真髄は「他のApple製品」+「iCloud」との連携機能にあり

iCloudの各種同期機能に加えAirDropやユニバーサルクリップなどMacには「Appleに任せておけば大丈夫」という便利な機能がたくさん存在する。

初めこそ「別にいらないだろ」と思っていてもいざ使い始めるとその便利さから抜け出せなくなってしまう。正直、ブログもYouTubeApple製品の連携機能がなければやっていけないぐらいだ。

皆さんもApple製品を使う際はそんな「便利機能」を使いこなして欲しい。

今回は以上だ。ではまた次の記事で。